野球肘ー3

「ご説明いただいた、両手の平を下に向けます。
引くときは肩・肘を固定し肘から先を曲げて、水平を維持しながら引き寄せます

のイメージがまったく出来ません・・・・もう少し具体的にお願します。
両手を下に向ける時腕はどのような状態ですか?伸ばした上体ですか
腕を下に下ろし小さく前習えの様な状態で手のひらを下に向けるのですか?

水平を維持しながら肘だけ使い引き寄せられる体制がわかりません
腕をきおつけの状態から、横に上げ肩と平行にし手の平を下に向いたまま肘を
前に曲げた上体でゴムを持ち肘だけで引くのでしょうか?
教えてください

それと合掌揺らしは胸の前で合掌した後、頭と胸の前の上下に揺らすのか、
身体から離し胸に引き寄せるような前後の揺らしどちらになるのでしょうか?
合わせて教えてください。

とりあえず上記のチェックは2点ともズレは無い状態です。」

「>とりあえず上記のチェックは2点ともズレは無い状態です。

野球をやっていて、しかも野球肘だとすると左右差がないということは考えられません。
キチンとチエックしてください。
仮に治療院で調整してもらったにしても歩き方が普段通りであればゆがみは直ぐに発生します。

軽く力を入れて伸ばしてみる・あるいは力を少し抜いてみるでやって差が出るかどうかです。
チエックが出来なければエクササイズをやる意味がありません。

1のコメントではことばが足りない所がありました。
最初はチューブなしでやってみます。
それで痛みが出なければウンと弱いチューブからはじめることになります。

前ならえの形で手の平を下に向けます。
そこから20-30センチくらい胸の方に向かって引き寄せます。
これで動きはわかりますか?
動きをことばで表現するのは難しいんですよ。
それが出来たら呼吸を合わせるということになります。

痛めたら取りあえず安静にして動かさないというのが一般的な考えです。
しかし動かせる方向痛くない方向があれば動かした方がいいと考えております。
右が動かせないならば左を動かすことは有効です。
足首を操作することで首の倒れも調整出来ることもあります。

1のコメント通りにやって痛みが出る場合もあるかも知れません。
その場合は痛みのでない方向を探すひつようがあります。
呼吸を合わせてやれば、チュウーブなしならば取りあえずはお出来になると考えて取りあえず書いてみたものです。

ただ強い刺激が強くなると錯覚を起こして、強く早くやりたがります。
適度の刺激で呼吸を合わせれば改善されていくでしょう。

別トピで顔面神経痛の方が筋トレで改善の方向に向かっております。
また椎間板ヘルニアの方もようやく方向が見えて来ました。
一時はこちらが提案するエクササイズが全部アウトでした。

現在やっているエクササイズもしくはトレーニングが有効か・あるいは身体を壊す方向に向かっているのか?
それを判断するために4つのチエックを必ずやってくださいと申し上げております。」



お尻を付けて座れませんー4

「さっそくやってみました。

エクササイズ前→両膝かかえ→片膝・肘→腹式呼吸→呼吸を逆→両膝たおし
2①3mmくらい右が長い。→同左→ほぼ同じ→同左→同左→同左

 ②5mmくらい右が長い。→ 3mmくらい右が長い→同左→ほぼ同じ→同左→同左

3 床上47センチ→床上45.5センチ →床上44.5センチ→床上44センチ→同左
  →床上42.5センチ

4 右が曲げにくい(痛みなし)→同左→同左→右が少し曲げにくいが改善
  →同左→同左

今日は10回ずつやりました。
固くなったことについて、思い当たること。

いつも痛みがあれば湿布を貼って出かけるのですが、朝かゆみが出てたので、湿布をはらずに出かけてしまったので、痛いまま1日左足をかばうように過ごしてしまいました。
かゆみがあるときに貼って何度かかぶれてしまったので。」

「数字は小さいですが全部いい方向に変化しましたね。
ボクが勧めたエクササイズも仰臥位でやれるものは仰臥位でやって結果を書き込んでください。」

「今日は、同じ姿勢が長く(30分以上)続くようなことがなく、痛みは比較的少なかった。太もも押さえは痛みが一番あるところに触れるので、ちょっと圧を加えるだけで痛みがでた。ほとんど触っているだけ。

エクササイズ前→太ももつかみ、上体ひねり、左太もも押さえ、太ももなで上げ 、首→理学療法士のストレッチ+呼吸法(4種)
1 
 ①② 特に変化なし。→同左 →同左
 ③ 左が高い。→左がほんの少し高い(右が高くなって足が引き寄せにくくなった)→左がほんの少し高い(足を引き寄せること可能)

2 
 ①3mmくらい右が長い。→同左 →ほんの少し右が長い(ほぼ同じ)
 ②3mmくらい右が長い。→同左 →ほんの少し右が長い(ほぼ同じ)

3 床上41cm→床上42cm→床上39㎝
4 右が曲げにくい(痛みなし)→右が少しだけ曲げにくいがかなり改善。→同左」



お尻を付けて座れませんー3

「>この日のチエックで「3の前屈 床上49センチ→床上48.5センチ(右手だけ)、左手は49センチのまま。

大分固くなりましたね。
なにか思い当たることはありますか?
仰臥位のエクササイズはお出来になるのですね。

1、両膝を抱えこむ。
2、片膝ずつ引き寄せて逆の肘とあわせるようにする。
3、腹筋を使った深呼吸。
4、両膝をたてて左右に倒す。

上記について1点宛チエックしてください。

まず1の両膝を抱え込むです。
息をゆっくり吸いながら抱え込み、息をゆっくり吐きながら戻します。
10-30回。前後に2-4でチエックです。

次は2です。「片膝ずつ引き寄せて逆の肘とあわせるようにする。
左右では引き寄せやすい方と引き寄せにくい方があります。
引き寄せやすい方は息をゆっくり吐きながら引き寄せ、息をゆっくり吸いながら戻します。
引き寄せにくい方は息をゆっくり吸いながら引き寄せ、息をゆっくり吐きながら戻します。
10-30回。前後に2-4のチエックです。

3です。『お腹を膨らませながら吸う。
   横の腹筋をへこませることを気にして吐くように言われています』
これも前後で2-4のチエックが必要です。

呼吸を逆にやってチエックしてみてください。
どちらの呼吸がバランスがよくなるかを見ます。

4です。両膝をたてて左右に倒す。
倒しやすい方と倒しにくい方があります。
倒しやすい方は息をゆっくり吐きながらやって息をゆっくり吸いながらになります。
倒しにくい方は息をゆっくり吸いながら、戻すときは息をゆっくり吐きながらになります。
前後を2-4のチエックで比較します。

