瞬間弛緩をもたらすテープ

先日、ランナーズハイ別名疲れ知らずの体験をした。
ランナーズハイが商品名になるなんて思いもしなかった。

直径5ミリくらいの黒い円盤に川の字状に突起がついている。
それを50ヶ並べたテープを指定された部位に張るだけである。

最初にチエックがある。
前屈・後屈・開脚・2Fから5Fまで階段での疲労度テストをやりこのテープを貼り付ける。

痛いところがありますかと聞かれたが残念ながらない。
貼り付けたらまたチエックを行う。
この辺は「チエック&エクササイズそしてチエック」といっている筆者の考えに似ている。

貼り付け場所は足裏と膝の内側である。
貼り付けた時点で背中がゆるむのがわかった。

従って前屈・後屈・開脚の数字がが何㎝か大きくなるのも当然である。
疲労度についてはよくわからなかった。

川の字の真ん中の縦線は円形になっており、両側のは中央部に凹みがついている由。
20年前の特許製品でもう特許切れだが、それを50ヶある特定の配列にして意匠登録しているとか。

膝や腰に痛みがあるときは膝の横と足裏に張る。
肩こりの場合は首筋胸鎖乳突筋に張る。

面白いのは左右対称に張るのだが、足裏の場合と膝は逆、首になると膝とは逆で足裏と同じになる。

今度パラリンピックで選手全員張るような話がきており、実施されるれば好成績をあげるだろうと興奮気味だった。
張った瞬間に身体がゆるむのだから、自己記録更新が続出するかもしれない。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

肩こりにクロールの動き

エアークロールという文字があった。
何のことかと思ったらクロールの真似をして両腕を動かす。

子供が生まれてから肩こりするようになり、エアークロールをやると驚くほど楽になる由、書かれていた。

エアークロールは確かにいい。
筆者も語りの教室で「クロールの動き」といって使っている。

昔、天風会で教わった一人あんまに一番最初にやる動作である。

「合掌両手ゆらし」というのもあります。

両肩・背骨を整えます。
手首から先をゆらすと効果が出にくい。

黙ってやらせるとたいてい一人か二人こういう方がいる。
それ「コツは手首の所は真っ直ぐのまま、前後に小刻みにゆらす・微震動させることです。」を付け加えた。

先日数年ぶりに姪っ子にあった。

肩を故障して調整したのだがすぐに戻ってしまう。
大部ムリをして肩の靱帯を伸ばしてしまったらしい。

そのときこの「合掌両手ゆらし」を教えた。
その後どうなったか気になっていたが、いまは完治してなんともないという。

エアークロールも合掌両手ゆらしやキラキラ星と組んでやると更に効果が出るだろう。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      



ウオーキングのときはどんな呼吸が効果的でしょうか?

呼吸と辞書を引くと「息の出入り・調子・具合・コツ」と出てきます。
質問者は実際の息の出入りをどうしたらいいですかというみの質問とは思います。

ウオーキングも目的は人それぞれでしょう。
大事なのは歩いているときの姿勢だと考えます。

ウオーキングで身体を壊される方もいるとか聞きます。
ゆがみの出ない姿勢・ゆがみ出にくい姿勢で歩くことが大切です。

呼吸と身体は密接につながっているというか、一体のものと考えた方がよさそうです。
したがって姿勢が落ち着くと自然にいい呼吸になってくると思います。

筆者はウオーキング時の姿勢として一直線平行歩きをお勧めしています。
地面に一直線を想定しそれを挟んで両足が交互に着地するように歩きます。

これだけで左右に蛇行している背骨が真っ直ぐになってきます。
10メートルも歩いて背骨を見るとハッキリすぐわかります。

それから早めに歩くときは、両肘を直角に曲げて振った方がいいでしょう。
肘を伸ばして両手を振ると遠心力の作用からかゆがみが出やすくなります。
昔の日本人は手を振らないで歩いていたというのはどうも本当のようです。

もうひとつ大事なことは膝をゆるめて歩くということです。
筆者自身が膝の突っ張りに気づき、その修整に随分時間が掛かりました。

いまでも緊張するとすぐ膝が突っ張ってきます。
せっかちな方・緊張しやすい方は膝をゆるめることを第一に考えた方がいいと思います。
固い膝で歩いていると身体が固くなりやすいです。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      



日本人としての度合いテスト試案

成田山別院の前を通ったので本堂を覗いてみた。
本尊の前に畳のスペースがあり、その後に長いすが10くらい置かれていた。

その長いすはござで覆われ、頑丈な作りで背もたれがなかった。
ヤッパリなぁ!!!

時代劇に出てくる茶店やソバ屋でも背もたれ月の椅子は出てこない。
戦国武将の床几もそうだ。

当時の日本人にとって背もたれはないのが当然だった。
それが明治になって小学校令が施行され、机と背もたれつきの椅子となった。

一般家庭への普及はブログ書いたが昭和30年の日本住宅公団の2DKに始まる。

礼法の先輩OOさんが背もたれを使わない生活がようやく身に付いてきたといったのは昨年だったかな。
ここまで来るのに何年も掛かったという。

それを聞いていた女性(この方は弓をやっている)、それは楽にできますといった。
昔の日本人は背もたれなしの椅子は存在すること自体が不思議だったのではないだろうか?

電車で背もたれを使わないでいると不自然で疲れるという感覚になる。


背もたれ感覚判定

1背もたれはあり得ない
2背もたれなくとも苦にならない
3背もたれなしを稽古中
4背もたれを使うのが普通

↑は日本人度といいかえてもいいようだ。
腰やハラということばが嘗て存在したが、それらが形骸化するのも当然だろう。

1853年、ペリーによる浦賀への黒船来航(蒸気船)とかけた狂歌「泰平の眠りをさます上喜撰 たつた四杯で夜も寝られず」はたいてい知っている。

以来、日本人は衣食住にすべて欧米化への道を突き進んでいる。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      






座礼

「猫背で困っています。
意識して姿勢を正そうとしているんですが、ふと気がゆるむと猫背になっています。
デスクワークも多く、肩も凝っています。」

エクササイズのひとつとして礼法で教わった座礼をお勧めした。
両膝を軽くつけて正座をします。
原則、女性ですと右拇指を上にして重ねます。

両手を後で組み、息をゆっくり吸いながら上体を倒していきます。
胸が太ももについたら、あるいは上体が床面と平行になったら息を吐きます。
それから息をゆっくり吸いながら上体を元の位置に戻します。
10回くらい。

