大豆成分で更年期障害を解消!

見てても辛い妻の更年期障害。教えてあげたい、症状を楽にする方法
「更年期障害」は、卵巣機能が低下することによるエストロゲンの分泌の減少が原因で起こります。

早期に出現する「ほてる」「のぼせる」「冷える」「動悸」「異常な発汗」など、おもに自律神経失調症に関係するものですが、その後何年か遅れて発病する骨粗鬆症、高脂血症(動脈硬化症、高血圧症)、皮膚の萎縮や色素沈着、関節疾患などの代謝障害に関係する疾病もその範疇に入ります。

人によってその症状が異なりますが、更年期女性の75%が不快な火照り症状に悩んでいるとされています。」

「この症状の緩和効果は、更年期障害用の処方薬であるセロトニン阻害剤と同様だったそうです。また重要なことに、副作用が全く見られませんでした。

現在、ホルモン療法が更年期障害の緩和に最も良い治療法とされているのですが、長期間の治療を行うと冠状動脈性心臓病や心臓発作などのリスクが高まることが知られています。従って、大豆サプリメントはホルモン療法に替わりうる、有効で安全な方法となる可能性があり、非常に希望が持てるものです」

以下
http://e.mag2.com/1TfjDxe

大豆成分のある成分が有効だという。
それならば、味噌・豆腐・納豆など大豆丸ごと日々摂る方がいいのではないか?

「更年期障害用の処方薬であるセロトニン阻害剤と同様だったそうです」とありますが、ならば腸内環境の改善こそもっとも効果を上げるのではないか?
なぜならば、セロトニンは腸で95%作られるとか。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)