うつ病の予防・改善

「薬のいらない体は、酵素がつくる!」からの抜粋です。

うつ病は心の病と思われがちですが、実は腸の健康が大きく関係しています。
脳はもともと腸から生まれた器官であり、「脳腸相関」といって、脳と腸は互いに強く影響し合っています。
心配事やストレスから下痢や便秘になったりするように、腸が不健康だと精神的にも不調になるのです。
「セロトニン」は気持ちを落ち着かせ、安定させる作用のあるホルモンで、「幸せホルモン」「リラックスホルモン」とも呼ばれています。セロトニンが不足すると、不安を感じたり、悲しい気分になりやすく、うつ病の原因にもなります。
そのセロトニン95%は腸でつくられており、脳内で神経伝達物質として作用する材料も、腸から脳に届けられています。
腸の働きが低下していると、セロトニン不足が起こりやすくなります。

うつ病の治療薬は、セロトニンを活性化させるものがほとんどです。
しか、脳内のセロトニンは、他の神経伝達物質とお互いに作用し合ながら、たいへん複雑な動きをしています。
薬でセロトニンだけを活性化させると脳内物質のバランスが崩れ、頭痛、錯乱、幻覚、血圧異常、意識低下、昏睡などが生じるセロトニン症候群を引き起こすことがあります。

抗うつ剤は、うつ病をかえって重症化させるうえ、依存性も強く、自殺念慮(自殺したい気しち)が生じることもあります。
人間の体は、セロトニンが不足しているから薬で増やせばいいというような、強引な対症療法でどうにかなるほど単純なものではありません。
セロトニンの活性を高め、うつ病を予防・改善するには、腸内環境を整えることと、規則正しい生活習慣、そして朝のウオーキングです。

(予防・改善のポイント)
●酵素食を摂り、腸内環境を整える
セロトニンの前駆体(脳内でセロトニンに合成される前段階の物質)を精製し、脳内に送り込んでいるのは腸内の善玉菌です。善玉菌の栄養源である食物繊維と、酵素をたっぷりと含んだ生野菜、果物、発酵食品をしっかり摂りましょう。

●大豆食品、ナッツ類、バナナを積極的に取る
セロトニンの材料は、トリプトファンというアミノ酸です。トリプトファンは豆乳や納豆などの大豆製品、アーモンドやクルミなどのナッツ類に豊富に含まれます。
またバナナはトリプトファンと、脳内でトリプトファンを合成するときに必要なビタミンB6を同時に摂ることができる、とてもすぐれた抗うつ食品です。

●ファステング(判断食)を行う
腸を元気にしてくれるのは、なんといってもファステングです。

●朝のウオーキング
セロトニンは朝日を浴びると,分泌が盛んなります。またウオーキングはセロトニンを活性化させることがわかっています。朝日を浴びながらウオーキングを行えば、セロトニンの働きが高まり、気分はドンドン前向きになっていきます。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)