慢性疲労症候群、どんなことをやられていますか?ー1

A「先月から鍼灸のお世話になってます。
HPで慢性疲労症候群のことも説明されてる治療院で、店舗と出張サービスがあり、2週に一度の出張サービスをお願いしてます。
その先生に勧められて、毎日自分でせんねん灸もやってます。
(多分、店舗での治療法がメインなので、そんなにハイペースの出張治療じゃなくても良いって言ってくれるのかもしれません)
少しずつ体の重さが取れてきた感じがするので暫く続けてみようと思います。

ただ、疲れやすさはそんなに変わらないので、だいぶ落ちてしまった筋肉をどうにかした方がいいのかなぁ?とリハビリのこともボンヤリ考え始めました。
ストレッチは毎日自分でやってるのですが、それ以外に皆さんどんな事をするのでしょうか?
すぐに疲れてしまうので、やり方が難しいですよね。
昔、エステで買ったEMSの機械に筋トレモードがあるので、それがお手軽かなぁとおもうのですが、電磁波(?)治療は良くないという説も目にしたりして、使用をためらってます。
一応、電磁波過敏症ではないと自覚はしてるのですが…。 」

「『朝ご飯をしっかり噛んで食べる』お勧めです。
デンプンがどうのこうのという説が流行っているようですが日本人はゴハンです。
よく噛んでいると自律神経を調整してくれるようです。

できたら硬めのゴハンです。
硬いとよく噛めます。
お赤飯や炒り玄米がいいですね。
昨日試してビックリです。
一口よく噛んだだけでつばがドバーと出てきたのがわかりました。

筋肉を鍛えるのも大事ですが、筋肉が落ちるのを防ぐのも大切です。
食事が不規則になりゴハンを食べない時間が長くなると筋肉が落ちてくると最近自覚しました。
特に女性の方は太るのを恐れてゴハンの量を減らすようですが、これご用心。

続けるほどによく眠れると思います。
一月続けたら見違えるほどに変わるかもしれません。」

A 「ありがとうございます!
咀嚼は大事だとは聞いたことありましたが、そこまで深く考えたことありませんでした!
玄米を毎日発芽させながら食べてますが、炒り玄米というもあるんですね。
確かに、毎日家にいるので食事は不規則になりがちです。
やっぱりそういう基礎的な事が一番大事なんですね。
ありがとうございました!」

A「>自分は普通に自分のペースで歩けるのが、調子いい時10m、悪いと3mみたいなところを2年間行き来していて、それ以上も歩けるのですが、足が持ち上がらなくなるのでゾンビのようにズルズル歩く感じになります。

やってみないとわかりませんが、つま先歩きだとスムースに足が上がるようになるかもしれません。
20メートルくらい試していけそうであれば徐々に距離を伸ばされるといいでしょう。

なお炒り玄米はオオサワジャパンで置いているようです。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)