めまいの要因

[医療ルネサンス]耳のどの不調と心<1>めまいに集団リハビリ 読売11/5

 「治す、負けない」 先月上旬、横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科の一角。30人以上の男女がそう繰り返しながら歩いていた。床のテープに沿って一直線。その表情は真剣だ。一人がふらつくと、傍らの仲間が手をさしのべて支えた。若者から高齢者まで。彼らはみな、めまい患者でリハビリの仲間だ。 めまいの原因の多くは、耳にある。耳の最も奥にある「内耳」は、平衡感覚をつかさどる機能があり、内耳になんらかの異常があると、左右のバランスが崩れ、めまいを感じる。

一方、脳の後ろ下側にある「小脳は、バランスを整える機能がある。内耳の状態は改善できなくとも、小脳の働きをリハビリで鍛え、平衡感覚を補正し、めまいを改善させる試みが行われている。
約二〇年前から実践してきた同科部長の新井基洋さんによると、まっすぐ歩く訓練も、その一環。目の前に出した親指を見つめながら、素早く首を左右に振るなどの動作も小脳を鍛える。新井さんは「最初は手探り。徐徐に集団リハビリを行うと効果的だと気づいた」と話す。

めまいに対して、現代の医療の世界では具体的な方策がないらしい。
『めまいの原因の多くは、耳の最も奥にある「内耳」は、平衡感覚をつかさどる機能があり、内耳になんらかの異常がある』のであれば、耳周辺の筋肉の硬化による内耳の機能低下によると思うのだが、そういう発想がないらしい。
三半器官が平衡感覚をつかさどっているというのは知っていました。

舌の痺れを治す法(試案)を書きました。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3918.html
http://nmk.http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3944.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3948.html

これは、そのままめまいにも有効と考えています。
ただ、根っこの原因が普段の姿勢からと考えられるので、それなりの時間を必要としそれを継続しなければいけません。
うつむきの姿勢→首筋が固くなる→耳が固くなる→三半器官の機能低下



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)