改めて「合掌四十分行」

10年前の記事です。

合掌の形ー7
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-221.html

「西式健康法に「合掌四十分行」というのがある。
筆者が西式健康法に触れたのは30年以上も昔である。

「靴下、時計などをはずし、正座します。両掌を密着して顔面の高さに上げ40分間静止します。一度やれば触手療法の力が宿る。一生に一度でよい」と書かれている。

40分一生に一度やればよいというのは40分で「1万回やれば小脳にその姿勢が記憶される」と同等の効果があるということか?その分キッチリやらねば小脳に間違ってインプットされる。」

合掌の形ー14
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-230.html

改めて「合掌四十分行」で検索すると一杯あります。
ワークショップとして定期的にやっているところもあるようです。
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&rlz=1C1EODB_enJP532JP534&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E5%90%88%E6%8E%8C%E5%9B%9B%E5%8D%81%E5%88%86%E8%A1%8C


この合掌40分行を行って、手の平で目を触れれば、眼精疲労、ドライアイ、視力回復効果があるという。
慢性疲労症候群などいくつもの難病名をつけられた女性に勧めてみようと思います。
車椅子の生活でしたが、下半身は元気になられて、今は肩と目に酷い症状が残っている由。
それも現在のやっていることを続けて折れば回復すると思うが、この行をやればスピードアップすることは間違いないと思われる。

すべての病気は日常の生活習慣と密接に関係してと考えています。
こののなかでも姿勢から部分は大きく、薬では解決しないと思うのです。
その姿勢を整える意味に置いて、この「合掌四〇分行」はもっと見直されてしかるべきでしょう。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)