足の甲を押してみてください

「>歩くときに右足が内側を向くため、左足に引っかかります。

つま先歩きで×は始めてです。
足首か足の指・足根骨に問題があるようです。
これが側湾症の原因なのかもしれません。

捻挫や骨折などやられたことがありますか?あるならばいつ頃、何年くらい前でしょうか?
床に腰を下ろして膝を立て、足の甲側から、足根骨の間を強めに押してみてください。

左右の足のどちらが痛いか?
どの指とどの指が痛いかを見てください。

>ちなみに背中から見ると、逆S字に曲がっています。

ご自分で見ていらっしゃいますか?
お近くに背骨を見れる方がいらっしゃいますか?
背骨を見ることはそれほど難しくありません。
背骨の左右に軽く指を添えて軽くなで下ろすだけです。

背骨の曲がり、1ー2センチくらいなら即座に調整可能です。
エクササイズを継続して、1週間後・一ヶ月後・半年後にどう変化したか観察してほしいのです。 」

「丁寧なご指導ありがとうございます(T0T)感涙

足は小学低学年…35年前位、足首が弱くて、良く捻挫していました。ちなみに手指も良く突き指してました。

足の甲は痛い所だらけで驚きましたが、このイラストでお分かりになりますか?
右足が特に痛いです。

残念ながら回りにいないので、先生のやり方で背骨の湾曲具合をチェックしておきます。

左足が外、右足が内を向いた歩き方なので、
両方の足が前を向くように歩いてみています。

吹き矢なのですが、やってみると大変苦しく、1分も続きません…休みながらでも一回5分はした方が良いですか?
よろしくお願いいたしますm(._.)m」





  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)