パーキンソン病と脊椎狭窄症ー4

一週間前にいたたお葉書です。
パーキンソン病・脊椎狭窄症で薬を日に30錠も服用し苦しんでおられた方です。

パーキンソン病と脊椎狭窄症1ー3
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3647.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3648.html
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3649.html

「前略
いつもお世話様になっております。
昨年末においで頂いてから早くも10ヶ月たちました。
伺ったお話の中からやってみて効果のある整体手法を続けて参りました。
お陰様で今では一月中にはあった激痛が今ではゼロになり中くらいの痛みは何とかこらえられています。
又、今回はパンフレットをお送り下さり有り難うございます。
御礼が遅れて申し訳ございません。
乱筆失礼」

お渡しした資料には
「人間の身体は日々刻々変化していいます。
少しでもいい方向に導くこと、これが肝要です。
ムリをしないこと、呼吸を併用するにあります。

そのためにチエックが大変重要になります。
『チエック&エクササイズ、そしてチエック』少々面倒くさいとは思いますが、必枢です。」
と書きました。

このような重症のかたでも呼吸を使った筆者のやり方が通用すると、改めて意を強くいたしました。
この方は多分70歳、70年の歴史があります。
この歴史を逆転するのは、スゴイエネルギーを必要とします。

激痛がのうなって中程度になったのですから、方向転換はできたようです。
少なくとも悪化の方向にはブレーキが掛かったとみます。
後は少しずつこの歩みを進めていくだけです。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)