マブタが閉まりません

「おそらく6月29日に顔面神経麻痺にかかりました。
この病気のことを知らず診察を受けたのは7月4日。

今では点滴を毎日して9日間が経過しました。
痛み、痺れはかなりマシになりましたがマブタは閉まらない口元はひきつってます。

マブタが閉まらないので洗顔が一番つらいです。
良い方法がありましたら教えてください。」

「耳は上下二つ折りすると痛みはあるでしょうか?
頬骨のところを上下から挟めるでしょうか?左右差があるでしょうか?

口角は左右どちらが上がっているでしょうか?
下顎は左右どちらの方向が動かしやすいでしょうか?
耳の下、下顎と頭蓋骨の間のくぼみが固くなっていませんか?左右差があるでしょうか?

やってみなければ、わかりませんが利くかもしれません。
頬骨の所を上下から挟んでゆっくり呼吸をします。

挟んだところが1センチくらい外に膨れる状態でゆっくり呼吸を3分します。
眉毛を上下から挟んで3分ゆっくり呼吸をします。」

「ありがとうございます。
試してみましたが閉まりませんでした。

症状は右半分にでてます。
耳を折り曲げでもって痛みはありません。
頬骨は上下から挟めますが右側は気持ち挟みにくいです。
口は右上がりで下顎は左のが動きやすいです。
耳下、頭蓋骨と下顎のくぼみは右側が固いです。左側は柔らかいです。」

「右で噛むクセがあり、そために右顔面が固くなったようです。
試しに、割り箸を左奥歯で噛んで3分くらいゆっくり呼吸をしてみてください。

少しでも利く感じがあれば、何度かやってみてください。
噛む強さがあるようなので、弱め・中くらい・強めと試してご自分に合った強さを選別してやります。

頬骨ハサミも眉毛の上下ハサミも筋肉バランスを整えるやりかたです。
続けていると頬骨周辺がやわらかくなってきます。

もう一つ、右眉毛のあたりに右手の人差し指・中指を上げて、押し上げてゆっくり呼吸3分です。
身体の方は瞼を開きたいのですから、それに添って更に開く方に協力してやるわけです。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 


コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)