競馬騎手・武豊の極意解明!

TV番組「競馬騎手・武豊の極意解明!」を見ました。
現在3786勝をあげてダントツのトップである。

30年もトップを続けて天才と呼ばれrていました。
10年には落馬事故でご自身初めての長期離脱(4か月)を余儀なくされている。
さすがにそれ以降騎乗回数・優勝回数も激減している。

2位は引退した岡部幸雄騎手の2943勝です。
中央競馬千勝を上げた騎手は特別視される、彼の父はターフの魔術師といわれた武邦彦騎手は1163勝である。

馬と会話ができる男と評されたのを呼んだ記憶があります。
170㎝ 51キロ、体重維持のための節制は競馬騎手として人並み以上のものがあるのであろう。

競馬は人3馬7とか読んだ記憶がある。
彼は馬70人20運20という。

馬にまたがり上体を傾斜させて馬を走らせ続ける。
人20といわれるなかで勝つということは、馬が一番楽な姿勢・走りやすい姿勢を決めたら動かさずキープしつづけることらしい。
鐙に載せた足の固定が特に重要らしい。それに続いて膝と腰がある。

座礼のことを思いました。
正座をして上体を真っ直ぐにしたまま前方に倒していく。
前方にひっくり返る直前まで倒していく。
できたら上体が床面と水平になるまでです。

これは難しいですよ。
正座自体が難しい。
何時間でも正座できる身体につくりあげられるだろうか?
この時は馬にあたるのがボデイである。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)