力を抜く・力みをとる・リラックス方法

2008年04月13日 01:02
Q「以前、肩こり解消のためマッサージを受けた時に『体の力を抜くようにしなさい』とアドバイスされました。
言われてみれば、私は常に体に力が入ってしまっており、寝ている時も体が緊張している状態です。
体をリラックスさせようと意識してみてもなかなか上手くいきません。

体の力みを取る方法をご存知の方、アドバイスお願いします。
ちなみに深い呼吸もなかなか上手くできません。
こちらもご存知の方がいらっしゃれば、アドバイスよろしくお願いします。」

2008年04月13日 09:28
A「 一番やさし方法は「お布団には入ったら、ゆっくり呼吸をする」です。
起きているとき体重を支える必要がありますが横の時はそれがありません。

大きくとか腹式とかでなく、ただひたすらにゆっくりです。
身体が硬いと深い呼吸がやりにくいのですが、寝てやる呼吸が入りやすくなりますよ。
そのまま眠って構いません。
ボクの姉が毎晩実行しまして、ポキッと折れそうなくらい硬いからだがそれこそ
1年後、搗きたての餅みたいに見事に変わりました。」

2008年04月13日 19:56
Q「ありがとうございます。
やはり呼吸が大切なようですね。
以前、スポーツクラブでヨガをやっていた時に、プログラムの最後は必ず仰向けでゆっくり呼吸していたのですが、その時はうまく力を抜くことができ、次第に眠たくなり床に体が沈みこんで行くような感覚を味わったことを思い出しました。

2008年04月13日 22:50
A「肩の力を抜く法です。
息を吸いながら肩を持ち上げて息を吐きながら下ろします。
速度をいろいろ変えて、ご自分にあう速度・動きの範囲等を見つけてやって下さい。」

2008年04月14日 21:25
Q「仕事中も肩を下げる、肩を開く、呼吸をゆっくりするなど意識して過ごしてみました。
肩を下げることで、体それぞれのパーツが正しい位置にきたようで、力をいれなくても良い姿勢を保て体が楽でした。
猫背でアゴがあがってしまう癖もあるのですが、それにも効果ありでした。

ありがとうございました。
この状態をキープできるようにしたいですね。」

2008年04月28日 00:30
Q2「書いてくださっていた呼吸法やってみました!
すごい!メッチャ力抜けて気持ちよくなってそまんま寝れそうでした。
アタシはやることがあったのでそのまま寝れませんでしたが・・・

これから毎日必ずやります!これはですわ~~~~」



頭と足

子供の頃、手製の橇をつくって遊んだことがある。
角材を2本の先端を丸く削ってそれに横板を打ち付けた簡単なものだ。
それを坂のあるところで滑ったりしていた。

そのうちに橇にハンドルを付けた。ハンドルといっても橇の前の方、真ん中に左右に倒せる棒を取り付けた。これに綱を結わえて引っ張ってもらう。
そうするとこれで左右どちらかに倒すと橇が右に行かせたり左に行かせたりができるようになった。
真っ直ぐにしておけば橇は真っ直ぐに進む。

人間は直立し二本足出歩くことを選択した。頭は重い。5キロとか6キロとかあるという。
これが最上部にあり、その下の首は細い。細いからこそよく動く。骨と筋肉で頭を支えている。

この頭が橇のハンドルのように働く。身体全体に影響を及ぼす。
頭の位置が物をいう。

頭の位置は直接的には首の筋肉の影響を受ける。
左右前後の固さ・やわらかさが影響する。
それは手首・足首の柔軟性とも関係しているといわれている。

さらには心理状況も影響している。
我慢がつづくと首筋が固くなる。
積極的我慢は右に、イヤイヤ我慢は左に出る。

前を向いて目標を持って生きているか?
気持が沈んでいるか・どうか?
それも影響する。

さらに季節変動で骨盤が動くとその影響もうける。胸鎖乳突筋・肩胛挙筋等が変わり左右差が生まれる。

首はneck、隘路であり急所である。もっと大事にされねばなるまい。

参考 下記はミクシイに書いた日記の転載である。
「足は重心調整器である」 2008年04月21日07:52

すごい題名だと自画自賛している。

ウオーキングをやって身体を壊す人もいる。
ウオーキングの指導者は「足は重心調整器である」ということを知らない。

上体が歪んでいれば下半身は足の先まで、その重みに従ってゆがんでくる。
歪んだ状態で長く歩けば歪みが大きくなるはずだ。

歩いているときは体重の3倍の負荷が掛かるとなにかで読んだ。
走るときは6倍とか。

コニシキさんは260キロを超して300キロくらいなったとかである。
重すぎてタレント活動も儘ならぬという。
そしたら足は900キロを負担しなければならない。
膝も痛くなってくるだろう。

