イチゴ鼻の解消法

日記転載
全然可愛くない!イチゴ鼻の解消法
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=137&from=diary&id=3679432

イチゴ鼻の予防には、基本的な生活習慣や食生活を見直すことが重要です。 「揚げ物やスナック菓子などの油の多い食べ物を食べると皮脂が多く分泌されてしまうので控えるようにしましょう。」

これはいい、こういう文章が書ける人がいるんだ!

とりのから揚げだとアゴにでることになるだろう。

鼻の血流・リンパが滞っているとみます。

鼻の温冷浴が効くかもしれない。

蒸しタオルで温めてアイスノンで冷やすを繰り返す。

下記の昨年3月に書いた記事「アルツハイマー予防に嗅覚の強化」が使えます。
http://nmk.blog4.fc2.com/category32-1.html

「鼻筋挟み」鼻筋の天辺の部分を両脇から浅く挟みます。そのままゆっくり呼吸を2~3分続けます。
「「鼻筋のなでおろし」鼻筋を上から下うぶげをなでおろすつもりで20回くらいなで下ろします。

「両小鼻圧定」軽く軽く指先を当ててゆっくり呼吸を2~3します。小鼻の片方が固くなっているかもしれません。
「ヨガの片鼻呼吸」もあります。これは右利きの方は右から吸って左から吐くを主にやった方がいいようです。
「頬骨上下挟み」横の方と前の方もやります。

五行の色代表からは肺・大腸・呼吸・人差し指との関連が考えられますが、呼吸を伴ったエクササイズで身体をゆるめること自体が老化予防になっていくことに繋がることになります。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)