この座礼エクササイズで一番重要なのは背中を真っ直ぐに維持して動くことです。
後頭部・首・背中が一直線です。
どうしても背中がまるくなりやすいですから、くれぐれも注意です。

両手を後で組むのは、準備体操のようなものである。
正式に座礼をやるとなると両手を両膝の横に置いたところからになる。
両手を前に滑らせると同時に上体を倒していく。

このときにお尻が浮かないことも大切なポイントです。
身体が出来てくるまではお尻がどうしても浮いてきます。

これはちゃんとやるとなると大変難しい。
だが身体の前後バランスを整える効果は大きい。
お尻が浮かないような身体になるまでに何年も掛かります。

猫背を直すということはこれまでの生活習慣を変えることだと思います。
それは根気と時間を必要とします。

座礼をやってチエックでは、仰向けで足の倒れが左右同じになった。
だが首の倒しやすさでは左右逆転した。
これも左右差が消えるような工夫が必要と思われる。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      



ウオーキングで指にタコができますー2

「歩くときは両足先が前を向いて平行が原則と考えております。
仰向けで右脚の倒れが大きい由、歩くときも右足は外向きかと思いますがいかがでしょうか?

両足平行で歩いていますと、身体のバランスが回復してきます。
ただ慣れない筋肉も使うことになりますから筋肉痛が出る場合もあります。
バランスが取れてくるとタコも出にくくなるでしょう。

「脛骨の前面挟み」は下記のどれに当たりますか?
・楽に挟めた
・まあ挟めた
・固くて挟むと指が疲れる 」

「実は、内股で歩く癖があって、それを直したくて、結構意識して、外向きに歩いています。
けど、自然の状態(仰向けのとき)に外を向くと言うことは、意識しなくても、改善されてるということなのでしょうか・・。

>「脛骨の前面挟み」は下記のどれに当たりますか?
「まあ挟めた」と言う感じでした」

「内股に関してはかなり改善されていると思われます。
但し股関節の左右差が出ているのが気になります。
右股関節の外旋が左に比し大きくなっているようです。

もうひとつチエックがあります。
あぐらの姿勢で足裏を合わせて引き寄せて左右両膝の高さを較べます。
これも左右差がゼロがベスト、左右差は少ない方がいいですね。

脛骨の前面挟みがそれ程固くなくてよかったです。
毎日挟んでいるとやわらかくなって、楽に挟めるようになります。
脚の筋肉バランスもよくなると思います。

書き落としましたが外股歩きがタコに関係している可能性があります。
両足平行で歩かれた方がいいと思います。
肘は直角に曲げた状態で歩いた方が、身体のゆがみが出にくくなります。」

「実は、タコの事に加えて、体調がちょっと悪かったこともあり、昨日までお散歩レベルウォーキングは、お休みしていたのですが、今日から再開しました。
そんなこともあり、お散歩時間は、いつもより短めにしてみました。

アドバイスいただいたように、足を平行にして歩くこと、肘を直角にすることに注意して歩いてみたら、
足に変にかかってた力が、軽減されていた気がしましたo(^-^)o
ワタシ、すごく単純なものですから、そのせいも割り引いたとしても、以前とは違う気がします!」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

ウオーキングで指にタコができますー1

「ウォーキング・・・とまで言えるかわかりませんが、マイペースで歩き始めて、2年目になるあむです。
歩くのが大好きなのですが、他の指と比較して、人差し指が長いため、人差し指の先にタコができてしまいます★
(のんびりペースですが、1回の散歩時間は、2時間弱です)

いつものことなのですが、先日あまりにも痛くて、歩くのにも若干の支障があったので、なんか変な病気とかだとやだな・・と病院にまで行ってしまいました★

結局、いつも通りタコだったようで、表面を削っていただき、今は痛くないのですが、「ウォーキングはいいことだけど、足の指の長さは変わらないから、またたこができないように工夫しないとね」と言われました。

同じような方いらっしゃったら、どのように対処されてるか
教えていただけますか? 」

「人差し指のタコは両足ともでしょうか?

タコの原因は歩き方にあるかもしれません。
前重心にすぎている可能性があります。」

「ありがとうございます!
最初は、右側だけだったのですが、今は両方です★
痛みが出たのは、右側だけだったのですが・・・。

言われてみたら、歩き方に癖があるので、それを治したくて、はじめは意識して前の方に力をかけていました★
すっかりそれがくせになって、ただでさえタコができやすいところに、尚更できやすくしていたのかもしれないですね!
重心、気をつけてみます!
ありがとうございました♪ 」

「仰向けになると左右の足の倒れはどちらが大きいでしょうか?
仰向けで両足の開き角度は何度くらいでしょうか?

外股・内股どちらでしょうか?
ごく普通に立ったとき、膝が突っ張っていませんか?
脛骨の両側を挟んで脛骨前面の筋肉を中央に寄せられますか?」

「仰向けになったとき、足の倒れが大きいのは右側です。

歩き方は内股気味なのですが、仰向けになったとき、足は外側に向きます。
45度くらいでしょうか・・・。

膝が突っ張っている」と言う感覚は、特にありません。
> 脛骨の両側を挟んで脛骨前面の筋肉を中央に寄せられますか?

