指がしびれます

「5年くらい前からでしょうか、人差し指の付け根手のひらと、左手親指から薬指あたりまで1日何度か痺れます。
首の第5と6のあいだが椎間板ヘルニアだそうです。
医師からは老化で治らないと言われました。できることはないのか尋ねると牽引ぐらいかな?とだけ。
医師は何もする気がない様子でした。いろいろ情報を参考にさせていただこうと思います。」

「>カラーで朝と夕、仕事休憩時間も使用して休めてあげて下さいと、言われました。

カラーをつけると、しびれは取りあえずは消えるのでしょうか?
それでしたら、カラーなしでその姿勢を工夫されてキープすること考えられたらいかがでしょうか?

多くの場合、普段の姿勢、パソコンやスマホでうつむきの時間が長くなっていることでしょう。
アゴを引く・アゴをゆるめるなど、いろいろ試されて一番ベストのポジションを見つける必要があります。
頭は5-6キロと重く筋力は年々衰えていきますから、姿勢を正さなければ症状は酷くなっていくでしょう。

頸椎だけの問題ではないようです。
椅子がけの場合、背もたれを使って腰を丸くしている影響もあると思います。
そうするとハラの力が抜けますから、身体全体の姿勢が悪くなります。
仮に首が直っても次は腰にくるかもしれません。

牽引は多くの場合身体が固くなりますから×だと思います。
やってみないとわかりませんが、取りあえずの方法ですが、指の痺れが出たときにお試しください。
各指の最先端ー爪の下を爪とクロスする方向で右手の親指人差し指のつま先で挟みゆっくり呼吸を3分くらいします。

それから手首の太さが5ミリくらい違って左が太くなっているかもしれません。
凹凸があるし弾力もあるし測りにくいですが、ご興味がありましたら、測ってみてください。」

「ありがとうございます。丁度、昨日に本屋さんで首の本を立ち読みして、普段の生活の中でできることとして、顎を引いて背中を正す姿勢を意識してやっていたところです。
他にも自分でできる具体的なアドバイス をありがとうございます。
やってみたいと思います。」

いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)