呼気伝説ー2

多くの場合、静止状態であれば息を吐くことでゆるむ。
だが、身体を動かすときは吸気であると筆者は主張している。

息を吐きながら身体を動かすと不安定になりやすい。
したがって身体を息を吸いながら動かし息を吐きながら戻すということになる。

これはバンザイ・前ならえ・前屈のチエックで確認できます。
左右差が減少し前屈でやわらかくなる方を、身体は歓迎していると判断します。

両耳引っ張りは呼気引っ張るとあったが、筆者は吸気で引っ張り呼気でで戻せといっています。
指反らし健康法も、吸気で反らし呼気で戻します。

首の左右倒し、倒しやすい方は呼気でと考えたときもありましたが、今は現状より離れていく方向は吸気に考えています。
但し、順番は倒しやすい方からです。

上体の左右まわしもそうです。一時期、廻しやすい方は呼気でと考えたこともありましたが、今は吸気でといっています。
但し、順番として廻しやすい方からやるようにしています。

呼気と吸気では全く逆の現象がでる場合が多いのにあまりにも無造作に呼気でという方が多すぎる。
すべての動作について、吸気か呼気かチエックして欲しいものです。

身体はイヤなことに対して、息を止めて対応しようします。
中心から離れていく動きは身体にとってはイヤなことだと解釈しています。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)