股割の呼吸

股割なるエクササイズがあります。
イチローがよくやっているとか。
相撲取りが四股踏みの前にやるやつである。

両足を横に開いて腰を下ろす。
スクワットは両足先が前向きだが、この股割は両足先を横に向けて行う。
スクワットと腰割は、どこで線を引くのだろうか?

中臀筋・大臀筋・大腿四頭筋・骨盤底筋など一纏めに鍛えることができる。
一日に10回くらいやっていると、冷え性・食欲不振・肩こり・生理不順・失禁などもろもろの不定愁訴に効果があるらしい。

いわゆるスクワットを縦タイプとすると、この股割は横タイプということになる。
両足先を横に向けて腰を下ろすと前後にふらつくがじきに慣れる。
だが一般的に呼吸については無関心らしい。

ところが呼吸が合っていないと身体は固くなりゆがみを生じやすい。
筆者の実験によれば、呼吸は逆になる。

スクワットの場合は、吸気で腰を下ろし呼気で戻します。
股割の方は、呼気で腰を下ろし吸気で戻します。

注意点として、上記の呼吸でやること。上体のまっすぐキープ、お尻を下げすぎない(大腿部を床面と平行まで)。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)