気温と湿度とオシッコの回数

「寒くても気をつけて! 冬の「脱水症状」は何が原因で起こる? 医師が教える対策法6
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=77&from=diary&id=3779138

「12/21水分不足なら水を飲めばいいじゃないかと思うのだが、現実の問題として水分摂取は難しいと感じています。
大量に入れてもオシッコになるだけのような気がします。
だから、チビチビ飲めと書いてきたが、それだけでは解決しない。
不足した水分量と補充されていく水分量・吸収される水分量の時間的な落差が作用するらしい。
現在は気温の変化が大きく、湿度が30度以下の日もある。
脱水症状があると覿面に頭の働きが低下するし、記憶力がガタ落ちする。12/27」恐いのは水分不足です。

暑いときは毎日水分補給とTVでやっています。
寒いときも水分不足は恐いです。
特に温度変化が大きいときです。
自分の場合、水分不足は気力低下・思考力低下・記憶力ガタ落ちを招きます。
『水をたくさん飲めば、ボケはよりつかない』講談社+親書という本があります。
『認知症まだ人ごとと思っている』 という川柳もありました。
水はチビチビとしかも適量摂る必要があるようです。
その量も各自異なりますし、自分のセンサーを磨いていく以外になさそうです。」
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3985.html

今朝の湿度は50%、先日は20%以下のときもありました。
気温の他にこの湿度が水分摂取と大きく関係しています。
そんなこと当たり前の話ですが、今更ながら改めて認識させられました。
こういうとき水分を入れると、すぐにオシッコにいくということになります。
逆に乾燥しているときは水分を多く摂れますし、体重が1キロ以上も変化します。
湿度が50%くらいですと体重はあまり変わりません。
気温と湿度と水分摂取が微妙に体調と関係していると思います。

筆者がマクロビオテイックを齧り始めた頃、マクロビオテイックは、水分摂取を厳しく制限していました。
水分摂取量はオシッコの回数で見ます。
男性は1日に4回以内、女性は6~8回だったと思います。
水分を制限することで身体を陽性化を図っていく考えです。
今の筆者は1日のオシッコの回数は2倍から4倍ですから、マクロビオテイックから見ると落第生ということになります。

一日の水分摂取をどれだけがいいのかは別にして、その量の目安にこのオシッコの回数を見るというのは使えます。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)