頭がグワングワンしてめまいがします

>ボールが当たってからグワングワンしだしたんですもん

これがそもそもの発端なんですね。
身体は一度強力な痛みを味わいますとそれをブロックしようとして固めるのだと考えています。
これは身体の記憶というか筋肉の記憶というべきものなのでしょう。
現実に痛みがあるからして、記憶からだといわれても理解しにくいと思います。

強力な痛みであればあるほど消えてくれません。
MRIにも写りません。
このこと自体は身体を守るために発生したためですから、忌避すべきものではなくむしろ感謝すべきものなのでしょう。
しかし、この記憶が首筋を固くして、神経・血流・リンパなどの機能低下だと思います。

私も経験があります。
私場合は膝でした。
後からのしかかられて痛め、9ヶ月も正座出来ませんでした。
この膝の痛み記憶からくるのではないかと考え、膝の痛みに身体をならすことを考えました。
痛いのを我慢して正座の時間を増やしていきました。
正座自体に身体のバランスを整える働きがあります。
そして1-2ヶ月は掛かりましたが、膝の痛みはきれいに消えました。

OOーさん の場合はどうしたらいいのか考えてみました。
ボールが当たった箇所はどこでしょうか?
そこが固くなっていれば、まずその箇所をほぐす必要があるでしょう。
ほぐす場合は、呼吸を併用して時間をかけてゆっくりやる必要があります。

それから、ボールの当たった衝撃で、ボールの当たった方向に対して筋肉を固めていることも考えられます。
例えば、前方からボールであれば後の首筋が固くなっている可能性があります。
そしたら、これも呼吸を併用してゆっくりゆるめていくことになります。
どちらも自分でやれます。

ボールが当たったのが右顔面の由、その箇所が左顔面と較べてかたくなっていないでしょうか?
左右軽く挟んで較べてみてください。

左の首筋が右首筋に較べて固くなっていないでしょうか?
これも左右の首筋を軽く前後からつまんでみてください。
首をゆっくり左右に倒してみると、右の方が倒しやすいかもしれません。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)