試してみたのですが、うまく出来ていないような気がします」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

目が痛く、閉じても開けても不快

「目が痛く(眼球)目を閉じてても開けてても寝て起きても不快。
眼科に行くとドライアイと言われ、目薬をもらいましたがあまりよくなった感じもなく、辛いです。

目の涙の成分バランスが崩れているから目が乾くと言われました。
涙自体の分泌量はあるようです。
ひたすら瞬きをするのも疲れてしまっています。

なにか良い改善方法はありますか?
朝起きた時から目が痛い、だるいが一カ月も続きしんどいです。」

「首筋をゆるめる」 をご覧下さい。

首筋が固くなっていると自律神経面への影響が大きくなるようです。
一週間続けると耳がやわらかくなってきます。

カンタンです。
吐き気には効くようです。
目にも利くかもしれません。

耳を上下から挟んで二つ折りして痛みがあるときは是非おやりになった方がいいでしょう。
上記で軽くならないときは足首に原因があるかもしれません。」

「メッセージありがとうございました。
さっそく首筋をゆるめる、やってみました。
一度やってみたら、一瞬ですが目がびっくりするほど軽くなって驚きです。

PCの画面を見ながらでは辛いので、早速プリントアウトして続けてみようと思います。

私も顔に左右差があり、右目が小さく、実は今回のドライアイも一週間ほど前から右目が特に乾いた感じがしたりしています。
首を倒してみても右側が倒し辛い感じですし、膝もあぐらをかいて足裏を合わせると右側の膝が高いです。

>足首に原因があるかもしれません。

とのことですが、思い当たる節があります。
履きなれない、きついヒールの靴を長時間履いていました。

ご親切に教えていただきありがとうございました。
是非、いろいろ試してみたいと思います」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

冷え性の方の猛暑対策

「毎晩暑い夜が続いていますね。
今も靴下の四枚重ねで眠っていますが、夜中寝苦しく、どうしても暑さで目が覚めてしまいます。
初めに眠る前は、クーラーを入れて、眠る時に消していますが、この熱帯夜、夜中に暑さで目が覚めてしまいます。しばらくクーラーを入れ直してまた眠るを繰り返していましたが、あんまりなんで、夜中二枚脱いで、二枚にして眠りました。

しかし、最近は、朝方になると、身体は汗だくなのに足元がまた冷える気がしています。
みなさんはどうやって、この今年の猛暑の熱帯夜を乗り切られてますか?」

「寝る時に除湿28℃にして寝てますが、冷えないように靴下・レッグウォーマーを履いてます。
あとはカップ付きキャミソール、5分袖シャツ、長ズボンです。
腹巻きも良いと聞いたのですが、夏場はどの素材が良いんですか?」

「腹巻きは絹製がいいかもしれません。
冷え対策の前に温度設定を考えた方がいいと思います。
冷え性をお持ちであれば温度設定しないで除湿のみがいいかもしれません。

一度上げただけでも違ってくるでしょう。
暑い・寒いは個人個人違いますから平均値に惑わされず自分の感覚を基準に考えた方がいいと考えます。」

靴下の重ね履き、湯たんぽ、シルクのズボン下、綿のズボン、上半身はシルクのタンクトップが冷え性の定番メニューらしい。
その上、猛暑続きのなかでクーラーなしの方もいる。

「たっぷり汗をかいて夜中に毒出ししています。
毎日グッスリで毎朝汗ビッショリで、毎朝スッキリで最高の目覚めです。
湯たんぽに氷マクラ、夏の贅沢です。」と書かれていた。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

しなやかに鍛えたいー2

「脚の前面挟みの際、脛骨の外側に触れると外側にピンと張ったひも状の腱みたいなものがある。
それが固く強靱だった。
それがゆるんできている。」と先日書いた。

これは左脚である。右脚はまだ固い。
これは「脚の前面挟み」を左脚を重点的にやってきたかららしい。
こんなにも差がつくのか?と思うと共に脚の前面挟みの効果を改めて認識している。

ホームラン級の発見と書いたこともあった。
毎日触っていると変化がわかる。
左脚の方がむくみがひどかったが、いまは以前の半分以下である。

1年前に較べたらそれこそ夢のようといってもいい。
張りとむくみで挟めないほどに固かった。
この固さが取れて、むくみがあるもののやわらかくなっていた。

筆者の場合、右脚が左右バランスを担当し右脚が前後バランスを担当しているらしい。
左右バランスは両足平行に立てば揃ってくる。
前後バランスは少しわかりにくい。

大抵は前重心になっている。
したがって脚の前面が緊張し固くなりやすい。

バックウオーキングがよく利いたのもこの前重心調整の効果と思われる。
茶筒ー身体のたてゆらしもなるべく後重心がいいらしい。
脱力してやれればいい。

後は普段の歩き方である。
如何に前重心にならずに歩くかに掛かっている。




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      





怪しいお話し

「変な人を相手にしていてよくおかしくなりませんね」といわれたことがある。
ミクシイで「からだのゆがみは自分で直そう」というコミュをやっていて変な人もいるようである。

実をいうとこの10日くらい調子落ちしている。
連日猛暑の所為もあるし、塩分不足も影響している。

だがそれだけではないような気がする。
恐ろしく自信喪失・不安感が湧いてきている。
昔、陥っていた不安神経恐怖症がぶり返したような気がした。

メッセージやコメントを書き込んでくださった方のなかにそういう方がいたのかもしれない。
筆者はそれに反応した可能性もある。
それと書き込まれた文字が変なものを運んできた可能性もある。

筆者の姉は婦人会等で寺参りなどをすると、なにかに取り憑かれるあるいは肩に乗っかられるとかあったという。
そういうときは、見てくれる人のところへいって見てもらい、そうであれば払ってくれる人のところへいって払ってもらうのだそうである。

ある治療師さんが書いた文章があります。
『OOさんは時々見ていた方が、これまでの症状とは全く違った症状で見えた。
本人にもこれと言った覚えも事故もない。

「いつからですか?痛みが出たその日か、その前日に何がありましたか?」
と、聞いてみると「母の祥月命日の法要があって・・その日の夜からです。

OOさんのお母さんは、椎間板ヘルニアの手術もされたとか。
心の中で説得を続け、行くべきところへ行かれるようにと祈ってあげながら、全身治療を続けるとスッキリされた。
死んだ後も、病気・不調に悩まされ続ける者が多いようである。』

筆者はこの辺の消息は詳しくないが、最近はそういうこともあると肯定するようになってきた。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

塩分強めでいきたい

8/14の日記
「どうにもやる気がでない。
頭の回転も鈍っている。

日記を書こうとしても文句が浮かばない。
そんな日が続いていた。
空調の効いているところにいると落ち着かない。

ハッと思い出した。
塩分不足だ!
毎日暑いし汗はかく。
ここのところ、あまり味噌汁も飲んでいなかった。

昔、獄中の凶悪犯罪人に塩分制限をしたという話を読んだことがある。
腑抜けになるそうである。

いままさに腑抜け状態。
塩分不足の話は随分読んだし聞いている。
ミネラル不足、特にマグネシューム不足が恐ろしいということを書いたこともある。
http://kokyujyuku.hp.infoseek.co.jp/zuiso0302.htm#20030201

