筋トレ復活

50代でうつ病で自殺願望もあると、盛んにぼやく方へ「筋トレをやられたらどうですが?」と勧めてみました。
「ウン、いいかも」とやる気になった。

ある考えに固まりすぎたら、身体を動かすことをお勧めします。
筆者はある時期、筋トレ反対になっていました。

それが筋力・筋肉の衰えを感じるようになって、筋トレの必要を感じてまたやりだしました。
筋肉バランスも大事だが、筋力維持も大切だと今更ながら考えました。
もっとも長くはやらないし、ごくごく軽くやっております。

やっているのはスクワットと腕立て伏せです。
スクワットはトイレにたったとき、10回を1セットにしてやるようにしました。

そのスクワットも、当初は両足平行にして腰をおろしていくのをやっていました。
今年の2月に女優の沢田亜矢子さんのプレクリニカルアルツハイマー型認知症(これは将来アルツハイマーを発症する危険性がある状態)のTVを見ました。

このとき、本山式筋トレ2種が推奨されていました。
一つは「両足先を外に向けての開脚スクワットです。
これも取り入れようとやってみたのですが、安定せずやりにくいので習慣になっていませんでした。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-3697.html
筆者の場合、両足平行スクワットと開脚巣ワットは呼吸が逆になります。

もう一つは足を肩幅の2倍以上開き腰を落とし肘をひざの内側にあてがいます。
ひざを力いっぱい閉じる動きと肘で開こうとする動きを同時に10秒間行います。
なるほど、相反する運動を同時に行うのですから認知証予防にはいいなと思ったのですが、これも毎日はやっておりません。

腕立て伏せは、ゲンコツで、10回を1セットでやっています。
ゲンコツを向かい合わせて、息を吸いながら曲げて、息を吐きながら伸ばします。
手の向きによって呼吸が変わってくるので要注意です。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)