昔の日本人は驚異的な体力をもっていたらしい

先日届いた常歩(なみあし)木寺英史氏のメルマガです。
多分、下駄や草履・キモノ・和風トイレ・正座など、もろもろの生活習慣からだろう。
なかでも履き物ではないかと考えています。

「昔の日本人は驚異的な体力をもっていたらしいことはお伝えしました。
旅する日本人はどのくらい歩いていたか?。よく、10里(40キロ弱)といわれているのですが、そんなものではないようです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なみあしセミナー開催日程
http://www.namiashi.net/article/15230805.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なみあし会員募集
http://www.namiashi.net/category/2025800.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

東洋大学の谷釜尋徳先生が詳細な調査をされています。

谷釜先生は近世日本人の歩行に関しては多くの論考を発表されているのですが、江戸時代の旅日記から、庶民の歩行距離を算出されています。

「近世における東北地方の庶民による伊勢参宮の旅の歩行距離-旅日記(1691~1866)の分析を通して-」(東洋大学スポーツ健康科学紀要、2015/03)で、36編の東北地方から伊勢神宮に参拝(お伊勢参り)した旅日記(男性に限る)から詳細にその歩行距離を算出しています。

それがとんでもない距離なのです。

詳しい内容はこちらから

http://www.namiashi.net/article/15337536.html


日本人の庶民の歩きに関しては、江戸時代から明治初めにかけて来日した外国人が、

膝が曲がっている
前かがみ
足が開いている

などの記録を残しています。
つまり、そのように外国人に言わせた「歩行形態」に驚異的な歩行距離を可能にする身体操作が隠されていたということなのです。

今日は、このくらいで。」

近世日本人の歩行能力
 近世の日本人はどのくらいの距離を歩いていたのか。東洋大学の谷釜尋徳先生が詳細な調査をされています。

 近世日本人の歩行に関しては多くの論考を発表されているのですが、左の表は「近世における東北地方の庶民による伊勢参宮の旅の歩行距離-旅日記(1691~1866)の分析を通して-」(東洋大学スポーツ健康科学紀要、2015/03)に掲載された表です。

 36編の東北地方から伊勢神宮に参拝(お伊勢参り)した旅日記(男性に限る)から詳細にその歩行距離を算出しています。

 よく、近世日本人の旅は一日10里(約40キロ弱)歩いたと伝えられるのですが、この表では平均30キロ台になっています。しかし、これはあくまで平均で旅行程の都合で一日一桁から10キロ台の日も含めたものです。

 最長は75キロですが、どの旅日記も50キロを超えています。谷釜先生は、「無理のない歩行の上限は50キロ程度であった」と推察されています。

 これはとんでもない距離です。一般の庶民は一日50キロであればある程度余裕で歩けたということです。

 このような歩行を可能にしていたのは何だったのでしょうか。ますます、前近代日本が保有した「身体」に興味がわきます。






  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)