ところが肝心のときに忘れている。
アルコール飲むのを忘れないのに、味噌汁を飲むのを忘れている。
逆である。

早速、味噌をお湯に溶いて流し込んだ。
少しはシャキッとしたような気がする。」

8/17の日記
「先日、塩分不足と書いた。
考えてみりゃ、ズッーと続いていた。
元来、陽性にうまれて陰性のモノを多く摂ることになる。
アルコールしかり、甘いモノしかりだ。

甘いモノはひどい目にあっているので溺れることはないが、アルコールはまだ続いている。
冷え性になり寒がりになったのも、やる気のでないのも塩分不足と関係している。
この辺の知識は十分あったはずなのに、全然いかされていなかった。

九州で真冬に鯉を手で素掴みする漁法があると聞いたことがある。
そのときは醤油を飲んで川に入るのだという。

醤油の陽性が寒さ・冷たさに対抗出来るということである。
漁が終わったら風呂に入れば余分な塩分は身体からすぐに出て風呂の水の色が茶色になるという。

この話を思い出して醤油ウオーターも試している。
塩分少なめが現代の常識みたいだが、ボクは塩分多めでいくことが必要らしい。

少しはやる気も出てくるようである。
日記やブログの文章がスラスラ出てくればまずまずである。
この辺はマクロビオテイックの基本的な考え方である。
少し距離を置いたら大事なことまで忘れていた。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      


しなやかに鍛えたいー1

筋力は年と共に衰えて来ている。
特に左腕は著しい。
右腕も落ちているはずだが左に較べれば少なく左腕が目立つ。

なんか運動法を考えなければと思っている。
脚の方も筋力低下を防ぎもっと強くしたい。
だが固くはしたくない。

ある面、固くなるのと鈍くなるのは同居している部分がある。
強くはしたいが鈍いのは困る。これ以上鈍くしたくない。
やわらかさとともに強くしたい。

それが「しなやか」と教わったことがある。
「人体は五重の等」をHPに書いたのは2001年である。
そのころは知識も感覚まだまだ貧弱だった。

日記を書きながら脚の前面を挟むと?だいぶやわらかい感触がある。
嘗ての弾き返されるくらいの張りは消えてむくみが表に出てきている。
このむくみも「脚の前面挟み」をやると消えやすくなっている。

やるほどにむくみがとれていく感触が味わえるようになった。
昨年の5月以降よく脚の前面挟みをやってきている。
最近よくやっているのは茶筒ー両足平行にしての上下微震動である。

この茶筒も片足茶筒と両足茶筒がある。
片足茶筒は下肢の強化には卓効がある。
だがその利き目がわかるほどにやると固く張りがでやすくなるものらしい。

回数を少なめにして毎日やる。
いまは左右の片足30回くらい同じく両足で30回くらいである。

その内にもっと回数をふやすかもしれない。
この辺は上手に身体を騙していくような気持ちである。

脚の前面挟みの際、脛骨の外側に触れると外側にピンと張ったひも状の腱みたいなものがある。
それが固く強靱だった。
それがゆるんできている。

当初は膝に近いほうがゆるみ、それが足首近くに近かずいてきている。
これで懸案の跪座(きざ)で両踵が楽につくようになるかもしれない。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

足腰の感覚を育てるー2

「腰掛けたとき、両膝をつけた方がいい。そうすると身体ゆがみにくいですよ」ということをお話ししたことがあります。

そしたら何日かして「あれは大変きついですねえ」といわれた。
そうなんです。なかなか努力しても両膝をつけて座るのはきついです。

自分でも何度かやっているので、きついというのはよくわかる。
身体のやわらかい方でなんでもなくお出来になる肩はいるかも知れない。

また小さいとき親からそう躾られた方も楽々おできになることだろう。
だが一般的にいうと、腰を掛けるとき両膝をつけていることは苦痛に感じる方が圧倒的多いと思われる。

先日書いたように骨盤の傾きと両膝の開閉が密接に関係しているらしい。
筆者の場合は骨盤を少し前傾気味にすると両膝はつけやすくなる感触ある。

人に話すときも、「まず骨盤を少し起こしそれから両膝をつけるようにすると割とやりやすくなるようです」となるだろう。

電車での人の姿勢を見ていると日本人の姿勢が今後ますます悪くなっていくことが予想される。

正座はなんとか格好はついてきたが椅子での姿勢が全く出来ていないし落ち着かない。
両膝を開いた運用法は、それはそれであるのだろうが、それはまだまだ先の話だ。

タイトルを「足腰の感覚を育てる」としたが、それは「立つこと・座ることへの感覚を育てる」ことでもある。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

簡単な足腰強化法

「気を付け、の姿勢をするとへその辺りから左右不均衡で体が歪んでいます。
昨年夏から腰痛持ちになってしまい整骨院には通ってるのですが、体の歪みを直すにはどうすればいいでしょうか。
両足で立つと歪みは目立ちますが、片足で立つと歪みは目立ちません。」

「4つのチエックをまずおやり下さい。
それから片足立ち左右1分宛です。

それから4つのチエックでどう変化したかを書き込んでください。
片足立ちもなれてきたら上下微震動させると更にいいでしょう。

片足立ち上下微震動左右それぞれ30~50回くらいやっているとバランスは整ってきますし足腰も強化されますよ。」

人間は2本足で立ち歩き出したが故にゆがみが発生する。
多少に関わらず左右不均衡になる。

なるべくゆがみは少ないに越したことはない。
ゆがみが大きくなれば痛みやコリが酷くなってくるし、ゆがみがひどくなってくればその分内蔵の負担も片寄ってくる。

ゆがみに気がつくまでの人生、生まれてから気がつくまでにの人生の大半において作ってきた身体の癖である。
普段の姿勢や歩き方にそれらは必ず出てくるモノである。

従って普段の姿勢や歩き方をただすのが基本中の基本であろう。
だがそれらは歴史を逆転させるようなもので、継続させることはなかなか難しいモノである。
エクササイズを考える場合も姿勢や歩き方やそれらに近いモノからやるのが順当と考える。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      








