肛門を締める

「自分は、今ピラティスをやっています。
お尻の孔を閉めた状態で、両方の太腿の力を抜くように、インストラクターに言われました。
この方法で、どなたか・・・コツがわかる方がいましたら、教えてください。」

「・鼻骨を巻き込む、これもわかりにくいかもしれませんね。

・お腹をウンと凹ませて、吹き矢の真似をして強く吹きます。
 5回くらいやるとお腹がまとまった感じがつかめます。
 多分この状態のことをいっているのだと思います。」

「アドバイスありがとうございます。
そのインストラクター曰わく、日常的の行動(歩く時・座る時)でも、上記の体の使い方をするように言われました。
日常的な姿勢を改善するしか…方法は、ないんでしょうか…?」

「身体を整えていくためにとても大事なことだと考えております。
武術やヨガでも同じことがいわれています。
でも身につけるには、日々やり続ける以外にないようです。

日本語に躾という感じがあります。
身+美で躾(しつけ)です。この意味は、しつづけることではないかと思います。

ヨガの秘伝だと教わりました。
肛門を締めることは、たいへん大事なことのようです。
身につけるのは難しいことだと認識して、それでも続けていく、
その辺りに秘伝といわれる所以がありそうです。

なお、断食しているとき、自然に肛門が締まってくるように思います。 」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)