足先の向け方ひとつで身体は変わってくる。
10メートルも足を平行にして歩かせて見れば結果はすぐ出る。

頭の傾きを第一に考える手技療法がある。
確かに頭のわずかな傾きによって全身が歪んでくる。
頭は重く、5キロとか6キロもある。
それが最上部にあるのだから当然であろう。

頭部は車のハンドル、あるいは飛行機の操縦桿みたいなものである。
したがって頭と足、両方とも整えておくことが必要となる。

武術用語に「浮き身」ということばがある。
この浮き身が常時出来るようならば頭も足も関係ないということになろうか?


身体がゆるむと笑い声が出る

合気の先生に投げられるとハハハハと笑え声が出る。
何回もやっている。先生以外に投げられても笑い声が出た記憶はない。
合気道をやっていた頃もない。

ここの稽古をはじめた初期の頃にもあった。
投げられるとバランスが整ってくるのはわかっている。

笑え声が出るのは?
笑うと身体がリラックスといわれている。
NK細胞が増えてガンにも有効だという研究が話題になった。

一時、Hさんが笑ってワザを掛けていたときがあった。
よく利いた。腹筋に力を入れるとワザにならないよといわれたこともある。

宇宙飛行士は無重力状態で生活していると筋肉をつかわないとカルシューム不足になるとかいわれている。
恐らく宇宙にいるときは身体の歪みがほとんど見られないと思われる。

合気で投げられると無重力状態を体験していると同じと考えた。
投げられて無重力状態になる。

身体がゆるむ→笑い声が出る。急にゆるむから笑い声になるのだろう。
宇宙飛行士は宇宙にあっても笑い通しということはありえないと思われる。

笑うと身体がゆるむというのと逆バージョンである。


読んでいるだけで調整されます

エイトスター季刊誌の編集者との立ち話。

「原稿ありがとうございました」
「今日もいいお顔ですね」

最初、打ち合わせに伺ったときは、くすんだひどい顔していた。
編集が始まると息もしないくらい集中して根を詰めてやる由である。
背中にもコリがあった。

先月もいいお顔だった。その時はグリーンランドに行ってきたという。
空気がとってもきれいで生命の洗濯ができたとか。

「原稿を読んでいるとそれだけで意識が変わるようですよ」
息楽健康法(息が楽になる簡単健康法)の2回目原稿をお渡ししてあった。

大変うれしいお言葉である。原稿を書いた側にとって書き手冥利に尽きる。
1回目は【座】
座っているだけで身体のゆがみが取れてくる座り方、そしてふともも挟み・ワキ腹つまみ・眼球挟み
を紹介した。

2回目【立】
立っているだけで身体の歪みが取れてくる立ち方、そして合掌両手ゆらし・胴同ぶるい・茶筒・美しく見えてしかも歪みの取れるお辞儀のやり方を紹介した。
そして【歩】【寝】と続く予定である。

エイトスターという不思議なダイヤがある。このダイヤをお持ちの方は大変敏感である。ホンの軽い刺激でバランスが整ってくる。




踵をつけてしゃがめません

踵をつけてしゃがむとひっくり返るのだそうだ。
あるコミュでの書き込みである。

「自分は踵をつけたまましゃがめません。
足を肩幅くらいに開けば、
何とかしゃがめるのですが…。
両足を揃えて踵をつけたまましゃがむと後ろに転んでしまいます。

どこのバランスが悪いのでしょうか。
股関節はそれほどでもありませんが足首は硬い方だと思います。
どんな筋トレやストレッチが効果的でしょうか?」

何人も手を上げている。
ずいぶん多いらしい。
あるコメントで爪先重心の人はそうなんだという。
小学生の頃からしゃがめないという方もいる。バレエをやってプリエが辛いとか。

筆者は爪先重心タイプである。
だが全然平気でしゃがめる。
足首がごく普通のやわらかさであれば爪先重心であろう踵重心であろうと、立位から踵を付けたまましゃがめますよ。
昔の人は和風トイレではみなやっていたことです。
出来て当たり前のことだったでしょう。

