足の認識度?

日記転載

生涯腰痛に悩まされずに済む方法
息をゆっくり吐きながら伸び上がり息をゆっくり吸いながら踵を下ろしていきます。http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4006.html
これは階段等でつま先を載せて踵の上げ下ろしをやる方法です。
呼吸を併用すると効果大きいです。

負荷を掛けないで仰向けでもやります。
これも軽くやる場合と足に力を入れてやる場合の二通りああります。
それぞれ身体の状況によって使い分けをするといいでしょう。

足の衰えと筋肉バランスくずれが身体全身に大きい区影響するようです。
こんな簡単な体操で一生腰痛にならないもであれば毎日やればいいのですが、やっぱりさぼってしまいますねえ。

今更ながら足はとても重要です。そして頑丈にできていると思うのです。
でも、どれだけ認識しているだろうか?そしてそれを壊していくのが人間です。
なパーツは足を含めてそれぞれみんな大変重要です。
身体が丈夫なときは全く念足のことなぞ頭にありませんでした。

それと靴が重要です。靴のサイズです。
作家五木寛之さんの書いたものを紹介したことがあります。

「靴はピッタシのモノを履くべし」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2568.html
戦後引き揚げの最中、ロシア兵の将校の家でアルバイトをやられていたそうです。
旦那さんの将校が帰って来ると、一番最初の仕事は長靴(ちょうか)を脱がせることだったそうです。
信じられないくらいピッタリした革の長靴で脱がせるのは奥さんではムリで雇われ人二人して脱がせる由。
これを脱がせるのに一苦労、細くて密着しているほどいい靴とされているとか。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)