動作と呼吸

メルマガの紹介です

【常歩無限】動作と呼吸

感覚やリズム、気配・・・などなど、見ることができない身体動作の要因を、私は、
「不可視的要素」
と言ってきました。日本の伝統的身体運動では、この不可視的要素によるトレーニング(稽古)を重視します。

さて、その不可視的要素の中に「呼吸」があります。
あなたは動くとき(初動・・動き出す時)に、息を吐きますか?それとも吸いますか?

言いかたを変えますと、呼気で動きだしますか?吸気で動き出しますか?。
スポーツでは動作と呼吸に関してはほとんど言われていないと思います。

しかし、武道などでは呼吸を大切にします。
武術や武道を修行されてきた方も、多くは「呼気で動く」と答えるかもしれません。
しかし、「吸気で動く」という教えもあるのです。

先日、小笠原流礼法の著書をめくっておりましたら、興味深い記述に出会いました。
例えば、礼をするときには、ゆっくり息を吸いながらお辞儀をし、息を吐くときにはとどまり、また息を吸うときにからだを起こすのだそうです。

これを「礼三息(れいみいき)」といいます。
原則は、動作をするときには息を吸い、止まっているときに吐く、のだそうです。

これまで、呼吸と動作を工夫してきた方の中には、呼気で動くことが原則だと考えていた方が多いのではないでしょうか。
そうではなく、逆にしてみてください。動作や対人技術(技)の質が変わります。

今日は、このくらいで・・・。

常歩無限~驚異のスポーツ上達法~
発行所 常歩(なみあし)身体研究所
http://www.namiashi.net/

10年前に礼三息について書きました。
お辞儀だけでバランスが調う
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-624.html



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)