ゆるまない靴ひもの結び方

日記転載

その都度、靴ひもはしっかり結んでと書いたことがあります。
だが自分ではあまり実行していませんでした。

足裏の痛みが抜けないので、最近になってようやく実行するようになりました。
足のグーパーをやっていると大分緩和されてはきます。

足の痛いのは、左は踵の少し前あたり、右は中足骨あたりです。
たいした痛みではないのですが、立ったときスゴク不安定になります。

ある時、ゆるまない靴ひもの結び方というのがあると知り、工夫してゆるまないように靴ひもを結んでいます。
ところが検索するると、自分のやり方とは違っていました。
まあどちらでも、ゆるまなければいいわけです。

今まで気がつかなかったのですが、左足の方が右に較べて長くなっているときがあります。
足裏を合わせると左足が僅かに、そうですねえ3ミリくらいです。

いつも長いわけではありません。
左足の踵の少し前あたりを圧定すると揃ってきます。

歩き方に問題があるのだろうと思うのですが、まだこれだという確信のあるものになっておたず、いろいろ試行錯誤しております。
どうもアキレス腱からふくらはぎにかけての辺りが固くなっているような気がしています。

そこで「踵上げ下ろし」をはじめました。
指先を階段に引っかけて、ゆっくりつま先立ちになり、ゆっくり「踵を下ろすを繰り返します。
呼吸は息を吐きながら伸び上がり息を吸いながら踵を下ろしていきます。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)