姿勢のお話ー猫背はゆっくり進行します



近所の女性で80歳くらいで品がよく背がスラッとして目がキラキラしている小柄の方、
半年くらいで身体がドンドン右前に傾いていきヒドイ姿勢になられました。
脊椎狭窄症だそうです。

ある会でお会いする男性で、昨年春より目でわかる程、急速に猫背が進行した方がいました。
70歳くらいの方です。

この男性は強もみの整体に通われている由、それで猫背の進行が速くなったと思いました。
強い刺激が入ると直後はやわらかくなるのですが、時間の経過で逆に固くなっていくもみ返しは割と知られています。

若い方ですと呼吸を併用したエクササイズが有効です。
1週間くらいで猫背から復活するのですが、年をとるほどに時間が掛かるようになっていきます。

猫背は進行します。筋力の低下にともなって加速度がついていきます。
身体のゆがみの見方ははいくつもありますが、この猫背のレベルを見るのも大事なことです。
この基準も他の人との比較ではなく、自分自身の時系列で見て欲しいのです。

猫背の簡便な基準を紹介したことがあります。
正面から見る。横から見ての基準もできる。
 1.顎の先端が両肩を結んだ線上を離れて上にある
 2.顎の先端が両肩を結んだ線上にある
 3.顎の先端が両肩を結んだ線上を離れて下にある
正面から見た姿勢について書いた。真横からの見方を書く。真横から見ると
 1.耳の縦軸が肩の中心の縦軸と一つになる。これがベストと考える。
 2.耳の縦軸が肩の中心の縦軸と肩の前面との間にある。
 3.耳の縦軸が肩より前面にある。これはよくない。

1は軽度の猫背とする。2は中軽度、3は重度の猫背である。多くの人が2と3に分類される。頭がカラダの前に位置している。本人は自覚していないだろうが倒れている分、背中に負担が掛かり疲れやすくコリやすいということになります。この基準も他の人との比較ではなく、自分自身の時系列で見て欲しいものです。前より進行していたら×、要注意とお考え下さい。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)