腹を凹ませた姿勢

『腰を入れる』ということば自体を知らない方も増えているようです。
現代人の多くは『腰を入れる』ということがどういうことかわからなくなっているのだと思います。

骨盤の角度が微妙且つ複雑に影響しています。
日本刀は『折れず曲がらずよく切れる』といわれています。
逆のいい方も『折れて曲がってよく切れない』あります。

どちらのいい方にしても、お互いの矛盾を克服して日本刀はできあがったようです。
『身体の前面は上方に、身体の後面は下の方向を意識してもいいでしょう。』と『腰を入れる』は矛盾していないというか矛盾を乗り越えたところにあるように思います。」2012-03-16 16
正しい姿勢を身につけるには?ー2
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2716.html

上記には「骨盤起こし」のことも書いている。
「骨盤が後に傾いている人はほとんどお尻に重心がのり後重心になり、立位だと踵重心になっている。
骨盤を立たせると重心はもっと前に移動すると提唱者はいう。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-2591.html

ある方の日記で、椅子がけで両膝を寄せて結わえ骨盤を後継し呼吸をするだけで、リンパ・血液の循環がよくなり足が暖かくなりむくみも取れる、脳血流 脳循環もよくなり集中力がアップしすという。

両膝を結わえるのは磯谷式でやっている。
寝るときも結わえて寝ると書かれていて疑問を感じた記憶がある。
だがバランスが整うし、股関節や膝に問題がある方は試してみるのもいい。

骨盤後傾というか仙骨操作といういい方もあるし、尾骨の巻きこみ・爺腰もある。
この姿勢になると力みや緊張が抜けやすくなる、これは合気の稽古の時に体験している。

骨盤前傾か・骨盤後傾か?
ここで皆違うのだから個別対応が必要とも考えた。
だがお腹を凹ませることで骨盤が起きてくる。
これで矛盾が解消されそうです。
この辺は筆者の骨盤が後傾しているせいかもしれません。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)