認知症に挑戦ー2

「認知症 生活習慣の 成れの果て」という川柳を書いたことがあります。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4071.html

上の記事で生食が極端に少なくなったことが原因の一つとして間違いなさそうです。
その他もろもろの生活習慣が日々積み重なって認知症が発症していくようです。
したがって、これといった覿面に効くという特効薬的なものはないと思うようになりました。

ある方が、人や地域の固有名詞が出てこないことが増えたし、毎日上げている祝詞も今あげたどこまでやったっけ、と思うことあるとぼやいていました。
筆者もこの方以上にボケ進行中で、ある俳優さんの名前がでてきません。
ヒョイと思い出せても少し時間をおくと出てこなくなっています。
先日1時間に3回繰り返しました。
3回忘れて3回思い出したということです。
よく日も2回繰り返しましたら、大丈夫そうです。

固有名詞は特に忘れやすく次に来るのは普通名詞だそうです。
繰り返すことで新規のことも覚えられる可能性はまだまだ残っているようです。
講談もやっているのですが、台本なしにやることに挑戦しています。
時間は掛かりますし、一つの話を完全に記憶するのは難しいです。
全部覚えたつもりでも、所々抜けてしまいます。
それでも続けるほどに残る部分が増えていっています。

「認知症に挑戦」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4069.html
萩本欽一さんは昨年4月73歳で駒澤大学仏教学部の試験にあたって英単語を2500覚えたという。

当然と思うのですが、認知症も血流が関係していると思うのです。
先日の記事「海女さんの呼吸法」は大変貴重な資料になるでしょう。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4112.html
海女さんが同年代の女性と較べて11歳も血管年齢が若いそうです。
そして磯笛といわれている海女さん独特の呼吸法が注目されているようです。
合わせて、息を止めて素潜りを繰り返すという組み合わせが重要のように思います。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)