首のかゆみ

「喉のかゆみが強くなったり弱くなったりを繰り返しています。
呼吸器内科、耳鼻科でたくさんの検査をしましたが異常なし。

自律神経失調症の疑いと診断されたのですが喉のかゆみがあるという人をきいたことないので疑問に思っています
自律神経失調症に喉のかゆみもあるのでしょうか? 」

「漢方薬に半夏厚朴湯((はんげこうぼくとう)というのがあります。
気分がふさぎノドに違和感があるときの処方とされています。
昔からある症状なのでしょう、

首は血管・神経・リンパ・気道・食道と狭い箇所に生命と関わるライフラインがつまっております。
したがって、少しでもストレスを感じたら首筋にその影響であらわれると考えています。

首筋が固くなり首の血流が悪くなりかゆみも出現するのでしょう。
気候の影響もありますし、普段の姿勢や歩き方も影響します。

亀の呼吸法がお勧めです。
思いっきり首をすくめて、息をゆっくり吐きながら戻します。
5回くらいを1セットとして繰り返します。

それから首の後から前の方にうぶ毛をなでるように軽く軽くなで下ろすのも有効と思います」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)