結果を記入してください。
呼吸、吐くか・吸うかがこれほど重要かと認識出来ることを期待しています。」

お尻を付けて座れません-2

いくつかのエクササイズをやってもらった。
筆者自慢の床けりも勧めた。

最初はよかった。ところが5日くらいで逆転した。前屈で40センチ以上のときは立位・座位のエクササイズは不可である。動きのないエクササイズでさえダメなのもある。

それでも痛み止めを飲み湿布をして車の運転それも2時間もやっている由。
そこで理学療法士にいわれたエクササイズはどういう姿勢でどういう呼吸でやっているか・回数について質問した。

「1、両膝を抱えこむ。
2、片膝ずつ引き寄せて逆の肘とあわせるようにする。
3、腹筋を使った深呼吸。
4、両膝をたてて左右に倒す。

理学療法士さんからのエクササイズは寝た状態でやるものなので、寝る前にやっています。
1,2,4は特に呼吸は意識していませんが、1の膝を抱え込むときは吐いて、戻すときに吸う感じ。

2も引き寄せるときに吐いて、戻すときに吸う感じ。
4は、まったくランダムです。

3は、お腹を膨らませながら吸う。横の腹筋をへこませることを気にして吐くように言われています。
それぞれ、10~30回といわれてますが、最低10回、たまに20回程度です。

今日は、ちょっと痛みが強く、いすに座るのがつらいので、今も、膝立ちでPC使ってます。

車の運転も左足は浮かせた状態で。
座ってするエクササイズはやっていません。」


お尻を付けて座れません-1

整形外科で椎間板ヘルニアと診断されました。
腰の痛みより左足全体の痛み、痺れ、左股関節の痛みがひどいです。
腰は痛みというより、尾てい骨、仙骨あたりの違和感が大きいです。
診断やってみました
1 
 ①外向きに近い気がします。外反母趾なので親指の向きが外側なのでそのように感じるのかもしれません。
 ② あまりかわらないような気がします。右足の方が外反母趾がひどいので右が倒れているようにも見えます。
 ③ 左が高いです。今日は痛みがほとんどないので、あぐら座りができますが、痛みが強いときは左足はあまり曲がらず、引き寄せることができません。
  
2 ①② どちらも1センチくらい右が長いようです。
3 床上37センチ。膝にやっと手が届く程度。
4 少し左が曲げにくい感じ。あまり変わりません。

>家ではどういう姿勢が多いのでしょうか?
立っていることが多いです。
座るときは前回書いたように、右足正座、左足太ももが直接座面に触れないようにしています。

>一番楽な姿勢はどういう姿勢でしょうか?
右を下にして、寝ている状態。
立っている状態。
イスに腰掛けると言うよりは、太ももの裏側が圧迫された状態になると痛みが出ます。

また、硬いところに座るとお尻の骨あたりが、すぐ痛くなり、左太ももからふくらはぎまで痛みがびりびりきます。
浴槽につかると、浴槽の床が固すぎて長くはつかれません。
浴槽をまたぐのも、けっこうたいへんなので、
シャワーだけで済ますことが多いです。

野球肘ー2

チューブを使った肘の鍛え方がというので書いて見ます。

肩の高さにチューブを取り付けチューブを水平に引っ張るエクササイズです。

やる前に必ず下記のチエックを入れてください。

両手を軽く伸ばして、前ならえをして身体の真ん中で両手を合わせて左右差を見ます。
両手を軽く伸ばしてバンザイをして正中線上で両手をあわせて左右差を見ます。

両手の平を下に向けます。
引くときは肩・肘を固定し肘から先を曲げて、水平を維持しながら引き寄せます。

肩や大胸筋・背筋は使わず肘を意識します。
引き寄せるときは息をゆっくり吐きながら引き寄せ、息をゆっくり吸いながら戻します。

1セット10回くらい、取りあえず1セットやってみます。
やったらチエックです。

両手を軽く伸ばして、前ならえをして身体の真ん中で両手を合わせて見ます。
両手が同じ長さになっていればOKです。

両手を軽く伸ばしてバンザイをして正中線上で両手をあわせて見ます。
両手が同じ長さになっていればOKです。

左右差があっても当初より少なくなっていればOKです。
差があるときはもう1セット追加をします。

両手の左右差がなくなったらそれでその時は終わりです。
朝晩チエックして左右差のあるときはエクササイズをやった方がいいでしょう。

このチエックはエクササイズが適正であったかどうかの目安になります。
必ずチエックをされる習慣を身につけてください。

それから合掌両手ゆらし は身体のバランスを整える効果が大きいですからこれも毎日やられるようお勧めします。
肘にもいいですよ。


左脚の痺れ、背中の不快・不眠・疲れやすさ・嘔吐ー2

「さっそくやってみました。
エクササイズの結果ですが

1 股間節の左右差
 ① 仰向けですと外向きです。→同じ
 ② 脚は左の倒れが大きいです。→同じ
 ③ 胡坐をかくと右が高いです。→同じ

2 肩関節の左右差
 ① 頭上に上げると左が1センチほど長い→変わらず。
 ② 前ならえの時は右1センチ長い→同じぐらいになりました。

3 立位体前屈は床上5センチ→0センチになりました。
4 頭は左に曲がりやすい
  →両方同様に曲がるようになっています。
   右曲げに若干抵抗はあります。

感謝しております。
引き続きよろしくお願いいたします。」

「歩くとき、左足外側のラインを前に向けて歩くをお試しください。
直ぐ忘れやすいのですが、取りあえず10メートル以上歩いて4つのチエックをやってください。 」

>歩くとき、左足外側のラインを前に向けて歩く。

左脚だけ内股のようになる感じでしょうか?
そう解釈し、これをやったところ、

右の股関節に若干のこわばり、左のお尻に張りは残るものの、4つのチェック項目はすべて同じになりました。

背中もかなり楽になった気がします。
今は一時的かもしれませんが、この状態が維持されればかなり良いと感じます。
このあとはどうすればよろしいのでしょうか?

また、ワークショップ等もあるのであれば、今後個人的な指導もぜひ拝受したく存じます。

>歩くとき、左足外側のラインを前に向けて歩く。
左脚だけ内股のようになる感じでしょうか?

