起立性調節障害

「現在高校三年生になる娘の事で相談させてください。
去年夏休み明けより朝頭痛吐き気等で起きれず、一応三年生には上がれましたが、ほぼ毎日遅刻、週1.2回は欠席の状態が続いています。
主治医の先生からも起立性の症状が改善されてないので、今の学校は転校したほうが本人が楽かもしれないと言われてます。
娘は、必死に勉強してなんとか入れた高校ですし、吹奏楽のコンクールももうすぐなんでコンクール終わるまでは頑張ると話してます。」

「娘さんが、頭痛に吐き気で起きれない由、姿勢と呼吸法からのアプローチです。
首を曲げた俯きの姿勢が長いと首筋が固くなり脳への血流が悪くなり頭痛も起きやすくなるでしょう。
背中も丸くなっているように思われます。
すると腹部の力が抜けているでしょう。
故に腹部の血流が動かないので全身の機能低下し意欲が著しく減退してきます。

そこでお勧めは吹き矢の呼吸法です。
一番いいのはスポーツ吹き矢の会があちこちでやっているようですか参加されるのが一番です。
吹き矢の真似をするだけでも効果はあります。
吹き矢を遠くに飛ばすつもりでお腹にウンと力をいれて強く吐く、これを5回繰り返しますとお腹のまとまっている状態がわかります。
この状態をキープするよう心がけます。 一日にこれを何回も繰り返すだけです。

これが姿勢をよくし、血液循環もよくしていくことになります。
『長生きのスイッチ』幻冬舎刊という本が参考になります。
この著者のやり方はわかりにくいのですが、いろんな難しい症状が治っていくメカニズムはおわかり頂けるでしょう。

『吹き矢のように息を吐くのを 毎日 5~10分ほどやっています。 今までいろんなサプリや漢方や薬を飲んできましたがよくはなりませんでした。。。 こんなに効いたのは 初めてです。』と書きこんでいただきました。
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=sns_community&process=to 」

「おはようございます。ありがとうございます。
吹き矢ですか。知りませんでした。確かに姿勢は悪いのですが中学、高校でクラリネットを吹いてますので腹式呼吸だけは毎日やってますがまた 違うモノなんでしょうか?今日は昨晩二時まで起きてましたが無事試験を受けに行けました。明日も引き続きテストなんで 体力がもつか心配です。」

「毎日クラリネットですか?
姿勢が悪すぎるのか、他にも原因があるのかもしれません。
でもクラリネットは1時間か長くとも2時間くらいでしょう。

身体が固くなっていないでしょうか?
逆にやわらかすぎるということはないでしょうか?
軽く前屈して床上・床下何㎝くらいでしょうか?
吹き矢の場合は、強く短くになります。
まずはお試しになること・普段の姿勢をよくすることを始めて見てください。」

「ありがとうございますm(_ _)m帰宅したら前屈測ってみます。姿勢に関しては親子で猫背気味なんで、一緒に改善していけたらと思います。お忙しい中ありがとうございましたm(_ _)m」

「試験前まではクラリネット続けられたのでしょうか?
姿勢は悪い由、クラリネットの練習も悪い姿勢になりそうです。
そうだとすると首や背中にムリさせて、これが原因になっているかもしれません。
姿勢と自律神経は密接に関連し合っているのですが、これを理解されている方が極めて少ないのが残念です。」

「余計なお節介かと思いましたが書いておきます。
クラリネットを続けるのであれば、椅子の背もたれを使わずに、なるべく身体を真っ直ぐにしてやることを勧められてはいかがでしょうか? すでにやっておられたら、ゴメンナサイです。

朗読の会をやっているのですが、椅子の背もたれを使ってやると
声がでにくくなり大きな声が出せなくなり長続きしません。
昔の日本人は背もたれの椅子は使いませんでした。
時代劇の野戦会議の床几や蕎麦やさんの椅子のようにです。

和服の時帯を締めますがこれも身体を真っ直ぐに維持するための工夫のようです。
男性の場合ですと、さらしをまく習慣があります。
昔の親や教師は姿勢にうるさかったです。
私も母に随分いわれた記憶があります。

背もたれを使わないのと、もう一つはお腹を凹ませてクラリネットを吹くということです。
この方がお腹に力を入れやすく、私の場合、朗読時に力強い声がキープしやすくなります。
お腹を凹ませることで腹筋群が帯代わりになると思っています。
熱心に稽古されているご様子、うまくいくと『災い転じて福となる』かもしれません。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)