親指を伸ばす

「しかし親指は添え指だと聞きました。
他の四指は握り込んでも親指は伸ばしたままの方がいいようです。

親指は軽く添えるか、あるいは伸筋・屈筋同等に伸ばします。
(親指を反らせることではありません)」と先日書きました。

筆者の左親指は腱鞘炎の後遺症でひらがなのくの字状に曲がっており若干の違和感があります。
くの字状を伸ばそうと試みております。

以前やったときは、一時ゆるんでも翌朝になると痛みが強くなるという現象がでて放置状態jにしていました。
いまは親指の関節が固まってきており、刺激を加えてもよさそうな感じです。

そこで、やってみましたのが親指を軽く引っ張るエクササイズです。
息をゆっくり吸いながら軽く引っ張り、息を吐きながらゆるめます。

これですと、翌朝痛みが復活するということは、今のところ出ておりません。

ここで思い出したのは筆者が跪座(きざ)が苦手だということだった。
跪座は正座の姿勢からつま先立ちになった姿勢である。

親指を引っ張るエクササイズは足にも応用できるかもしれない。
やってみるとよさそうである。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)