和風トイレを撤去するとそのビルのステータスが上がるとか。
いずれ日本から和風トイレは消えてなくなるだろう。

「簡単な足首体操をお進めします。
まず立位体前屈でどこまで曲がるかを見ておきます。
両足を平行にしてなるべく脱力をして、足裏をつけたまま膝を小刻みリズミカルに上下動します。
30秒くらいやって前屈します。
前より深く曲がるようならば、それだき緊張が抜けていい刺激が入ったとみます。」

と書き込んだものの、原因はトイレの所為ともう一つは靴の所為らしい。
日本の履き物、下駄や草履は足の五指をしっかり働かす。
靴だとそれはない。
靴が原因だという認識もない。
ストレッチをやって脚を痛めた方もいる。

いくらエクササイズをやったとしても履き物が原因とすると、賽の河原に石を積むようなものかもしれない。




骨盤のゆがみー2

2008年04月04日 12:06
A「>コルセットはしてみようと思い昨日から装着してます!
結果はいかがでしょうか?
股関節の左右差が大きいと思われますがチエックをして下さい。
あぐらの姿勢で足裏を合わせて引き寄せ、両膝を較べてどちらが高いかをみます。

骨盤が痛い由、骨盤の何処でしょうか?
仰向くになれたら、恥骨の床に対する左右差を見て下さい。
仰向けになり、恥骨の左右に触れてみます。」

2008年04月04日 21:57
Q2「仰向けになると左足がしびれて痛くて真っ直ぐ足を伸ばせないんです。。
足裏付けてあぐらかくと左足が高いきがします
コルセットは付けてみて正直楽になったと実感はありません(^_^;)でも立った時安定してる気がします。

体力が落ちてるので体力付けるしかないんですかねー。。
アドバイスありがとうございます」

2008年04月04日 23:01
Q3「パンツをお直ししたら必ず右が2センチほど長いのです。注意してみてみると靴のかかとも右の内側だけがすり減っています。これも骨盤の歪みのせいでしょうか…。足を組むのはやはり右上ですし、肩も右側が頑固に凝ります。最近は右の歯まで痛みだしました。

整体か 鍼か はたまた自宅でできる体操か… 少しでも楽になるために ご示唆願います。」

2008年04月05日 02:32
A「Q2さん・Q3 さん
お試しください。
床に腰を下ろして両手を後ついて、両膝を立てます。
足を20センチくらい持ち上げて床を軽く蹴飛ばします。
これを左右交互に20回くらい繰り返します。
これで左右の股関節差が取りあえず調整されます。
やる前後にあぐらの姿勢で足裏を合わせて引き寄せ膝の高さを較べて下さい。

それから1に書いたように足先を前に向けて、足の内側親指からかかとのラインを平行にして歩くと歪みが出にくくなります。」

2008年04月05日 07:18
Q2「蹴っ飛ばすのは前にですよね
さっそくやってみます!
ありがとうございました」

2008年04月05日 09:09
Q4「脚長差があり体全体が歪んでいると宣告されています。
脚長差があるからなのか、他に原因があって脚長差があるのかわかりませんが、
今までどんな治療法を試しても何の効果もありませんでした。
諦めるしかないのでしょうか。
症状は腰痛、肩こり、眼精疲労その他です。」

2008年04月05日 09:49
A「Q4さん
骨盤は上体の重量を受けて脚に伝えています。
股関節を調整することで骨盤の位置が正しい位置に戻るし、それを受けて脚の長さも調整さると考えます。
上記の蹴飛ばしをお試しください。

蹴飛ばしで調整されても歩き方が従来通りですとまた戻ってしまいます。
歩き方も気をつけてください。」

2008年04月05日 13:15
Q3「どうもありがとうございます。
朝起きて早速やってみました
歩き方にも関係があったのですね。
今後気をつけます。」

2008年04月05日 22:16
Q2「実際にやってみたら明らかに変わりましたこれで痛みは和らぎますか?
続けてやってみようと思います!
ありがとうございました」

2008年04月05日 22:27
A「Q2さん
>これで痛みは和らぎますか?
股関節・骨盤・腰椎の調整が出来たとみます。
左足は少しは伸ばせたのではないでしょうか?」

2008年04月05日 22:56
Q2「はい(^-^)
最初、右足の方が足上げて伸ばすの痛くて真っ直ぐ伸ばせなかったのですが、
回数やっていくうちに明らかに痛みが和らぎ伸ばせるようになっていきました!