右の股関節に若干のこわばり、左のお尻に張りは残るものの、 4つのチェック項目はすべて同じになりました。 」


「素直なお身体と存じます。
>このあとはどうすればよろしいのでしょうか?」

「常時この歩き方をキープするよう心がけることです。
でも忘れやすいです。」

左脚の痺れ、背中の不快・不眠・疲れやすさ・嘔吐ー1

「腰と股関節が硬く、(仰向けになってひざを中でぐるぐる回すと右だけポクッという音が鳴ります)
症状としては左脚の痺れ、右肩甲骨周りの張りによる背中の不快・不眠・疲れやすさ・嘔吐などが
あります。

20代後半から15年ぐらい悩んでおり、整体やカイロ、オステオパシーなどいろいろ経験しています。
どれも一時的にはよくなりますが、治療に通えないとどんどん戻っていってしまう状態です。

最近かみ合わせを2年ほどかかって改善させ、一番ひどい状態から5割ほど改善していますが、更なる健康を手に入れたいと日々探求しております。

1 股間節の左右差
 ① 仰向けですと外向きです
 ② 脚は左の倒れが大きいです。
 ③ 胡坐をかくと右が高いです。

2 肩関節の左右差
 ① 頭上に上げると左が1センチほど長いです。
 ② 前ならえの時は逆に右が1センチほど長いです。

3 立位体前屈は床上5センチです。
4 頭は左に曲がりやすいです。」

「左前重心のようです。
まずは首の調整からです。

息をゆっくり吐きながら左に倒します。
息をゆっくり吸いながら戻します。
10-30回。

次いで息をゆっくり吸いながら右に倒します。
息をゆっくり吐きながら戻します。
10-30回。
やったら4つのチエックで結果を記入してください。 」

野球肘ー1

「自分は野球をやっていて、身体を鍛えず(作らず)投手として投げています。
以前は1週間で痛みは取れたのですが今は取れない状況です。

接骨院に行き治療しましたが、予想通りの野球肘とのことなのでインナーを鍛えようと色々見てはいるのですが、チューブを使った肘の鍛え方が殆どありませんでした・・・。(肩はたくさんあり) 」

「肘への対応だけでなく全身のバランスが大切かと存じます。
出来たら両方一度に出来るエクササイズを紹介出来ると一番いいですね。

身体のバランスを整えながら筋力も付けていく方法を考えましょう。

別トピで「筋トレと身体の歪み改善」があります。
この方は筋トレでこめかみからアゴに掛けての痛みが出たようです。

筋トレをやりながら痛みを解消しており、今のところ痛みは出ておりません。

やっているエクササイズで身体を整える方向にあるか・壊す方向にあるのか?
その辺の見極めが重要です。

そのためにも当トピの4つのチエックがあります。
まずはチエックして結果を記入してください。

足・腰・歯、右半身の痛みー2

「ずいぶん素直なお身体のようです。
『もともと肩こりがひどかったのですがここ1週間、肩だけでなく右半身が痛みます。

足や腰、歯など。』と書かれていましたが、今の時点で足腰の痛みは半減したのではないでしょうか?
>4.頭を倒しやすいのはやっぱり左です。

もう1セットやってください。」

「1.左右同じように倒せます。
  あぐらの高さも同じです。

2.手の長さも同じです。
3.立位体前屈は-12センチほど。変わらずです。
4.首を傾けるのは今朝は両方痛いです。

右半身の痛みは薬をのんでいるからかストレッチのおかげかだいぶよくなっています。
朝、首が痛いのは枕が合っていないんですかね。」

「>右半身の痛みは薬をのんでいるからかストレッチのおかげかだいぶよくなっています。
朝、首が痛いのは枕が合っていないんですかね。

枕の高いのはよくありません。
バスタオルを折って一番気持ちのいい高さを選んでください。

それからお休みになる前、お布団に入ったらゆっくり呼吸をしてください。 大きくでも深くでもなく、ただゆっくりです。

朝の目覚めが違ってきます。

耳引っ張りエクササイズをお試しください。
両耳を同時に引っ張ります。

上下左右前後
耳の上部を後に捻って横に引っ張る
耳の上部を前に捻って横に引っ張る
耳の下部を後に捻って横に引っ張る
耳の下部を前に捻って横に引っ張る。

それぞれ5回くらいずつ。
やる前とやった後で4つのチエック結果を書き込んで下さい。」



足・腰・歯、右半身の痛みー1

もともと肩こりがひどかったのですがここ1週間、肩だけでなく右半身が痛みます。
足や腰、歯など。

風邪もひいていて内科にかかりロキソニンや貼り薬ももらったのですが全く効果がありません。
今日は熱まで出てくる始末…。
もう痛みが限界で家事・育児にも支障が出ています。

昨日整形外科に行ったところレントゲンで姿勢が悪いため首の骨が曲がってると言われました。
そのため肩こりもひどいです。(特に右側)

チェックしてみました。
1.仰臥位で左右に倒れる左の方が倒れます。
  あぐらで足裏を合わせると右の方が高いです。
2.頭の上では左手の方が1cm長く、前では同じ長さでした。
3.立位体前屈は-15センチほどです。
4.頭を倒しやすいのは左です。

今、右肩が凝りがひどく、ほおっておくと右半身が痺れてくるような感じです。
首の骨をまっすぐにするのと肩こり軽減のストレッチを教えていただきたいです。」

「極端な左前重心のようです。
まずは首の調整からです。

息をゆっくり吐きながら左に倒します。
息をゆっくり吸いながら戻します。
10-30回。

次いで息をゆっくり吸いながら右に倒します。
息をゆっくり吐きながら戻します。
10-30回。
やったら4つのチエックで結果を記入してください。」

「両方15回ずつやりました。

1.左右変わりなく倒せるようになりました。
 あぐらの高さも同じぐらいです。
2.手の長さも同じになりました。
3.立位体前屈は-12センチぐらいでしょうか。
 先ほどよりは曲がってる感じです。
4.頭を倒しやすいのはやっぱり左です。」



不眠症

「ここ数週間不眠に悩まされています。
おそらく仕事が忙しいことといろいろな不安からだと思うのですが(悩みやすいタイプで摂食障害もあるし欝っぽいことも多いです)、体は疲れているのに寝れなくて、早めにベッドに入っても眠りにつけるのは朝方です。

そのためたまに目覚ましをいくつもかけていてもそれに気づかず寝坊してしまうことがあるようになりました。
改善しようとアトピーのために通っている病院で相談したら、デパスを処方されたのですが、アトピー治療もステロイドを使わずに頑張っているので、できれば薬は使いたくありません。

