熱中症予防

熱中症が騒がれる季節になりました。
筆者も脱水症を重いのやら軽いのやら体験して温度差に敏感になってきました。

特に暑い日が続いて急に気温が下がり、また熱くなるときがヤバイと感じております。
オシッコの回数が増えて、身体の水分が抜けた後で熱くなると水分補給が間に合わなくなるようです。

寒いと感じたら、身体を温める・暖房を入れるなどした方がいいようです。
水分補給は大事ですが、チビチビに飲むようします。

熱中症予防の記事がありました。
◆熱中症予防のポイント

 熱中症の予防の仕方から、ポイントとなるものがわかります。熱中症のポイントは、体温を上昇させない事、脱水症状を起こさない事、またその為に、気温や湿度を意識する事です。

・体温を上昇させない

外出する時は帽子や日傘を利用し、休憩をとり日陰などで休む事も大事です。特に体調が悪い時は休憩をこまめにとりましょう。家ではすだれなどで日差しを遮り、扇風機やエアコンを使用してください。また水に浸したタオルを首に巻いたり、熱中症予防のためのグッズなどを、上手に利用しましょう。

・脱水症状を起こさない

脱水症状にならない事が熱中症予防になる為、ペットボトルやマイボトルなどを持ち歩き、こまめに水分が摂れるようにしましょう。汗をたくさんかかない場合は、お茶や水でも良いですが、スポーツしたり炎天下の長時間の作業などでは、水分と一緒に塩分を摂る事も忘れないようにしましょう。

・気温や湿度を意識する

環境省が熱中症を予防する為に、暑さ指数を出しています。暑さ指数とは、気温・湿度・輻射熱(太陽の熱線)によって表される指標です。これで、熱中症の危険度を確認できます。また部屋には温度計や湿度計を置き、心配な時はすぐ確認できるようにしましょう。

◆まとめ

 どうでしょう。熱中症の予防の方法やポイントが、わかってもらえましたか?熱中症は辛い症状になりますし、重症になると命の危険さえあります。熱中症は危険だと認識し、予防さえしていれば、と後悔する事がないようにしましょう。
http://www.msn.com/ja-jp/health/medical/%e7%97%87%e7%8a%b6%e3%81%8c%e5%87%ba%e3%82%8b%e5%89%8d%e3%81%ab%ef%bc%81%e7%86%b1%e4%b8%ad%e7%97%87%e3%82%92%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%883%e3%81%a4/ar-BBksRBA?ocid=iehp#page=2



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を"呼吸塾">呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時 

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)