舌の痺れを治すー2

「普段はアゴを少し引き、上胸部を3センチ倉持上げた姿勢をなるべくキープしてください。

それとは別にエクササイズとしてのアゴ引きエクササイズです。
アゴを息をゆっくり吐きながら思いっきり引き、息をゆっくり吸いながら戻します。
10回くらいやって、before-afterで前屈と左右の首倒しで較べて書きこんでください。 」

「ガムなしで北向きのバンザイ、前ならえで、右が5mm長い
ありがとう、ばかやろうでも、同じ結果です。

(メッセにも書きましたが、バンザイ・前ならえがいつも同じだとチエックの時、不便です。
その確認です。
まずバンザイ・前ならえ・前屈をして下記と較べてください。
・南向き・北向きで立って、バンザイ・前ならえ・前屈で確認して較べてください。
・「ありがとうございます」と声に出して10回繰り返します。
 そしてバンザイ・前ならえ・前屈で確認してく較べてださい。)

前屈は、ゆっくりやっています。最初は21センチ、割りばしを噛んで23センチ、
その後は、割りばしを噛んでなくても23センチ。 」

あごひきは、北の前ならえだけ改善され左右差なし、北のばんざいは右5mm長い
左右の首たおしは、左がやりにくいまま、前屈は、before afterとも23センチ
割りばしかみで、床下23センチになってすぐなので、変化はありません。」

「 バンザイ・前ならえもチエックに使えますね。

>割りばしかみで、23センチになってすぐなので、変化はありません。

そういうものでもありません。
間違えた場合・合わない場合等は固くなります。

次です。
思いっきりアゴを引いた状態をキープしながら、首を右に倒します。
自前の筋肉コルセットを利かせた状態ですから可動域はウンとちいさくなります。
その分首を痛めにくくなります。

息をゆっくり吸いながら首を右に倒し息をゆっくり吐きながら戻します。
5回くらいが1セット、取りあえず2セットやり、バンザイ前ならえ・前屈・首の左右倒しでbefore afterでチエックして書きこんでください。 」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)