自分でも薬を飲んで寝れたほうがいいのか、それとも飲まないで別の方法で対処すべきかどうか分かりません。
これから出張などもあり本格的に仕事が忙しくなるので不安です。
何かお知恵を貸して頂けたら嬉しいです。」

「布団に入ったらゆっくり呼吸をする。
これだけでよく眠れるようになった方がいます。
この方にお会いする度にずいぶんお礼をいわれました。

強くでもなく大きくでもなく、ただゆっくりです。
仰向けは一番力の抜けやすい姿勢です。
そこで、ゆっくり呼吸をすると緊張がとれてきます。

毎晩続けると身体がやわらかなります。
ボクの姉がやりまして搗き立てのモチみたいな身体なったことがあります」

「大きな深呼吸は良さそうですね。
昨日ちょっと試してみましたが少し心が落ち着いたような気がします。

ヨガでも仰向けは屍の一番楽なポーズですしね。
トライしてみます。」

肩こりが酷い

「肩こりが酷く、接骨院に通院中です。

肩の筋肉の硬さが取る治療をしてもらい、現在は肩甲骨の硬さを取る治療を受けていますが、症状が不安定で治療を受けた次の日に、また肩こりが起きることがあり、酷い肩こりだった時と比べると大分落ち着きましたが、辛いです。

以前、整形外科でレントゲンを撮ってもらった時に、首の骨が逆にカーブしていると指摘され、首や肩が凝りやすいと言われましたが、この首のカーブも影響しているそうです。
ストレッチや呼吸などで症状が改善することはあるのでしょうか?」

「単純な肩こりなら合掌両手ゆらしが有効です。

>首の骨が逆にカーブしていると指摘され、首や肩が凝りやすいと言われましたが、この首のカーブも影響しているそうです。
ストレッチや呼吸などで症状が改善することはあるのでしょうか?

別トピ「ストレートネックに関して」をお読みください。」

「>単純な肩こりなら合掌両手ゆらしが有効です。

やり方が悪いのか、以前肩こりの時にやってみたのですが、症状が和らぐことがありませんでした。
やってみた後で質問するのは変ですが…文章を読んで、両手を合わせて手首~指先にかけて前後に振るのか?それとも腕ごと前後に振るのか?よく分からなかったのですが、どちらでしょう?

>別トピ「ストレートネックに関して」をお読みください。
実際にやってみました。痛みが酷くなることはありませんでしたが、良くなったという感じもありません。
少し続けてみると効果を実感できるのでしょうか?
そして、首の骨が逆にカーブしていることもストレートネックと言うのですか?」

「『単純な肩こりなら合掌両手ゆらしが有効です。』と書きました。
首が逆に湾曲した結果の肩こりは単純な肩こりには入らないでしょう。

>両手を合わせて手首~指先にかけて前後に振るのか?それとも腕ごと前後に振るのか?よく分からなかったのですが、どちらでしょう?

肩・肘・腕を固定して、同時に前後に小刻みにゆらします。
よくなった感じではなく、やる前後に必ずチエックで確認をしてください。

もし背骨の見れる方がお近くにいたら背骨を見てもらってください。
余程のことがない限り背骨のゆがみ減少いたします。

>>別トピ「ストレートネックに関して」をお読みください。
>実際にやってみました。痛みが酷くなることはありませんでしたが、良くなったという感じもありません。

チエックはされたのでしょうか?

>そして、首の骨が逆にカーブしていることもストレートネックと言うのですか?

ストレートネックというかどうか、これは医師の領分です。
ボクはストレートネックより重症と見ます。」

「ストレートネックに関してのトピで、3/2の13のコメント『トレートネック+パニック障害の改善の症例です。』はお読み頂いたのでしょうか?

上記を熟読されるようお願い致します。」

「ストレートネックのトピックにあるストレッチと呼吸を行いました。
チェックは以下の通りです。

2.両腕を上げての左右差
前、後共に無し。

前ならえでの左右差
前:左1センチ 後:無し。

3.前:床上3センチ
後:床上1センチ」

「>ストレートネックのトピックにあるストレッチと呼吸を行いました。
2.
前ならえでの左右差
前:左1センチ 後:無し。

3.前:床上3センチ
後:床上1センチ 」

今後はエクササイズの前後に上記のチエックで必ず確認をしながらやってください。
チエック&エクササイズそしてチエックです」



交互肩上げエクササイズ

「初めまして。 チェックの結果です、宜しくお願いします。

1 股間節の左右差
 ① 外向きです。
 ② 足の倒れ、左です。右は殆ど倒れていない状態です。
 ③ 足裏合わせての膝位置、殆ど差はありませんでした。
   (左の方が若干重い感じがします。)
  
2 肩関節の左右差
 ① バンザイで右手の方が約5cm程長いです。
 ② 前ならえで右手の方が約5cm程長いです。

3 立位体前屈、約床上20cmです。
4 頭の左右倒し、右の方が曲げやすく、曲がる幅も大きいです。

宜しくお願いいたします。」

「左足捻挫されていますか?
上半身のゆがみが大きいですね。

息をゆっくり吸いながら左肩を上げて、同時に右肩は下ろします。
息をゆっくり吐きながら左肩を下ろし、同時に右方を上げます。
10-30回くらいやって、2・3・4のチエックで結果を書き込んでください。」

「やってみました。
結果は次の通りで、かなりの改善が見られました。

2 肩関節の左右差
  右腕の方が2cmくらいに縮みました。

3 約床上10cmくらいに縮みました。
4 気持ち、左に曲げるのも楽になつた気がします。」

「2のチエックで左右差が残っていればもう1セットおやり下さい。」

首コリ・目の痛み・頭痛

「3か月前から突然、首、肩の凝り、顔、目の痛み、頭痛が始まり疲れやすくなりました。
頭痛持ちでもありませんでしたが、締め付けられるような痛みに悩まされています。CTは異常なし、血液検査も異常なしでした。

足の倒れ方:左足外向きです。
あぐら:左が若干高めです。

肩関節:
頭上で手をあわせて左が1センチ位長いです。
前ならえも左が1センチ位長いです。

床上5センチ位です。
首は左に曲げる方が楽です。

アドバイスいただけると幸いです。」

「左足首が捻れています。
捻挫またはハイヒールのせいでしょうか?
痛みは左右どちらでしょうか?