肩胛骨のゴキゴキ

「おしゃかさゆらし」というエクササイズがある。
キラキラ星ともいう。

肩の調整に威力がある。
日記には既に書いたが、長年の懸案だった肩胛骨のゴキゴキが取れ始めている。

キラキラ星は左右両手を上と下でゆらすのだが、これの変形バージョンとして出てきた。
身体の斜め前方あるいは斜め側方でゆらすのである。

時間はそれぞれ10秒か20秒くらい、回転ゆらしである。
幼稚園でやるキラキラ星を斜め方向で素早くやる感じである。

右肩後廻しをやってもゴキ音は出ないし、左肩は前廻しの方がゴキ音が小さくなっている。
何年前からか、背中で上下から両手を廻すと右手が下から左手を上にすると指先が触れなくなっていた。

それがこのエクササイズをやると取りあえずは指先が触れるようになったのだ。
無論、また固くはなるが続けていけば楽に触れることができるようになると期待している。

まだ名前が決まっていない。
おしゃかさまゆらしでは相応しくないし、別の名前が必要だ。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      



足腰の感覚を育てるー1

「日本人総腰砕け」を書いたのは昨年の7月である。
だが自分が日々どれだけ実践しているかと問うたとき、内心忸怩たる思いがする。

礼法教室に月に二回参加しているし、そのときは一応キッチリ稽古はする。
それ以外の日常はどうかである。

正座の時間は全く以て微々たるもの、やっているとはいえない真似事程度である。
椅子ではなくあぐらが多い。

しかも左肘をテーブルについてのPC作業が多い。
気がついて止めてもじきにまた左肘をついている。

このPC作業を正座に変えようと考えて始めたところだ。
そのときの骨盤の角度が問題らしい。

こういうことばが出るということは骨盤にようやく意識がいき始めたということでもある。
そういう感覚が微かに芽生えてきたように思える。

正座をすれば両膝はあまり開くことなく正座出来るようになってはきた。

だが椅子掛けだと両膝がかなり開く。
両膝を閉じ骨盤を少し起こす必要があるらしいが、その感覚がまだ生まれていない。

これも、ある時間やりこまないとダメなようである。
背もたれを使わずに腰掛ける人のことを書いたことがある。
やり込むことで身体が整い感覚が育っていくものらしい。

昨日電車でつり革を握って立つと、前の座席は七人全員女性である。
その内四人は両膝の間隔20㎝くらい、こぶしひとつくらい開いて両足もほぼ平行の方が二名、残りの一名は膝はこぶしひとつくらいだが両足を前後に大きく開いていた。

当然この人達は背中を座席の背にもたれて腰掛けている。
昔の人が姿勢をうるさくいっていたのは、そういう身体の感覚が少しはあったのであろう。




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      




正座のすすめ

中学生くらいまで食事のときは正座をしていたと思う。
その後は母に正座をといわれながらも、正座ではなくあぐらになっていった。
相当に正座正座といわれた記憶がある。
あの頃から正座をしていればよかったと今になって思う。

あぐらだと骨盤が後傾しやすくがに股になりやすい。
筆者はがに股でO脚でおまけに外反母趾である。

礼法教室に参加するようにようになって正座というものが理解できるようになった。
今は人にも勧めている。
なにしろチャンと座ればシンメトリー(左右対称)の身体にすぐなれるのだ。

最初は正座をしても膝が開いた。
子供のころは正座をしても、こぶし三つ分くらいは開いていた。
いまはほぼピッタリ膝はつくようにはなった。

少し時間が立つと少し開いてくる。
それでもこぶしひとつ以下であるからしてまあまではある。

だが自分のなかでは、膝が開いていくことへの微かな違和感が生じている。
この辺の動きは、なかなか感覚を以て捉えられないものらしい。
なにしろ下半身は姿勢の維持にそのエネルギーの大半を使い、それはほぼ全自動で運営されているからだろう。

膝が開くかどうかは骨盤の角度によるらしい。
少し前傾気味くらいだと膝が開きにくい。

電車でよく見かけるのは足を広げた姿勢で両膝を付けて座っている女性です。
こういう方は立ち姿勢でも同じように足を拡げて立ち両膝は閉じている。

こういう方はたいてい外反母趾だという文章があった。
筆者はそこまで観察していなかったので今度よく見ておこうと思っている。

このタイプは股関節が内旋し骨盤が後傾していると思われる。
外反母趾がメチャクチャ増えたのは、履き物の影響の他に正座の習慣がなくなってきたからでもあろう。

朝ドラ「ゲゲゲの女房」では昭和41年に椅子つきの食卓に変わっている。
それから40年以上にはなる。
50年前の医学部の教科書に外反母趾の掲載はなかったといった某大学教授のことばが耳に残っている。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      



無我・無心

手の内という表現がある。
剣や弓の武術用語かなと思ったら、そんなことはない。

辞書には「手の平・手並み・権力の範囲・こうしようと思う心の内」とある。
忍術では隠し武器をさす。

古典芸能ではどういわれているだろうか?
礼法の先生は、小指の締めとか手首の締め・たなごころというような表現を使われる。

身体が出来てくると、ああそうかとわかるものらしい。
身体が出来ていないと、いくら説明されてもわからないもらしい。

伝統芸能のように幼時から仕込まれたら自然と身に付くのかもしれない。
手技の先生が使われたこともあった。
最初はボンヤリとわかって、それこそ「薄墨をなずるがごとく」深まっていくのかもしれない。

親指の伸ばし具合
小指の締め具合
五指のある状況

と書いてみたが、みな身体の状態をさす表現となった。
これに対するこころの状況も当然あるだろう。

途轍もなく精妙な手の内があるようです。
不立文字で文字にすることが難しい世界になるのかもしれません。

これまで締めといういいかたで書いてきたのですが、今回始めて締め具合と書きました。
締め加減でもいいのですが、人によってはゆるみ加減というかも知れません。

締めるでもなく、ゆるめるでもないのだろうと考えています。
こころの状況というと、とらわれのない状況から無我とか無心とかの表現になりそうに思います。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

バランスの見方は?

