口内炎のときは、どうしたらいいですか?

聞かれたが咄嗟に返事ができませんでした。

筆者も昔なったことがあるが放置していたと思います。
通称赤本といわれている隠れたベストセラー「実際的看護の秘訣」を開いてみました。

一、口内が一面に又は左右の一方、舌の横、歯茎等が赤く腫れて食事の時に痛むもの、
   これは至って軽いので、酸水か塩剥水「ウガイ」をすれば治ります。
  薬店にマンデル氏液という赤い液があります。
  これを買って脱脂綿か筆で塗っても治ります。

一,舌の横、口蓋、頬の内側等がただれて赤向けになり、またはツブツブがが出来て
   それが潰れて豆粒大の潰瘍が処々に出来て塩気や熱いものがしみて
   非常縫い困ることがあります。
   舌の先に出来る物を云うても痛み赤ん坊は乳を飲むときに難渋します。
   この時は中国産ハブ草種子を醤油ののような色に濃く煎じて口に含み、
  10分間に一回ずつやりますと二,三日できれいに治ってしまいます。
  之の効力は実に神のごときものであります。
  一面に爛れて居る時には五十倍の硝酸銀水を筆か脱脂綿で塗って、
  明礬を百倍に溶いて五分間に一度くらいづつ口の中に含むと治ります。
  又茄子のヘタを黒焼きにして浸けると刺激して唾液が沢山流れ出て治ります。
  舌癌はヒドクならぬ内に早く切らないと手遅れになるっと命を取られます。

書いている内に思ったのは口周辺・ノドなどの血液・リンパの流れが悪くなっているのではないかということであります。
それならば、下顎を左右に軽く動かすことを繰り返すといいかもしれません。(30ー50回くらい)
このときに左右で動かしにくい方があれば、動かしにくい方に息を吸いながらギューッと押して息をゆっくり吐きながら戻します。
戻した後で数回呼吸を繰り返します。
それで動かしにくい方に動かして見て、動かしにくさが半減していれば取りあえずはOKでしょう。
変化なしの場合は、強めにやってみてください。




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)