からだの土台ー趾(足指)

「動きのフィジカルトレーニング」という本を買いました。
著者は中村考宏さんという骨盤おこしで知られた方で筆者もワークショップに2~3回参加している。

第四章 からだの土台ー趾(足指)
多くのアスリートが趾(あしゆび)眠らせ、あしのアーチ構造を崩しています。崩れた構造では、一歩一歩の衝撃が集中し、身体にダメージを蓄積します。
足底筋膜炎、シンスプリント、外反母趾、ひざ痛などが痛みとして信号を送り続けますが、趾を眠りから覚ましなさい、足のアーチ構造を築きなさいという信号に気づくことができないでいます。

足のアーチ構造が崩れた状態では、第二の心臓というくらい重要な末端において足底動静脈を圧迫し、血液循環を阻害してしまいます。趾を眠らせるということは長趾屈筋、長拇趾屈筋、足底の筋(小趾対立筋、短小趾屈筋、小趾外転勤、短趾屈筋、虫様筋、骨間筋)などの筋肉を眠らせるということ。つまり、足の筋肉が正常に働いていない状態なのです。
身体の土台である趾を眠らせ、足のアーチを崩していることは、運動面においても、健康面においても良いことはひとつもありません。
一方で、それだけ大事な趾を置いておいて、アスリートたちは大きな筋肉を鍛えたがります。身体の土台が危うい状態のまま放っておいてはいけない。私たちは重心移動を円滑に行える様トレーニングすべきなのです。

そのためには骨格ポジションをきちんと築きましょう。
趾は地面を掴み、足のアーチ構造は、一歩一歩の衝撃を分散し、足のバネとなります。
身体の土台つくりは趾を握り込むことからはじめましょう。

足のアーチ構造は、母趾側の内側アーチ、小趾側の外側アーチ、趾骨と中足骨の関節(中足趾節関節、MP関節)の横アーチ、中足骨と足根骨の関節(足根中足関節、リスフラン関節)の横アーチから形成されます。

足のアーチ構造を崩した状態というのは、足の裏(足底筋)を持続的に伸ばしている(伸張状態です。ですから、ほとんどの人が足底筋を収縮させることが苦手なのです。
趾を握り込むということは、趾を曲げる(屈曲)こと。母趾以外の四本の趾は、遠位趾節間関節(DIP関節)、近位趾節間関節(PIP関節)、中足指節関節(MP関節)の計二か所の関節を曲げて握り込みます。足底筋が収縮し、それぞれの関節しっかり屈曲されていれば、小趾を引き剥がすことができないほどに趾はまとまり、足のアーチ構造を築くことができます。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)