「よく腹筋と背筋のバランスの悪さが腰痛のときに指摘されますが、どうチェックしたら自分は腹筋が強い弱い、逆に背筋が強い弱いを判断できますか?

バランスが良くなるように鍛えれば腰痛が軽減されることを期待しています。
その判断項目を知ってる方いたら教えて下さい 。」

「鍛えるというより固くなっているのをゆるめる、あるいはバランスを整えるという表現が合っているように思います。
やりようは沢山あるのですが大切なことは呼吸と同調させることと考えております。
呼気と吸気がありますが、これを違えると逆効果になる場合が多いです。

例えばうつ伏せで肘をついて上体起こしをする場合、息を吐きながら起こすか・息を吸いながら起こすかです。
ボクの場合は息をゆっくり吸いながら起こし、息を吐きながら戻すになります。
これを逆にやると身体は固くなりゆがみが大きくなります。

仰向けで上体起こしいわゆる腹筋を鍛えるといわれている動作があります。
これもボクの場合は息を吐きながら上体を起こし、息を吸いながら戻すになります。

このチエックのひとつに立位体前屈を使っております。
軽く曲げていってどこまで曲がるかで比較をします。
固くなるようであれば×、やわらかくなればOKとします。

もうひとつは整体等で使われるバンザイ検査でみます。
これもやり方はいろいろあるのですが、バンザイをして両手の長さなどで比較をします。
左右差が大きくなれば×、左右差がゼロならばベスト・減少すればOKというように見ております。」




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

酷い腰痛、肩凝り、首痛、頭痛ー9

「足裏を合わせ股関節伸ばしの結果
1股間節の左右差
 ①やや外向き・・・・・・・・・・・・・・・左が外向きで右がほぼ真っ直ぐ
 ②左が外側 ・・・・・・・・・・・・・・・・変わらず
 ③左6センチ右4センチ・・・・・・・・・・左4センチ右2.5センチ

2 肩関節の左右差
①左が0.5センチ長い②右が1.5センチ長い・・・①左が0.5センチ長い②右が0.5センチ長い

3床上8センチ位・・・・・・・・・・・・・・床上3センチ位
4右が倒しにくい・・・・・・・・・・・・・・右がやや倒しにくい

5背中の反り
手のひら2.5枚位・・・・・・・・・・・・・・手のひら2枚位     」

「次は②座位開脚体前屈です。

出来たら直角になっている壁に向かってやります。
開脚して両足を軽く拡げて壁につけます。
そこに目印を付けてください。

息をゆっくり吐きながら両足を閉じる方向に力を入れます。
息をゆっくり吸いながら戻します。
10回くらいやって軽く開脚してください。
当初より拡がっているか、何㎝拡がったかを確認します。

それが確認できたら4つのチエックで変化を書き込んでください。
しばらくは開脚のみで前屈はまだやりません。」

「②座位開脚体前屈やってみました。
右が2.5センチ左が3センチ広がりました。

1股間節の左右差
 ①やや外向き
 ②左が外側
 ③左4センチ右2センチ
2 肩関節の左右差
①ほぼ同じ②右が0.5センチ長い
3床上3センチ位
  
4右がやや倒しにくい 」




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      


頭の形、○△□

7/16の日記である。
「芥川賞と直木賞の受賞者が発表された。
芥川賞は純文学、直木賞は大衆文学とされる。

芥川賞の受賞者は陰性ならば面長、直木賞の受賞者は陽性だから丸顔と単純に思った。
写真を見るとそう見える。

歴代の受賞者が果たしてそうかどうか?
だが一方ではそんな単純なものではないだろうとも思う。

陰陽はそれこそ糾える縄のごとく表に出てくる。
誰でも陰陽両面をもって存在している。

だが顔の長短はそれ程目まぐるしく変化しない。
幼児の丸顔から長くなりまた横に拡がっていくらしい。

身体の状況に応じて変わってはいく。
だが根底の体質は変わらないと思われる。

身体の最上部の頭部が丸ければ陽性、細長ければ陰性とみる。」

〇△□は左側の○が一番陽性である。
筆者は子供のころ、丸顔だったがいまは縦長になってきている。

縮れ毛だったのが、直毛まではいかないが伸びて少しウエーブの掛かった毛になってきている。
逆に面長だった丸顔あるいは角顔に変化する方もいる。

赤ちゃんは陽性だから基本的に丸顔である。
それから次第に本質的な陰陽が現れて、そこから変化していくものらしい。

陽性であれば陰性へ、つまりは丸顔から面長な顔へと変わっていく。
逆に面長であれば丸顔あるいは角形に変わっていく。

その変化の原動力は日々の食物の陰陽にあるらしい。
基本の体質が陽性であれば陰性の食物がおおくなり、陰性であれば陽性の食物が多くなるのは必然であろう。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      



酷い腰痛、肩凝り、首痛、頭痛ー8

「腰掛けてのかかと落としやってみました。20回2セット

1 股間節の左右差
 ① 外向き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・変わらず
 ② ほぼ同じ・・・・・・・・・・・・・・・・・・右
 ③ 左15センチ右10センチ・・・・・・・・・・左12センチ右10センチ

2 肩関節の左右差
 ①左が0.5センチ長い② 右が0.5センチ長い・・・・①ほぼ同じ②ほぼ同じ
3床上10センチ位・・・・・・・・・・・・・・・床上5センチ位
4 右が曲げにくい・・・・・・・・・・・・・・・変わらず      」

「かかと落としの結果は大変よく利いているようです。
毎日必ずお続け下さい。

但し、股関節の左右差が消えるまでです。
両膝の高さが一致したら両かかと交互にやってください。

腰の反りを見てください。
柱に背中を着けてヘソ裏に手の平を入れてください。
隙間が手のひら一枚か枚かゲンコツくらいかを見てください。

④あぐらで足裏を合わせ股関節伸ばしをもう一度やってください。
この場合は、息をゆっくり吸いながら腰を前に押し出します。
息をゆっくり吐きながら戻します。
やる前とやった後を、バンザイ・前ならえ・前屈でチエックして下さい。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