取りあえずお試し頂きたいのは両耳を同時に引っ張るです。
前後左右上下各方向に引っ張ります。
捻りを入れて引っ張るとより効果が出るようです。

それも上を捻って、あるいは下を捻ってと出来ます。
書く5回づつ引っ張ると40回になります。

コツは強めに引っ張ることと左右同時に引っ張ることです。
やったら4つのチエックで確認し結果を記入して下さい。」

「>左足首が捻れています。
捻挫またはハイヒールのせいでしょうか?
痛みは左右どちらでしょうか?

痛みは日によってまちまちです。左右両方の時もあれば、片側だけの時もあります。
ハイヒールは履いていますがねんざの経験はありません。
足から来ていたのですね。自分でも下半身から来ているのではないかと思っていたのです。
ちなみに座っているより立ってるほうが楽な時があります。

耳を引っ張ったあとの測定です。
足の倒れ方:左足外向きです。
あぐら:同じくらいです。

肩関節:
頭上で手をあわせてほぼ同じくらいになりました。
前ならえも若干右が長いですがほとんど変わりません。

床上はほとんどかわりません。
首はやはり左に曲げる方が楽ですが、前ほど左右相違はありません。」


動物は植物によって支えられている

“西洋医学は大嫌い「忌野清志郎」が信じてしまった「玄米菜食法」” 週刊誌の記事である。
ボクも一時のめり込んだ時期があり、いまも原則として玄米菜食である。

忌野清志郎はガン性リンパ管症で5/2 58才で亡くなられた。
83年に肝臓を悪くし医師からは見放されたが独学で鍼をマスターし回復された由。

06年からマクロビオテイックと取り組んできたと書かれていた。
昨年7月ガンの転移が見つかり闘病中だったとか。

彼はマクロビオテイックをやってはいたが、どこまでやられていたかはわからいが信じてはいなかった。故に放射線照射や抗ガン剤投与も受けていたと筆者は見る。

玄米菜食を真面目にやっていると、体調がドンドン良くなってきて虜になることがある。
筆者もそうだった。ずいぶん人にも勧めた。

筆者が勧めた一人の方はカレーライスのときは肉をはじき出していた。
だが、最近は玄米が合うのならばやられた方がいいですよといっている。

マクロビオテイックをやっていると称して、肉・卵も喰っている方が多い。
玄米を食ってマクロビオテイックをやっていると称している。

マクロビオテイックの大原則は「動物生命は植物によって支えられている」ということである。
それを外したらマクロビオテイックとはいわないだろう。

豚インフルエンザの流行でワクチンを作るのに有精卵が不足しているという記事を読んだ。
肉や卵を入れるということは人体がそれだけウイールスのエサに近づくということである。

肉を食べることで友人と議論したことがある。
彼は日本人が肉を食べるようになったから長生きをするようになったと主張した。
筆者が反論するとムキになった。その彼も数年前に亡くなった。

筆者も原則肉は食べない。だが出されたら食べる。
トンカツ・ビフテキは何十年も食ったことがない。
だが最近、焼き鳥のうまい店がありビールを飲むときは焼き鳥を食っている。

あなたも魔法使いになれる

あなたも魔法使いになれる「ホ・オポノポノ」なる小冊子が送られてきた。
ホ・オポンッポノという題名の本を見かけている。

ハワイの秘法とあった。
ああ、また日本人の舶来崇拝クセを狙ってのPRかと手にも取らなかった。

その小冊子の冒頭の書き出しを紹介する。
ハワイの州立病院から、ある病棟が消えた。
一人の心理学者がその病棟に勤務したことをきっかけに。

精神的な病気が理由で、殺人のような想い罪を犯しても「責任を取る能力がない」と判断された人が収容された人が収容されている。

収容者達の間での暴力沙汰、病院職員による暴行で周に1ー2回は大きな騒ぎとなっていた。
収容者には薬の大量投与、手枷足枷は日常茶阪事だった。
職員はいつ襲われるかわからないので、壁を背にしなければ廊下を歩けなかったという。

この病院に勤務を依頼されたのがヒューレン博士である。
博士は医師ではないとして断る続けたがついには根負けして、スタッフとしてその病棟に入ることを引き受けた。

博士は、病棟に勤務を始めた日から「自分」の内面を癒し始めた。
収容者に対しては、診察もカウンセリングも一切行わない。
ただ、来る日も来る日も「自分」を癒した。

すると収容者に変化が現れ始めたのだ。
2-3ヶ月後には、手足を縛られていた人たちが自由に歩くことが 許され、大量の投薬も不溶となった。

博士がやったのは、来る日も来る日も収容者のカルテを見ながら「彼らの病気をつくったのは、自分の中の何が原因なのだろう?}とひたすらその「原因」を癒し続けたことである。

話もしない、手も触れない、たった一度の診察すらせずに。
自分自身の中にある「原因」を癒し続けたその結果、退院の見込みのなかった人たちが次々に退院していった。

そればかりか欠勤の多かったスタッフが仕事を楽しむようになり誰も休まなくなった。
こうして収容者はドンドン減る一方、スタッフは皆勤でスタッフが余るようになった。

博士が勤務して4年後、すべての収容者が退院、病棟は閉鎖された。
「自分を癒すことで、人が癒される」

「どうやって、自分自身を癒していたのですか?」
博士の答えはこうだった。

「私はただ『ごめんなさい』と『愛しています』を、何度も何度も言い続けていただけです」

これはハワイのある少数民族に伝わる伝統的な問題解決のメソッドだ。そして誰にでも出来ることだと書かれている。

極端な左前重心ー2

「『極端な左前重心』を改善したいです。
右足蹴り20回を試みました。
以下、結果を記入させていただきます。

1 股間節の左右差
 ・外向きで左の倒れが若干大きいですが、左右の開きが同じくらいになりました。
 ・あぐらの姿勢では右膝の方がやや高いですが、こちらも同じくらいに変わりました。
2 肩関節の左右差
 ・ほぼ重なるくらいになりました。
3 立位体前屈は床下15cmで変化ありません。
4 頭は左に曲げやすいです。

