熱中症の季節

熱中症で騒がれる季節になりました。
今年最多3058人、死者は4人=先週の熱中症搬送者―総務省消防庁 70
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=3515518&media_id=4
夏の熱中症予防は?(「かくれ脱水」に注意)
http://www.jiji.com/jc/v4?id=kdassui13080002

かくれ脱水というのは、いわゆる医学用語ではありません。
深刻な症状が出ていないけれど身体から水分が失われている状況で、お年寄りは自分では気がつかないことが多い。

規則正しい生活と適切な水分補給が必要とされる。
3度の食事をキチンと摂って、睡眠時間を確保し、仕事や運動の間に適度な休養を取る。

これをやっていれば、「かくれ脱水にならないが、なっても知らないうちに戻るものだという。
筆者自身、どうにも調子が悪いというときがありましたし、著名な方が、体調を崩して入院とか記事になることがありますが、これらは多分かなりの割合で脱水症と思います。

お年寄りがなりやすいというのも、筋肉が日々うしなわれていくことに原因がありそうです。
筋肉が水分の貯蔵タンクと読んだことがあります。
お年寄りこそムキムキにならないまでも筋トレが必要ということになってきます。

「3度の食事をキチンと摂る」ことも必要ですが、特に生野菜や果物取る必要があると考えております。
それは現代の人々の多くが、慢性の酵素不足に陥っている可能性が大きいからです。




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)