腰痛・治療革命

昨日のNHKスペシャル「腰痛・治療革命 7/12の再放送をみました。

あなたのその腰痛、「腰」ではなく「脳」に原因があり、劇的に改善する可能性が…!
治療しても効果がなく、一度治ってもぶり返すなど長引く「慢性腰痛」。最先端の治療現場では、「脳」の働きを改善し、慢性腰痛を克服する対策が、大きな成果をあげています。たとえば腰痛 の不安を解消する映像を見たり、恐怖心を克服する運動をするだけで、改善する人たちがいます。専門的な心理療法で、極めて重い症状の患者の腰痛が改善するケースも出始めています。3か月以上痛みが続く「慢性腰痛」の方へ。世界が認めた最新対策をお伝えします。

長引く腰痛の原因は脳!

厚労省研究班の調査によると、いま腰痛にお悩みの方は2800万人、実に日本人の4人に1人に及ぶと言われています。
中でも問題なのは、3か月以上続く「慢性腰痛」の人が半数以上を占めると考えられていること。

通常なら、腰痛の原因となる腰の骨や筋肉の異常は3か月たたずに改善するはずです。痛みの大元は改善しているはずなのになぜか痛みが長引く人がたくさんいるというのは、
一体どういうことなのでしょうか?

最近の研究で、痛みの長期化(慢性化)に「脳」が大きく関わっていることがわかってきました。
脳にはもともと、痛みを抑える鎮痛の仕組みが備わっているのですが、慢性腰痛の人ではその仕組みが衰えていることがわかってきたのです。
http://www.nhk.or.jp/kenko/nspyotsu/

ではなぜ、脳の鎮痛の仕組みが衰えるのか?
その大きな原因と考えられているのが、「痛みへの恐怖」です。
腰痛に対する恐怖や不安の気持ちが強いと、それがストレスになり、脳の痛みを抑える働きを持つ部位が衰え、結果として痛みが長引いてしまいます。
そこで今回番組では、専門家とタッグを組み、腰痛への恐怖を減らすことで痛みを改善するプロジェクトを行いました。

痛みへの恐怖を減らして腰痛を改善するプロジェクト。
映像を見て正しい知識を知るだけでは、恐怖や不安が減らない人もいます。
そうした人に向けて専門家が考えた対策第2弾が「1回3秒、背を反らす姿勢をとる」というもの。
といっても通常の腰痛体操のように筋肉を鍛えることが最大の目的ではありません。
この姿勢に秘められた「狙い」とその効果は・・・?

【行っていただくこと】

毎日少なくとも1回"背を反らす姿勢(これだけ体操)"をとる。
(やり方の詳細は、下記の動画をご覧ください)
※1日に何度行っていただいてもかまいません
"腰痛対策チェック表"を使用、またはダウンロード・印刷し、ご家庭内の目につく場所に貼る
背を反らす姿勢(これだけ体操)を実施したら、チェックする
※少なくとも2週間続けていただくと効果が期待できます

「1回3秒!“これだけ体操”のやり方」

足を肩幅より、やや広めに開く
おしりに両手をあてる
息を吐きながら、ゆっくり上体を反らす(筆者は息を吸いながら反らし、息を吐きながら戻します)
上体を反らしたまま、その姿勢を3秒ほど保つ
※骨盤を前に押し込むイメージです
【注意】腰からヒザにかけて、しびれが出る場合は中止してください

回数に決まりはありませんが、最低でも1日1回は行ってください。毎食後や家事の間の休憩の際など、時間を決めて定期的に行っていただくのが成功の秘訣です。また、ある1日だけ頑張って何回も行うより、毎日続けられる回数を着実に行っていただくほうが、より効果を期待できます。
Q)上体を反らすのは、どのくらいまですればよいのですか?
A)ご自分で「いた気持ち良い」と感じるくらいが目安です。ムリして反らしすぎないようにご注意ください。
Q)腰が痛い時も、体操をして良いのですか?
A)はい、痛みが悪化しない範囲で行っていただくことで、痛みの軽減が期待できます。ただし体操により腰の痛みが悪化したり、腰から足にかけてしびれが発生するなどした場合は、その場で体操を中断してください。

頑固な恐怖を克服せよ 効果抜群・最新治療法
番組が行った対策プロジェクトでは、映像や姿勢など手軽にできる対策によって恐怖を減らすことで、慢性腰痛に悩む方の半数以上に改善効果が見られました。
しかし一方で、全く効果が見られなかった人も。
そうした人に対する治療としていま注目されているのが、専門家によるサポートのもとで心理療法を受ける「認知行動療法」です。
オーストラリアの病院では、薬や手術でも効果が得られない重度の患者に対し、3週間にわたって1日8時間カウンセリングと運動を繰り返すという徹底的な認知行動療法を行い、大きな成果をあげています。
日本でも3年前、腰痛治療の指針となるガイドラインで、認知行動療法は行うことを強く推奨できる「グレードA」に位置付けられました。(慢性腰痛の場合)



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)