腸内環境

日記転載
がん死亡率 青森県が全国最悪
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3669367

徹子の部屋にでた、なかにし礼さん(76歳)がん再発で葬儀の準備までしたという。

すごく元気そうでした。

治療するたびにがんが小さくなっていく由。

2012年に見つかった食道がんは、放射線治療で消せたが、食道横にあるリンパ節に再発し、4時間に及ぶ大手術を受けていた。

12年2月に見つかった食道がんは、放射線治療の一種、陽子線治療を4カ月で30回受けたところ、がんが消え、同年10月に仕事復帰した。

検査で異常が分かったのが1月下旬だった。2月上旬に精密検査を受け、食道の横にあるリンパ節にがんが再発していることが判明した。

同24日に入院して翌25日に手術。当初は体に負担の少ない胸腔(きょうくう)鏡手術の予定だったが、がんのある場所への考慮などから、背中を約25センチ切る手術に変更した。

腸内環境・腸内フローラということばがNHKの放映で全国区になりました。
なかにし礼さんも、腸内環境を整えるなにかやっているのかもしれない。

抗癌剤で治療して完治された方もいるようです。
http://page.mixi.jp/run_page_apps.pl?appParams=%7B%22q%22%3A%22view_diary%22%2C%22diary_id%22%3A%221050898%22%7D&module_id=209682&page_id=39996

都道府県別75歳未満年齢調整死亡率推移(2005年~2014年)が見れます。
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/age-adjusted.html

10年間トップを走っている青森県が県を上げて乗り出したと言う記事をみかけたことがあるが、
いつから効果が出はじめるだろうか・



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)