筋力アップしたいです

「脊柱管狭窄症で、ずーっと痛いです
仕事をしていて困るのは股関節と、膝でしょうか

何かしていて突然かくんと力が抜けてしまうことがあるんです
自分でも大丈夫かなぁと不安になりますね
どうやって筋力アップしたらよいのでしょうか」

「筋力アップも必要ですが、それ以上に前後・左右・上下の筋肉バランスです。
バランスがくずれればくずれるほど痛みは大きくなるでしょう。

『他人との比較や平均との比較でなく、自分自身の筋肉バランスが整う方向にいっているかどうか?
筋肉バランスが狂う方向に行きつつあるのか?』を常時見ていることが必要だと考えています。
それほど難しくありませんし続けるほどにそれも慣れてきます。

主に次の三つを見るようにしております。
1 股間節の左右差
 ① 仰向けで左右の足の倒れを見ます。内向きか、外向きか?
 ② 左右どちらの倒れが大きいですか?
 ③ あぐらの姿勢で足裏を合わせ引き寄せ、左右両膝の高さを較べます。
  どちらが高いでしょうか?
  
  左右差がわかりにくいときは、両膝を持ち上げて、
  ゆっくり下ろすと下りにくいのはどちらかを見てください。

2 肩関節の左右差
 ① 両手をゆっくり頭上に揚げて身体の正中線上で手の平を合わせます。
   どちらが何センチ長いでしょうか?
 ② 立って前ならえをして身体の中央で両手を合わせます。
   左右どちらが何センチ長いでしょうか?

3 立位体前屈は床上もしくは床下、何センチでしょうか?
  ストレッチではありませんので、ゆっくり曲げてみます。

左右差が増大し身体が固くなるほど痛みも大きくなっていくでしょう。

これまでエクササイズをいくつか紹介してきました。
これらのエクササイズの前後に上記のチエックを入れると変化がわかります。
左右差が減少し柔軟性が少しでも回復する方向ならばOKとします。
逆であれば×です。中止するかやり方を変える必要があります。

身体は日々刻々と変化します。
その都度、チエックしながら進める必要不可欠です。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)