酷い腰痛、肩凝り、首痛、頭痛ー7

「今晩の状態と翌朝の比較です。

1 股間節の左右差
 ①やや外向き・・・・・・・・・・・・・・・・外向き
 ② 右がやや外で前に倒れている。・・・・・・・右
 ③右5センチ 左10センチ・・・・・・・・・・左
2 肩関節の左右差
①左が0.5センチ長い② 右が0.5センチ長い・・・・①ほぼ同じ②右が0.5センチ長い

3床上10センチ位・・・・・・・・・・・・・・・床上25センチ位  
4首は右側が倒しにくい・・・・・・・・・・・・ 両方とも同じくらいでした。
今朝は背中、わき腹、首、肩の痛みが結構あります。」

「枕なし南頭で肩関節の左右差が軽減されますから、頭痛の軽減に役立つと思います。
しかし前屈2㎝→25㎝はなにか問題がありそうです。
朝一番だから身体が固いということだけではなさそうです。

1-③右5センチ 左10センチと股関節の左右差が大きいです。
下記をお試しください。
まず4つのチエックです。
椅子に両膝を軽く着けて腰掛けます。
左足先を5-10㎝くらい上げます。

その状態をキープしながら左膝を上に10-20㎝くらい持ち上げて
かかとから床に落とします。
10-20回くらい。

あぐらの姿勢で足裏を合わせて両膝のいちを較べて下さい。
左右差が半減していなければもう1セットです。
それから4つのチエックで変化を書いて下さい。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

アゴのひどいニキビ

「ここ数年、生理前のイライラがとてもひどく、あまりのストレスの強さから夜甘い物を食べまくったせいかあごにひどいニキビが出来てしまいました…。
赤くはれてむっちゃいたいです…。

今は野菜中心の食事に切り替えて牛乳飲んだらイライラは少しましになったんですが、ニキビの治りがどうも思わしくありません。

できてから3日くらいたつのにまだ痛いです。
早く治す方法ありますでしょうか?」

「甘いものを止めるのも大事なのですが同時に鶏の唐揚げなども止めた方がいいですよ。」
「唐揚げが良くない理由は何ですか?」

「陰陽の考えからです。
鳥の唐揚げは陽性のものを油で揚げていますから顎のしかも表面にニキビとして出やすくなるのでしょう。

上昇し拡散するものは陰性、逆に下降し収縮すものは陽性とみます。
油は陰性、鶏は陽性です。
陽性のモノを油で揚げるとどこに出るか?

頭部という人体では一番陰性な部分です。
頭部で陰性な部分というと顎になります。
油で揚げているので、表面の皮膚に出るということでしょう。」

「足の毛穴がブツブツと赤かったり茶色っぽかったりしてるのですがこれってなんですか??
なんでこんなになるんだろう??
どうしたら直りますか?? 」

「もしお肉がお好きでよく召し上がっているようであれば、ウンと減らされた方がいいと思います。」

「返信ありがとうございます。
そうなんですか…お肉あまり食べない方がいいのはどうしてですか?? 」

「陰陽の考え方からです。
肉は陽性ですから身体の下部に影響がでるようです。

摂りすぎると身体は排泄しようと勤めます。
さらには胴体の下部骨盤内臓器にも影響が出るかもしれません。」




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      




酷い腰痛、肩凝り、首痛、頭痛ー6

「>肩、首の痛み、背中の張りは変化ありません。
↑は前屈が2㎝になった時点での状況を伺っております。
正確に書いて下さい。
今朝の書き込みで前屈で25㎝ですからまた戻って以前より固くなったということでしょう。

お休みのときは頭はどちらを向いていますか?
もしかしたら仰向け南枕ではないでしょうか?」

「前屈は柔らかくなりましたが肩、首、背中の症状に変化はありません。
寝る時には西枕で仰向けで寝ています。
朝一番だったので前屈がかたくなっていたんじゃないでしょうか。」

「方位に敏感に反応する方もいます。
東西南北それぞれ仰向けでバンザイをして
どの方位が一番差が少なくなるかを見てください。」

「ベットでお休みならば、ベットがやわらかすぎるということはないでしょうか?
枕の高さはどの位ですか?
バスタオル等で高さを変えて落ち着ける高さ、低めの高さにした方がいいと思います。」

「寝る時は布団です。
枕はかなり低めですけど逆に低すぎるんでしょうか?」

「枕の高さは何㎝くらいですか?
枕をしてバンザイ、枕なしでバンザイしてどちらが左右差が少なくなるかを見てください。」

「枕の高さは5センチ位です。
チェックするのはバンザイの差だけでいいんですか?
枕なし
1センチ右が長い
枕あり
2センチ右が長い」

「現在の枕は高すぎるようです。
↑の結果から枕なしの方がよいということになります。

枕の高低はすぐおわかりになったでしょう。
同じように方位もすぐ東西南北チエックして下さい。
取りあえずバンザイだけで結構です。」

「東→右が2センチ長い
西→右が2センチ長い
南→右が0.5センチ長い
北→右が1センチ長い でした。」

「上記からは南枕がベストということになります。
出来たら今晩から仰向け南枕でお休みの上、朝チエックをしてみて下さい。
今晩のバンザイ・前ならえ・前屈と明朝のとを較べて下さい。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      


酷い腰痛、肩凝り、首痛、頭痛ー5

「やる前のチェック忘れました。以後気をつけます。
両方とも吐きながら倒し、吸いながら戻しました。
バックウォーキングやってみました。

1①外向き・・・・・・・・・・変わらず
 ② やや右が傾いている・・・左が傾いている
 ③左高い・・・・・・・・・・変わらず

 ①右が0.5センチ長い・・・・変わらず
 ②ほぼ同じ・・・・・・・・右が0.5センチ長い
3床上8センチ・・・・・・・床上3センチ」

「④あぐらで足裏を合わせ股関節伸ばし
膝は床から何㎝くらい離れていますか?
息をゆっくり吸いながら腰を前に出し、息をゆっくり吐きながら戻します。
これもやる前とやった後を、バンザイ・前ならえ・前屈でチエックして変化を書いて下さい。」

「股関節伸ばし(吸いながら伸ばして吐きながら戻す)やってみました。

1①外向き・・・・・・・・・・・・・・・・・・・変わらず
 ② 左が傾いている・・・・・・・・・・・・・・変わらず
 ③左7センチ位で右4センチ位・・・・・・・・・左5センチ位で右3センチ位

