病名をつきつめる

ドクターGというTV番組があります。
3人の研修医とドクターGが病気を検討していきます。
2/18の「病名をつきつめる」を見ました。
47歳の主婦の方が「食欲がない」と受診されていました。
https://www.youtube.com/watch?v=hmXh9Zy-7Gw

のどにつまる・食べにくい・パンが食べにくい・お腹が張るなどの症状が4ヶ月くらい前からある。
体重が4ヶ月くらいでマイナス13キロ・吐き気がある・フラダンスをやっている・降圧剤服用(180-110その日は101-70)
忘れっぽくなっているが自覚していない・サプリメントや抗うつ剤飲んでいない・

3人の研修医の診断         
1,ビタミン欠乏症                →悪性腫瘍
2,甲状腺機能亢進症・ウエルニッケ症併発→虫垂ガン
3ビタミンB1欠乏症               →クローン病

ドクターGの指摘で研修医再度の診断が左の病名である。
だが更に検討をすすめて、最後は薬剤性吸収不良症候群となった。
降圧剤は安全性が確認されて使用されているが稀に副作用を起こすものがあるという。

この患者さんはドクターGの指示で一時、2種の降圧剤を服用中止していた。
そのときの症状からまた開業医の指示で1種類のみ復活して服用した。
その1種類の降圧剤が稀に大腸の絨毛突起萎縮を引き起こすとごく最近発表されたそうです。
薬というのは必ずなんらかの副作用があると筆者は考えています。
診断の難しさと薬の怖さを考えさせられた番組でした。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)