お腹をカンカンにして声を出す

日記転載

語り・朗読の会をやっております。

語りと朗読をはっきり分けて考える方もいますが、分ける必要はないと考えています。
ことばの持つエネルギー・パワーを表現していくのはどちらも一緒だと思うのです。

12月に発表会をやります。
お二人、声量が落ちている方がいます。

このお二人、いい声の持ち主なのですが、最近声がでていないのです。
お一人はヘルニアが出たとかで、最近の稽古で良く抜ける。

痛みがあると、痛みに耐えるために身体を固めます。
いつも固めているわけにいかないので、ときどきはゆるめなければなりません。
それが稽古の時にも出るらしい。

「痛みを堪えるときの姿勢で稽古をやってください」と話ました。
「抜けということがようやくわかりました」と先日は抜けなくなりましたが、声量が今ひとつ。

次回にいおうと思っています。

「痛みを堪えるのも大きな声を出すにお一緒なんですよ。
お腹をカンカンに固めてやってください。

ヨガのクンバハカのことをお話したことがあります。
これが痛みを消す力にもなるし、痛みの出にくい姿勢にもつながるんですよ。」

「OOさんも朗々たるいい声がでていたのに最近でなくなっています。
お知り合いのTさん(朗読家)より遙かにいい声をお持ちなんですよ。

何回もいいますが、お腹からだす大きな声でやることを第一に考えてください。
お腹をカンカンにしてやってください。
表現はそれについてきます。」

お腹に力を入れてやるのは違っているという考えもあるか、年齢的なものあるしこれでいくことになろう。




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)