猫背促進運動になっていませんか?

ほぐれればいいのか?
ゆるめばいいのか?
気持ちよければOKなのか?
身体がやわらかくなればいいのか?

筆者は柔軟性のチエックに前屈(立位)でチエックしています。
この前屈はあるエクササイズが適正に行われたかどうかのチエックに使っております。
ストレッチでやる前屈ではありませんので軽くやる必要があります。
ある方に「前屈すればするほどやわらくなるので、チエックには使えません」といわれたことがあります。

その方は右骨盤後側の上部が固くなっていました。
側湾を大変気にされる方で、普段姿勢に気をつかっているご様子でした。
それが前屈することでロックが外れるような感じになり前屈の数値が伸びるようです。
普段、開脚前屈もやられている可能性が大きいです。。
したがって、後ろに反ることは苦手と思います。
その意味あいからは前屈は柔軟性のチエックというより、可動性のチエックという方が正しいようです。

トレーニングとしての前屈を毎日やっていると、そちらにスイッチが入りやすくなるようです。
しかしここはチエックをするという意識に切り替えてやらねばならないでしょう。
その切り替えができなければチエックには使えないということになります。

身体のやわらかさに意識を向けていると、やわらかさに対する感覚が次第目覚めてきます。
そして意識しなくとも、一々前屈で確認しなくともやわらかくなったことがわかるようになるようです。
現在の筆者はわかるときもあれば、わからないときもあります。

前屈で深く曲がったからやわらかいかといえば、必ずしもそうではありません。
筋肉が落っこちて、いかにもやわらかい身体のように見えるときもあります。

それから真っ向法の第1体操のように足裏を合わせて前屈をする体操があります。
これは骨盤を立て股関節から曲げる体操であって背中を丸くしてやるものではありません。
「この体操よくやっているのだが一向にやわらかくならない」と仰った方がいました。
そこを間違えると猫背促進運動になってしまい、やわらかくはならないでしょう。

この運動について、真っ向法のホームページでは息を吐きながらと書いてありました。
呼吸に関して間違った記述が多いのですがこれは合っていました。
でも猫背体操でやるのであれば息を吸いながらになるでしょう。

強もみのマッサージが多く行われています。
ですが強く揉んでもらうと、ほぐれて気持ちがいいと仰り通われている方がいます。
固い肉を包丁の背でトントンやるとやわらかくなってきます。
でもこれはやわらかくなったのでなく肉の組織が壊れたということと同じだそうです。
身体の方でブロックして対応しようとして、時間の経過にともない固くなってきます。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 












コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)