腰痛はまだありますが、痛みの程度が和らいだ感じがします。
右足蹴りの他には「合掌両手ゆらし」と「お尻歩き」を試みました。
どうぞ宜しくお願いします。」

「>極端な左前重心を改善したいです。

取りあえずは調整されました。
歩き方を前の通りですとまた戻りやすいです。

足先を前に向けて両足平行にして立ち、それをキープして歩くようにしてください。
あるいは左足を内向きにして歩いた方がやりやすいかも知れません。

この歩き方で帰宅後、4つのチエックでご確認ください。
1のチエックで左右差がなくなったら、両足交互にやってください。

>右足蹴りの他には合掌両手ゆらしとお尻歩き」を試みました。
やられた後は必ずチエックし確認してください。」

極端な左前重心ー1

「普段は右肩下がりです。
今現在、右側に腰痛があります。
平らなところへ仰向けになると痛みが大きいです。

20年前、自転車で通学中に右側から来た乗用車にはねられ、右肩を亜脱臼しました。外科で処置しましたが、手当ては冷湿布のみだったと記憶します。

6年前、友人の運転する車の助手席に同乗中に横転事故に遭い、左後頭部を車内に強打し頚椎を傷めました。救急車で搬送されて治療を受けたのは頭の傷の縫合のみで、首の痛みは3日後に別の外科へ行ってコルセットを1週間つけるよう診断されました。現在通院や治療はしていません。

2年前、出産時に坐骨神経痛になり、半年ほど腰痛バンドで骨盤を固定していました。現在も腰痛が酷くなるとたまにバンドを巻いて固定しています。

『合掌両手ゆらし』を2回試しましたら、特に右の肩甲骨の辺りからゴリッ、ゴリという鈍い音がして、両手の冷えが解消して驚きました。

1 股間節の左右差
 ・外向きで左の倒れが大きいです(床に近い位置まで倒れます)。
 ・あぐらの姿勢では右膝の方が高いです。
2 肩関節の左右差
  右手の方が1cm程長いです。
3 立位体前屈は床下15cmまで曲がります。
4 頭は左に曲げやすく、常時左側に傾いています。
左側の首筋が骨のような硬さでずっと強張っています。」


「極端な左前重心のようです。
ここから調整しましょう。

右足の床けりです。
椅子に腰掛け、両膝を軽くつけます。
右足を20センチくらい持ち上げて、かかとで床を蹴ります。
30回くらい。
やったら4つのチエックです。

>4 頭は左に曲げやすく、常時左側に傾いています。
左重心ですとどうも左側の首筋が固くなるようです。
合掌両手ゆらしは首・肩に有効ですからお続けください。
やる前後に2のチエックで確認してください。

上記の結果をご記入ください。」

腰を入れるというのは?

礼法教室で「腰の反りが出てきましたね」
「それはいい意味でですよね」

「そうですよ。」
45度方向に足を出して歩くときと、横に歩くとき、腰をいれなさいといわれてきた。
これがわからなかった。

「腰を入れる」ということばが昔からある。昔の日本人はわかっていたのであろう。
こればかりは皆身体が違うから自分で自分の身体と向き合わなければわからない。

向きあったとしてもわかるまでに時間が掛かる。
筆者の場合、腰の反りが問題だった。腰の反りが大きい過ぎて緊張しやすい・力みやすい身体になっていた。

その解決に多くの時間を費やした。こんどは逆に腰の反り、いい意味での腰の反りが必要となった。
全く逆の考えに頭を切り換えねばならなくなった。

合気の稽古でも腰回りのことがいわれている。
なにもしない身体・なにもしない腰が要求される。
なにか意図すると腰が緊張する、これは相手には瞬時に伝わりこちらのワザが利かなくなる。

骨盤をある角度で固定するという表現になるだろうか?
いろいろいわれても、身体ができてこないとわからない。

いわれたことをやっているつもりでも身体が違うから、別の物になってしまう。
自分の身体が出来てくると、ああこれかとはじめてわかるものらしい。


上が向けません

「昨日病院へ行き、レントゲンをとって「ストレートネック」の仲間入りとなりました。
よろしくお願いします!
ここ数カ月かなりひどい頭痛、疲労、肩こりで疲れが取れず、悪い病気かと思っていたら・・・首だったんですね!
ショックと安堵と共存で変な気分ですが、しっかり向き合って治るもんなら治したいです。

まず、チェックをしました。
1、①外側に倒れる
  ②やや右
  ③右
2、①右1センチ
  ②ほぼ同じ
3、手のひらがべたっとつく
4、左

早速、前後呼吸をつけてゆっくりと10回ほど動かしたら、ここ数週間上に向けなかったのが動かせるように!
びっくりしました。
前後は動かせるようになりましたが、左右に動かすにはまだ辛いです。

特に右側に倒すのが苦痛です。ただ、10回ほど動かした後のチェックでは、動かす前よりはかなり柔らかくなりました。
何よりも、全然動かせなかった首を曲げることができたのが驚きです!ありがとうございます!!
ゆっくりと少しずつ続けていきたいと思います。

「お役に立ってうれしいです。

もしハイヒールやミュールを履かれているようでしたらお止めになった方がいいです。
最近、おしゃれ地下足袋が出ていますがよさそうです。
前にも書きましたがまだでしたら是非お読み下さい。

「>前後は動かせるようになりましたが、左右に動かすにはまだ辛いです。
特に右側に倒すのが苦痛です。ただ、10回ほど動かした後の
チェックでは、動かす前よりはかなり柔らかくなりました。

もっとゆっくりやってみてください。
左右で曲げやすい方があれば、曲げやすい方に軽く曲げてゆっくり呼吸もいいかもしれません。
これも10-30回くらいです。」

「今日は仕事中もかなり快適でした!
毎日職場で2回はラジオ体操をするのですが、ここ数日辛くてさぼっていたのですが、今日は快適に体操できました。
今日もさぼらずしっかりゆっくり首運動します!

ちなみに、仕事でスーツ等着る着るとき以外はほとんどかかとの高い靴は履かないようにしています。ミュールも不安定なので履いていないです。

ありがとうございます。」

足半の効用

足半(あしなか)を履くと身体のバランスが整う。
筆者は2種類持っている。

片方は布製と新素材製のモノである。
姉が先日、口が痺れて麻酔が利いて水がこぼれ落ちるという。
両腕が上がらないとかいっていた。

神経内科で見てもらったら顔面神経麻痺、点滴で10日くらいで回復した由。
ところが昨日法事に出席したら腰が痛くなり、杖をついて腰を曲げて足を引きずって歩いている。
前の日に肩を上げるための注射を打って手は上がる。

最初に布製の方を履いて歩いてもらった。
そしたらシャンとしてスタスタ歩く。

次は新素材の方である。
こっちも悪くはないが、布製より姿勢がよくない。

話には聞いていたが、こんなに劇的に変わるとは思わなかった。
如何に履き物が大事か?
日本人の足が如何に衰えていることか?

