ローソクを使った稽古

先日の語りの教室で、先生がローソクを買ってきました。
火をつけて片手で持ち顔の前10センチくらいの位置で台本を読みます。

火が消えたら×、消えずに5分くらい続けられたらOK。
7人中二人が×でした。

憲法の訓練で拳を突きだしてローソクの火を消す訓練があるというのは聞いていました。
ヨガの方で、ローソクの火を凝視して集中力をつける稽古があるそうです。

ふの音のとき消えやすい。
7人中、二人の方が消えてしまいました。

息は吐くな、逆に後頭部に向かって吸うように発声するんだと先生はいう。
これがわからなくて困ったことがありました。

発声は腹式呼吸でやるんだと説明される方が多いのですが、どうも違うようです。
筆者はお腹を凹ませて動かさないよう固定してやるようになりました。

乳首と鎖骨の中間あたりを挟むと痛みのでる方がいます。
こういう方は思いっきりお腹を凹ませて見てください。

多分、楽に挟める筈です。
姿勢の維持に余分な力を使っているのでしょう。




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)