舌の痺れ

舌の痺れを治す法(試案)を書いたのは3月ほど前でした。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3918.html

これを読んで実行される方が出てきました。
どうも8年以上も前のバーナー作業で長時間のムリな姿勢からくる筋肉の記憶・身体の記憶だろう考えています。

>割りばしをくわえると、床下15センチだったのが、床下20センチになりました。
どっちの位置で噛んでも、結果は同じです。

チエックに不慣れのためかと思います。
割り箸を右奥歯若しくは左奥歯で噛むと左右差を発生するでしょう。
噛む強度も影響するでしょうが、片寄った位置で左右差を発生しないというのが不自然でしょう。

現在出ている症状は実態のないというか、予期防御症候群だろうというか筋肉の記憶だと考えています。

ご参考
予期防御症候群-
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2472.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2473.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2474.html

筋肉の記憶を消す
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2585.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2587.html




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)