あぐらも高さが目でわかるくらい変わり驚きました!
結果が分かり向上心も持て良くなるかなー?と前向きに考えられるようになりました。
がんばってみます!」

2008年04月05日 23:27
A「Q2さん
踵蹴飛ばしで変わるのですが、歩き方がこれまで通りですと戻りやすくなります。
何しろ、歩くときは足には体重の3倍の負荷がかるといいます。
歩き方もご注意下さい。」

骨盤の歪みー1

2008年04月01日 00:49
Q1「骨盤の歪みって、全体の歪みに影響すると思います。噛み合わせ等にも影響しますよね。
歪みが治った体験、方法や良書について教えて下さい。

2008年04月01日 09:14
A「大事なのは歩き方と考えます。
歩くときの足の方向が特に重要でしょう。

骨盤は上体の重量を受けて脚に伝えます。
足先を前に向けて平行にして歩くと、均等な力が骨盤に伝わり背骨も真っ直ぐになってきます。

2008年04月03日 23:28
Q1「ご意見に関して疑問があるのですが、真っ直ぐ歩くのは、身体に歪みがあったら結構難しいと思うのですが、その点に関してはどうお考えですか?」

2008年04月03日 23:50
A「真っ直ぐに歩けとは書いていないですよ。
足先を前に向けて足を平行にして歩くと書いております。
がに股O脚の方はすぐにはムリな方もいます。

普段と違う筋肉の使い方をしますから、ふくらはぎが痛くなることもあります。
やっていれば歪みが取れてきます。
かくいうボク自身、O脚で膝が絶対に付かなかったのですが今は楽につきますよ。

背骨を見れるならお友達に試してみたらいいですよ。
10メートルも歩かせたら背骨の曲がりが取りあえず取れてきていることがおわかり頂けるでしょう。」

2008年04月04日 09:48
Q2「産後1ヶ月半になるのですが横になると骨盤がいたくて左足がしびれます
特に仰向けには産後から寝れなくなりました。

赤ちゃんのお世話でまだまだ家を空けられない状態なので家でできる痛みの和らげ方とかありますか?
まっったくの素人なので難しい事は分かりませんが、よろしくお願いします。
コルセットはしてみようと思い昨日から装着してます!」

心は現在を要す

「心は現在を要す」昔、教わったことばである。
「過ぎたるは及ばざるがごとし、来たらざるは向こうべからず」ということばもある。

だが人間の脳は4~6時中、考えている。それは現在とは離れていることだ。
「いまというまに いまはなし まのじきたれば いのじすぎゆく」という古歌もある。

この「考える」ということを止めることは難しい。
考える故に我あり、考えるということは我が存在している。

迷っている自分・それを見ている自分、考えている自分・それを見ている自分、観察している自分・それを見ている自分がいる。「見る・考える・迷う」は分離した自分である。

昔は精神統一法ということばが幅を利かしていた。いまはあまり流行らない。
こころが分離した状態ならば合気の技になりっこない。

合気の稽古で手が触れあった瞬間にお互いの存在を丸ごと感知するらしい。そしてこいつに大丈夫とかこいつには勝てないとか判断するらしい。もっとも触れなくなともわかるときもあるから触れた場合はなおさらだろう。

触れ合ったその時点で勝負あったということだ。
こいつには敵わないと感じた途端に身体の関節がゆるみ抜けた身体になる。

だがここでは「合気とは自分より強い相手に勝つ法である」といっている。
自分より力の強い相手、自分より運動神経の発達している相手に勝つ。

それは「我をなく、考えない」つまりは脳を空っぽにすればいい。
「人は鏡」という。かがみのがを抜けばかみー神になる。




パニック障害からの背痛

2008年04月13日 14時11分
「こんにちは。いつもありがとうございます。
突然のメッセージをお許しください。

以前にも持病であるパニック障害のことについてメッセージをさせていただきましたが、今回は背痛と腕の痛みと出ていなかった腰痛が出てきてしまいまた暮らしていることの辛さが出てきてしまい
(我慢すればできなくはないので流されやすい)
いい加減に本気で治さなくてはと焦り始めています。

そこで、うかがいたいのですてがたー先生の定期的にある教室には電車に乗れず参加できません。
個人セッションは受けていただくことはできますでしょうか?

