長引く腰痛ー1

「年明け、いつになく長引く腰痛、しかも足までしびれてきたので整形外科に行き、椎間板ヘルニアと診断されました。
入院して安静にしてたら1か月くらいで治るよと言われましたが、専業主婦の身としては家のことが心配で断念。
家で安静にと言われても寝ていたら罪悪感いっぱいで精神的に落ち込んでます。
痛み止めの薬をくださいと言ったら、飲んで根本的に治るわけじゃないからと出してくれませんでした。((+_+)) 」

「お試しください。
階段など段差のあるところに足先を載せて、かかとの上げ下ろしです。
息をゆっくり吐きながら伸び上がり、息をゆっくり吸いながら踵を下ろします。
30回くらいからスタートして徐々に回数を増やします。

階段でのエクササイズがムリであtれば、慣れるまで平らのところでやります。」

「アドバイス、ありがとうございます。
安静にとしか言ってくれず、なりにくいような筋トレとかしたいなと思っていました。
試してみます。
医師には背中を反らないようにと言われていいるのですが、私の場合反った時よりも前かがみになったほうが痛みがひどいんです。
どのあたりの神経にあたっているかで痛み方も違うんでしょうか。」

「>医師には背中を反らないようにと言われていいるのですが、
私の場合反った時よりも前かがみになったほうが痛みがひどいんです。
どのあたりの神経にあたっているかで痛み方も違うんでしょうか。

多分、医師の勘違いでしょう。
反らせて痛い場合と前屈みで痛い場合の二通りあるでしょう。

原則痛くない方、医師のアドバイスとは逆に反らせた姿勢キープになります。
神経に当たるという解釈ではではなく、筋肉の酷使という表現になると思います。
前屈みの姿勢が長くなりすぎて、身体が悲鳴を上げていると解釈します。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)