認知証の予防・改善

TVで毎日のように認知証が取り上げられております。
認知証というのは「慢性酵素不足症候群」とでもいうべきものではないかと考え始めております。

筆者が人の顔や名前が覚えられなくなったのは20年以上も前です。
だんだんと酷くなってきて、不安と恐怖に襲われることも増えてきました。
母がボケ始めて電気釜が使えなくなった年齢になり、認知証対策は切実な問題になっております。

7/14日のテレビ東京「ガイアの夜明け」では、一昨年若年性アルツハイマー型認知症と診断された当時39歳の丹野智文さん取材されていました。

それまで丹野さんは、ネッツトヨタ仙台のトップセールスマンとして活躍していました。
それがなんとなく物覚えが悪く感じるようになり、同僚の顔と名前すら思い出せなくなるほど、悪化したそうです。
「認知症の家族の会」という存在を知り入会し、同じ症状に苦しむ人達との出会いによって、丹野さんはようやく前向きな気持ちを取り戻したそうです。

営業職からは外れクビを覚悟していたのが事務職として復帰され働き続けているそうです。
2冊のノート、一冊は仕事の手順を書いたもの、もう一冊はやった仕事を記入していくノートだそうです。

生命活動のすべての面で酵素が関係していることは知っておりました。
でも現実には、意識して酵素を取り入れるというようなことはやっておりませんでした。

それが不思議なご縁で「茶麹」と出会い、摂取を始めたのが一月の20日ごろからでした。
服用しだしてから2月くらいでなんとなく髪の毛が黒くなってきたようにみえました。
この茶麹が体内で酵素に変わるのだそうです。

腸内環境が脳の働きと関係しているということも知っておりました。
「記憶する」ということも酵素が関係していると最近は思い始めております。
語り・朗読をやっているのですが、なかなか暗記できなかったのが、最近は割と覚えることができるようになってきました。

病気になる原因
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3839.html





  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)