視線が少し落ちていませんか?

ガラスに映った自分の姿に愕然としました。
肩胛骨の部分だけポッコリ後に突出しています。

姿勢には注意してきていたし、あちこち問題はあるにしろ、まずまずの姿勢だと思っていました。
特に猫背については、イッパイ書いてきたし喋ってきました。
その自分がこんな姿になるなんて何ともはや情けない。

鎖骨と乳首の中間あたりを上下から挟むと、かずかな鈍痛がしました。
強めに挟むと痛みが増してきます。この強めに挟むのもチエックに入れた方がいよさそうです。
これは俯きの姿勢が続いてきたと見ます。

自宅にいるときはパソコンの時間が長いし、そのときの姿勢が俯きになっていた。
「猫背はゆっくり進行します」と先日も書いたばかりです。
防ぐには上体真っ直ぐにして前屈みにしないこと、お腹に常時ある程度の力を入れておく。

そして早速に猫背の調整法です。
大胸筋を上下から挟むのでは追いつきません。
両手を後ろ手に組んで、息をゆっくり吸いながら胸を張り、息をゆっくり吐きながら戻します。
5回を1セットにして4セットやりました。

そして吹き矢の呼吸法です。
強く速く吹き矢を遠くに飛ばすつもりで吹きました。
これも5回が1セットで4セットです。
これでかなり肩胛骨の突出が修正されました。

猫背が進行すると、股関節・足裏に影響すると書きました。
最近、左の股関節に痛みがでることがあります。
左の踵も痛みがでます。
その都度調整してきてはいました。

久しぶりに礼法教室に参加しました。
両足をつけて立ち、1直線に沿って膝を伸ばしたままでゆっくりと歩く「練り歩き」のときです。
「視線が少し落ちていませんか?」といわれました。
「視線を真っ直ぐ前に向けて歩く」いつもいわれていることでした。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)