2①右が0.5センチ長い・・・・・・・・・・・・変わらず
 ②右が0.5センチ長い・・・・・・・・・・・・ほぼ同じ
3床上3センチ・・・・・・・・・・・・・・・・床上2センチ

上手く腰を前に出すことが出来ません。
腰がかなり反ってしまったり状態が前傾姿勢になってしまいます。」

「大きく腰を前に出す必要はありません。
要は呼吸と動きがマッチしていることです。

⑤足裏合わせての前屈
息をゆっくり吸いながら前屈しゆっくり息を吐きながら戻します。
やる前とやった後でのバンザイ・前ならえ・前屈で比較をします。

前屈15㎝→2㎝となって、腰痛、肩凝り、首痛、頭痛の方はいかがでしょうか? 」


「股関節の前屈やってみました。

1①外向き・・・・・・・・・・・・変わらず
 ② 右が傾いている・・・・・・・変わらず
 ③左10センチ位・・・・・・・・変わらず
  右5センチ位・・・・・・・・・右3センチ位

2①右が0.5センチ長い・・・・・・変わらず
 ②ほぼ同じ・・・・・・・・・・・右が1センチ長い
3床上25センチ・・・・・・・・・床上10センチ

肩、首の痛み、背中の張りは変化ありません。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      


体温調節が出来ませんー3

「質問があります。
滅多に風邪を引かない(ひきそうになってもビタミン剤をひきそうになったときにとるので風邪が治る。)
わたしですが、今回高熱がで、くしゃみもとまらずまだ大変な思いをしています。

風邪は整体から見ると体の歪んでいる証拠だと聞き、どういう意味かがわかりませんし、何処がと思っています。それに、体のゆがみからきているのなら、どうゆがみをなおするかもおしえてください。お願いします。」

「高熱の由、第一大根湯をお試しください。
発汗解熱に卓効があります。

風邪は排毒現象ともいわれています。
これで取りあえず体内の急を要する毒素が出て行っているのだ位に考えると気が楽になるでしょう。
もしゆがみも調整したいのであれば4つのチエックをやられて書き込んでください。」

「排毒ですね。必要です。
早速飲んでみました。
大変な味なので、苦労して飲みました。

普段醤油を使わないせいか、この味が口の中に残っているのがわかります。
まだ喉がひりひりしています。大根おろしがコップの底にすこし残ってしまいました。

確かに顔から汗が出ますが、体からは未だのようです。
もう一度 夜飲んでみます。」

「>大変な味なので、苦労して飲みました。
美味しくないですか?
材料や醤油の分量等に間違いはなかったでしょうか?

苦労して飲むものではありません。
美味しくなければ中止してください。」

「夜ももう一度飲みましたので、熱は完全に平常に戻りました。
排毒のつもりで飲んでいますから、味が悪くても飲めます。

良薬口に苦しです。分量は目検討でしたが、検討はだいたいあっていると思います。
私は醤油があまり好きではないからでしょう。

今日朝、ヨガにいき(病後初めていった)汗をまたかきました。今週はもっと元気になるとおもいます。
また熱が出たらやってみます。」

メチャ美味だという方もいれば、こういう方もいる。



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      


酷い腰痛、肩凝り、首痛、頭痛ー4

「④あぐらで足裏を合わせ股関節伸ばし(あぐらで足裏を合わせて腰を前に押し出す)
この場合は、息をゆっくり吸いながら腰を前に押し出します。
息をゆっくり吐きながら戻します。

やる前とやった後を、バンザイ・前ならえ・前屈でチエックして下さい。
もし身体が固くなり左右差が大きくなるようならば、呼吸を逆にしてチエックです。」

「座位前屈やってみました。

1①右ほぼ真っ直ぐ左外側
 ② 左
 ③左高い
2①ほぼ同じ
 ②右が0.5センチ長い
3床上8センチ」

股関節伸ばしやってみました。

1①やや外向き
 ② ほぼ同じ
 ③左高い
2①ほぼ同じ
 ②右が0.5センチ長い
3床上5センチ

前屈がかなり柔らかくなりました。
嬉しいです。
しかし今日は肩と首の痛みと背中の張りが結構きついです。
書き物を長い時間したからでしょうか?」

「『やる前とやった後を、バンザイ・前ならえ・前屈でチエックして下さい。』と書きました。
座位前屈について、やられる前のチエックがわかりません。
2と3から合っていると思いますが、呼吸はどちらでやられたのでしょうか?

股関節伸ばしもOkのようですが、こちらの呼吸はどちらですか?
>しかし今日は肩と首の痛みと背中の張りが結構きついです。
書き物を長い時間したからでしょうか?

バックウオーキングを力んでやられたのではないでしょうか?
その後遺症とすると2-3日は続くかも知れません。
バックウオーキング、全身脱力でと書きました。
やられていないようならばやって結果を書き込んで下さい。
筋肉痛を軽減すると思います。」



  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
      

酷い腰痛、肩凝り、首痛、頭痛ー3

「ストレッチというのは一般論としてきいていらっしゃいますか?
身体に合っているかどうかです。
合わなければ、身体は固くなりゆがんできます。

ボクがお勧めしているエクササイズも、合わなくなれば×です。
やりすぎても身体は固くなりゆがみが大きくなり×になります。

もし毎晩やられているのであれば、ひとつひとつ検証が必要でしょう。
要はやり方次第ということです。
やられているストレッチを文字に出来たら書いて下さい。
お役に立つように変更応用は出来ますよ。」

「1 座位体前屈
2 座位開脚体前屈
3 座位開脚体側屈
4 あぐらで足裏を合わせ股関節伸ばし
5 上記の態勢から前屈

基本はこんな感じです」

「上記のストレッチをやられるときの呼吸はどういう呼吸になっていますか?」

「特に意識せずに普通に呼吸してます」

「上記にに書かれたストレッチを実験していきましょう。
1 座位体前屈

息をゆっくり吐きながら前屈し息をゆっくり吸いながら戻します。
やる前とやった後を、バンザイ・前ならえ・前屈でチエックして下さい。

もし身体が固くなり左右差が大きくなるようならば、呼吸を逆にしてチエックです。」




  いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 そのやさしいチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。