中東呼吸器症候群(MERS・マーズ)の予防法

2015年6月現在、中東呼吸器症候群(MERS・マーズ)の原因となるMERSコロナウイルスに対するワクチンなど根本的な予防方法はないため、マスクなどで飛沫感染や接触感染を防ぐことが予防方法となります。
https://minacolor.com/articles/show/2086#mers06

上記の記事を読んで、相変わらずマスクや手洗いを予防法としている。
マスク・手洗いが無効というのではないが、どんな病気でも死なない人はいるし回復していく人はいる。

そういう方々はどこが違うのだろう。
自然治癒力つまり免疫力の差ではないか?
自然治癒力の維持・賦活がいわれなければならないだろう。

もしそう8ならば、身体を温める・過労を防ぐなどがある。
最近のはやりでいえば「腸内環境を整える」がある。
肉や砂糖を摂りすぎないもある。

先日の夕刊紙の記事で「韓国でデマ大発生 キムチがMERSに効く」議員の発言で急拡大」を読みました。
http://ameblo.jp/runa17apr1982/entry-12042490057.html

読んでキムチは麹を使っているから、有効かもしれないと思いました。
生命活動のすべてに酵素が関係しており、酵素を使い切るとザ・エンドといわれるほどに重要です。

この酵素は麹によって生産されるそうです。
その麹にも早期熟成された偽物もあるとか、有効に働く場合もあるしあまり利かない場合もでてくるということになる。





  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)