腱鞘炎悪化ー2

「 腱鞘炎が悪化して、両手指等が手掌腱膜炎となってしまいました。
5月上旬以降、日々に痛みが激しくなって来ています。
どなたか、ご教授の程よろしくお願い致します。 」

「両手ともですと厄介です。
親指の第一関節と第2関節を強く曲げて使われていると、酷くなるようです。
それを止めて抛っておくのが一番、でないと多分もっと悪化する可能性があります。

『気功で治ることがある』なるほどです、それほど弱い刺激でないと×なのでしょう。
自分の体験から、手指はスゴク敏感ですぐ反動が来て却って痛くなると思いました。

橈骨 から親指の先端まで軽く伸ばして動かさないようにすることが肝要のようです。
その上で手指の使いすぎになりそうなときは、尺骨・橈骨間をバンド等できつめに締めてると
さらなる悪化は防げるかもしれません。

温めると取りあえず痛みが消えるという書き込みがありました。
もっともよく日には戻った由。
温めながら両手を合掌し、蓮華のつぼみの形にしてゆっくり呼吸をします。
3-10分単位で繰り返します。
このやり方で効果があると思うのですが、回復までに時間がウンと掛かるとハラを括る必要がありそうです。 」

「ご返信、本当にありがとうございます。
現在、親指の第2関節も痛くなって来ています。又、各指の痛みが激しくなって来ているので本当に困っています。
手術をしなくても治りますでしょうか。それとも要手術でしょうか。針治療は、しないほうがよろしいでしょうか。」

「私の左親指は、何もせずに9割方痛みはなくなっています。

手術したら痛みは消えるでしょうか?
10本の指全部にどう手術するのでしょうねえ?
外科医の意見も聞いてみる必要かもしれません。

椎間板ヘルニアの手術でも、外反母趾の手術でも何回もされる方がいます。
痛みが一時楽になっても、負荷を掛ける生活が改善されなければ、いずれまた痛みに悩まされることになるでしょう。

針治療は、やってみなければわかりませんが、腕・肩への針は有効かもしれません。
でも、現在の生活ですとじきに復活するでしょう。
いずれにしろ、手の使い方が問題でしょう。」




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 




コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)