脚下照顧ということばを思い出した。

足半は五指全部に力がはいるような構造になっている。
これを草履に適用したもの現れた。

指先の所に段差を着けている。「足ゆび運動ぞうり」 という名前である。
これはいいなと思って早速注文した。



うつ伏せも仰向けも出来ない腰痛ー4

「チエックのやり方を変えます。
やり方は右を下にして横になりゆっくり呼吸を10回くらいして仰向けになり2のチエックをします。
次はさを下にして横になりになりゆっくり呼吸を10回くらいして仰向けになり2のチエックをします。

どちらの場合がゆがみが大きくなりますか?

仰向けムリでしょうか?
前屈でもチエックして下さい。」

「歪みは左を下にした時の方が若干少なく、前屈は右下の方が曲がった気がします。
ただ、前屈に関しては回数やると柔軟になってくるので、あまり正確でない気もします。」

「どうもハッキリしませんねえ。
現状では右の方をしたにした方が腰に取ってはいいようです。
ただ、いずれ逆転する時期があるかもしれません。

次のエクササイズです。
両膝を軽く付けてr、椅子に腰掛けます。
左右の膝をゆっくり交互に前に出してみます。
どちらが出しやすいかを見てください。
あるいは既に前に出ているかも知れません。

出しやすい方の膝をゆっくり息を吐きながら前に出します。
3-5センチくらい。
10-30回くらい。

やる前とやった後を前屈で比較します。
少しでも深く曲がればOKです。」

「何度もすみません。左膝を出した方が楽なのでやってみました。
前屈、2センチほどプラスで曲がりました。膝出しエクササイズ、気持ちいいです^^」



うつ伏せも仰向けも出来ない腰痛ー3

「もう1セットしました。肩関節の差は若干右が長い程度になりました。前屈は変わらずです。

ただ、次の「平行に立って・・・」のセットの後では前屈がだいぶ伸びました。楽にプラス2センチはいっていると思います。
肩関節は数ミリ右が長い状態です。」

「床に腰を下ろして、正面に右膝を立てます。
膝の角度は45度くらいです。

右手で軽くゲンコツを握り、お皿の上3-5センチ上から真下に向かって軽く軽く叩きます。
30回くらい。
やったら2と3のチエックです。
あくまでも痛みを感じない範囲です。」

「やってみました。肩関節のズレはほとんどないです。
腰の重さ…膝を叩いた後にキッチンで洗い物をしたんですが、楽な感じがしました。

長い付き合いの腰痛なので(腰椎の変形)なんともわかりませんが、
実際に変化を感じるので、教えていただいたセットをこれからしてみようと思います。
また経過をご報告しますね。本当にありがとうございます」

「>休む時は右を下にしています

これはいつ頃からやられていますしょうか?
一時的にOKであっても長く続けると逆効果になる場合があります。
そのチエックをしてください。

やり方は右を下にして横になりゆっくり呼吸を10回くらいして起きあがり2のチエックをします。
次はさを下にして横になりになりゆっくり呼吸を10回くらいして起きあがり2のチエックをします。

どちらの場合がゆがみが大きくなりますか?」

「右を下にして休みだして2年ほどでしょうか。あまり意識していませんでした。
仰向けがきつくなったのは、年明けに入院してベッド生活を1ヶ月ほどしてからです。

左右でチェックしてみましたが、あまり違いは感じませんでした。
ただ、左を下にして休んだ方が起きる時に楽だった気がします。」

うつ伏せも仰向けも出来ない腰痛ー2

「腰痛、痛いのは左右どちらでしょうか?
>うつ伏せはもちろん仰向けもムリで、固い布団に横向きで休みます。

横向きのときはどちらを下にされることが多いでしょうか?
上体廻しをお試しください。

椅子に腰掛けます。
左右に上体をゆっくり廻して、どちらが廻しやすいかをみます。
それがわかりましたら、息をゆっくり吐きながら廻しやすい方に廻します。
息をゆっくり吸いながら逆方向に廻します。
10-30回くらいやって、2と3のチエックをやって書き込んでください。
もし痛みがあるならば中止してその旨書き込んでください。」

「やってみました。右廻りの方が楽な感じでした。痛む(重い)のは右です。
休む時は右を下にしています。
2、は若干差がなくなったような(1センチ→0.5センチ)
3、はあまり変化を感じませんでした。

3年前に右膝を痛めました。固さが残ってしまい、それも腰に負担をかけていると思います。」

「もう1セットやってみてください。
先ほどよりもっとゆっくりです。
同じく2と3のチエックです。

次です。
両足平行にして立ちます。
ゆっくり息を吐きながら伸び上がり、息をゆっくり水ながら戻します。
10-30回くらいやって
2と3のチエックです。」

うつ伏せも仰向けも出来ない腰痛ー1

「歪みからの腰痛もちで、かなり長い付き合いになります。
腰椎の5番目が変形しています。S字カーブが真っ直ぐ気味です。”姿勢いいね~”と必ず言われます。

うつ伏せはもちろん仰向けもムリで、固い布団に横向きで休みます。
一生付き合うものとあきらめていますが、何か工夫できたらしたいと思っています。
ここ半年くらいで腰痛がきつくなった気がします。
チェックしてみました。真剣になんとかしたいです。

1、股関節・・・外向き。左の倒れが若干大きい。左が若干高い。
2、肩関節・・・両方とも右1センチ長い。
3、立位体前屈・・・床下5センチ
4、頭・・・左が曲げやすい

以上が結果です。1と4は『どちらかといえば』程度でした。」

「腰痛、痛いのは左右どちらでしょうか?
>うつ伏せはもちろん仰向けもムリで、固い布団に横向きで休みます。

横向きのときはどちらを下にされることが多いでしょうか?
上体廻しをお試しください。

椅子に腰掛けます。
左右に上体をゆっくり廻して、どちらが廻しやすいかをみます。

それがわかりましたら、息をゆっくり吐きながら廻しやすい方に廻します。
息をゆっくり吸いながら逆方向に廻します。
10-30回くらいやって、2と3のチエックをやって書き込んでください。
もし痛みがあるならば中止してその旨書き込んでください。」



ストレスを溜め込まないということは?

