腰猫背・腰曲がり

語りの会をやっておりますが、その中のメンバーのお一人が立ち上がって歩き出すときの姿勢が気になりました。
みなさん60歳以上の方々ですからいろいろ健康面で問題がでてきます。

この方も60台ですが、腰が曲がってきたように見えました。
大腰筋が固くなってきたような感じです。

猫背の進行に伴う下半身の後重心のようです。
このままでいくと更に進行するでしょう。

母方の祖母が酷い腰曲がりで田んぼで首から突っ込んで倒れて亡くなりました。
昔は過酷な労働から腰曲がりのかたが多くみられました。


調整法です。

1, うつ伏せ上体起こし
  うつ伏せになり、両手の平を床について、ゆっくり起こしていきます。
  息をゆっくり吸いながら上体を起こし、息をゆっくり吐きながら戻します。
  5回くらいが1セット。

2,つま先歩き
  単純につま先で歩くだけです。
  お家で2分くらいからスタートし徐々に距離を伸ばします。
  多分、足首のところが弱くなっているというか、足首の前の部分が知人で固くなり
  後側が伸びて固くなっていると思われます。

頑張ってやらないでください。
呼吸に合わせて可動域をゆっくり動かすだけです。

琴奨菊が土俵でやっていたパフォーマンスもつかえそうです。
上体を真っ直ぐに鼠径部を伸ばします。
息をゆっくり吸いながら伸ばし息をゆっくり吐きながら戻します。
  
 


  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)