ミクシイで「身体の歪みは自分で直そう!!」というコミュをやっている。
ところがこのコミュの趣旨・考え方がなかなか伝わらない。

『身体の歪みはストレスの表れです。
「ストレスは外傷・中毒・寒暑・恐怖などの刺激に対して示す体内の反応」とあります。辞書によっては反応ではなく歪みと書いてあります。

歪み=ストレスです。身体がNO・イヤのシグナル、それが歪みと考えています。
でもよほど重症でない限り、容易に自分で修正できるものと考えています。』

ストレスというのは元々物理用語で、ストレスというのはゆがみ・ひずみのことでした。
ところがストレスとカナで書くと心理的なプレッシャーをさすものとして使われています。
ゆがみと平仮名もしくは歪みと書くと、極一部の民間療法でしかいわれていません。

新聞でストレスとは「ドキドキ、ハラハラ、ブルブル、ヒヤヒヤすること」とありました。
心身の状況を適切に表現している。
それはまた同時に身体は歪み,ねじれ、曲がり、コリ、張りが必ず出ているものを意味しています。

ドキドキ、ハラハラ、ブルブル、ヒヤヒヤが治まっても歪み、曲がり、ねじれとして残る。
それが習慣となるとコリや張りとなっていく。

身体は自分で考える以上に敏感です。
YESかNOか即座に反応するものです。

人間は直立二本歩行を選択したためにその感覚はさらに鋭敏になったと考えています。
ただこれまでストレスを溜め込んで身体が固くなった方は反応が鈍くなっています。

通常は方位・色彩・形状等によっても即座に反応するものです。
自分に合うのか・合わないのかそれを見る方法、それが四つのチエックです。

このチエックも人によりわかりにくいようです。
チエックのやりかたも習熟の必要がありますが、慣れてくればどなたも容易にチエック出来るようになります。

普通、痛みが収まると治ったと思われるようですが違うでしょう。
ゆがみは歪と書きます。正しくあらずという漢字です。ゆがみが大きくなればまた痛みが出て来るでしょう。

生きていく以上ストレスは付き物で亡くなりはしません。
少なくともゆがみを大きくしない、ゆがみを溜め込まないことを目指しましょう。


余分な力は余分である

4月から宮沢賢治の「ひかりの素足」をやることになった。
ブランクを挟んで4年ぶりである。

数えて見ると、これまで賢治の物は5本やっていた。
賢治はようわからないが、今回久しぶりにやってみて語りやすさというのがある。

「ひかりの素足」を声を出して読んでみて、なんというか「まろやかさ・やわらかさ・なめらかさ」みたいなものを感じた。 ことばではどうも表現しにくい感覚である。

ところが実際に声に出してみると表現しにくいというか、どうにも発音しにくい箇所があった。
特に次の3ケ所である。

冷だぁが・・・・・・つめだぁが
兄なも・・・・・・・あいなも 
面洗なぃやなぃ・・・つら洗なぃやなぃ

大変に戸惑った。
賢治のコミュで書き込んだらいろいろ教えて頂くことが出来、なんとか落ち着いてきた。

中には厳しく長いj長いコメントを書いて下さる方もいました。
「こういった安易な情報源(しかも信憑性に欠ける) での短絡的な学び方は、個人的に疑問を抱かざる得ません。

自分の足を使って、自分の耳で、肌で、目で、あらゆる感官で学んでこそ、作品を語る、その語彙の意味、作者の意図や作者の思い、ニュアンスを表せるものだとわたしは思っています。

遺された書物 全てから、継承されてる方々から・・・ 残されてる自然風土、習慣、宗教、・・・あらゆる統べてから、汲み上げる努力をされてください」

筆者はこのコメントに対して年甲斐もなくストレートに反応してしまった。
過敏に反応したということは、筆者の中にこの方と同質のもがあると反省した。

現代に日本では「努力する・頑張る」はまだ美徳である。
だが筆者は頑張りすぎてどん底に落ち込んだ時代があった。
ヘトヘト・ガタガタ・フラフラになったときがあり、そこから抜け出るに10年も掛かった。

うつ病の方に「頑張れ」というのは禁句というのは大分知られるようになってきている。
慢性疲労症候群の方に対しても同じであろう。

この厳しいコメントを下さった方は努力・頑張りでその分野では相当なレベルにまで達した方かもしれない。
現在の筆者はいかに余分な力を抜いていくかが、より重要なことだと考えるようになっている。


自分を見つめる場

語りの教室
今、レベルが大変に上がっている。
これだけレベルが上がると新規の方は入りにくくなるだろう。

3月の公演の9名の方が出演した。
表現はまだまだだが、これで皆さんよう声が出るようになった。

実に伸び伸びとしたいい声が響いている。人相も変わってきている。

場が変わってくる。
新規の方は入りにくいだろうが、入れば進歩が早くなるだろう。
昨年4月語りの稽古に復帰したときレベルが上がっているの肝をつぶした。

お休みをする4年前とまるで違っていた。
それはその前年に4名のかたが公演をやったからだ。
その後はこの4名の方のお陰が引っ張られたのであろう。

前はかなりメンバーの入れ替えがあったが、最近はあまりなくなった。
人数は15人と区切られているのでそれ以上は増えないが、なにしろ止める方がいない。

最近、お一人お休みし新規にお一人続けるようになった。
やっていれが声が変わって顔色がよくなってくる。

レベルが上がれば上がったで先生の方もハードルを高くしてくる。
ここの教室では先生がOKを出さねば次へ進めないやり方になっている。

耳が肥えて繊細になってくる。
どう表現するか?いかに大きな声をだすか?自分を見つめる場になっている。


左首から肩胛骨まで痛いー5

「いつもありがとうございます。
首の痛みは10のままですね。

今は後ろ側の首の骨のすぐひだりの筋が引っ張れるような痛みです。
右に倒すとすぐに骨がポキッと鳴ります。」

「床蹴り後は立位体前屈が床下4センチで後は同じでした。
4/22の書き込みで頭部の左倒しと首筋挟みのあとで前屈5→8センチと書かれています。

これはいまやられていないのでしょうか?
やっても変化しないのでしょうか?」

「すみません、前回のチェックは朝起きた時にやったので固かったと思います。
首は挟んだ後は違和感はほとんどなくなり10から2位にまで下がります。
しばらくすると戻ってしまいますが。

前屈は床下8センチです。
首筋を挟むと足先まで血流が良くなるようでポッポしてきます。」

「納得です。
普段のクセでルートが出来ているらしく戻りやすくなっているようです。
前回のコメントで全然利いていないのかと少々ショックでした。

朝、固くなっているようならば寝際のゆっくり呼吸をやってください。

続けることで目覚めが違ってきますよ。

何かいまひとつ聞きが悪いような感じもあります。
もしお時間がとれましたら呼吸塾のワークショップにご参加ください。」