もし可能ならお願いしたいです。
確か、先生のお住まいは私と同じ地元でしたよね?
市内で診ていただけたら大変助かります。
また、診察時間、金額等・・教えてください。
私でも支払える額ならお願いしたいです。

返事お待ちしています。
どうぞよろしくお願いします。」

この方のお友達で自律神経失調症の方が、やはり背中が痛く診てほしいという依頼を受けて行ってきました。
そしたら日記の方にコメントを書いて下さいました。

2008年04月18日 13:44
「そのお嬢さんも不思議だったことでしょう(^^)v
たー先生の手とお知恵は不思議です?!
一昨日は大変お世話になりました!

頑固な痛みがあったので完璧に治るはずはないですが、肩凝りは少しあるものの、一番辛かった背痛がなんと、、、?あれ? 2日たった今日もまだないのです!
本当かな?とまだ信じられません(笑)

あれから、体の繊細さや心と意識の繋がりの強さの深さが少しわかり、自分の体をもっと労ってあげようと意識が出てきました。そう思うと自然に、意識も姿勢も行いも、天地に素直にならなきゃ♪と思いますね。

ありがとうございました。またメンテナンスお願いしますm(__)m 」

2008年04月18日 13:51
「 うれしいコメントです。
この前お話ししたエクササイズを短時間でいいですから、お続けになれば背痛はあまり出てこなくなると思いますよ。」

ここに出てくるお婆さんは先日呼吸塾に参加された方のお話でミクシイに書いた。

「78歳、腰が痛いと身体を丸めて入ってきた。
仰向けでかかと蹴飛ばしをやらせた。
そしたら10回くらいで止めた。
なんでかなあ、と思ったら本人はそれでokだったらしい。

立ち上がると「アレ、痛くない。不思議だなあ。
ここへくるとすぐよくなるんですよ。不思議だ」といいながら歩いてみていた。

『いいですか、たった10回で腰痛が消えるんですから、ご自宅でもやって下さいよ』
折角、何通りか自分でやる方法を控えていったのにやっていないらしい。」

ご当人の背中は右肩胛骨と背骨の間、それも上の方、これでいくとずいぶん「切ない思い」されたのであろう。それと左肩胛骨の少し下の方にコリがある。これは「周囲に気を遣い過ぎ」たために出たものらしい。
パニック障害を持病とされている方である。緊張しやすくコリも出来やすい。
だが身体をほぐし軟らかくしていけばパニックも出にくくなるのではないだろうか?




速効浮腫とりになるかも

『2008年02月28日07:34
「最近、足が浮腫むことに気が付いた。
いつからかわからない。
脛骨の内側を指で押すとポッコリと凹む。
右も左も凹むが左の方が大きく凹む。

かって母が「足が浮腫むんだよ」といって見せられた記憶がある。
歩き方の影響が大きいのではないかと考えて試行錯誤をしている。

ボクは右前重心のくせがあった。
だいぶ修正はされてきてはいる。
右が前重心とすると左足は踵重心である。
それでバランスをとって歩いていた。

足裏の前後角でいうと左足の方が右足に較べて大きく曲がり、逆に右足は背屈しにくい。
左足首がよく曲がるのだが、その分爪先が曲げにくい。
き座で踵がつかない原因もそこにあると考えている。
試みに歩いているとき、左拇指丘を意識して体重をかける、親指をよく曲げるようにやっている。

蹴るという表現は好きではないが、左足の蹴りを大きくするといった方がわかりやすいだろう。
勿論、歩き癖を変えることが難しいことはよく知っている。
5分や10分なら出来る。

継続していつもそれで歩くというのは難しい。
しかし気が付いたらその歩き方に変えるようにしている。
そのせいか、浮腫方が半減したように思える。 』

『 2008年03月12日08:36
先月末、脚のむくみについて書いた。
脚のむくみは脚の前面の外側と内側から真ん中に寄せるように摘んでいると取れてくる。
これは一時的にはOKである。

ボクは腎系が昔から弱い。
歩き方を変えることで浮腫を出ないように出来るのではないかと考えている。
それで今は左足拇指丘の踏み込みを意識して歩くようにしている。
結果として一直線平行歩きを厳格にやることになった。
浮腫がでていない時もある。』


脚の浮腫みについて画期的なやり方になるかもしれない。
脚の前面をつまむ・挟むでいいのはわかっていた。
浮腫んで弾力を失った筋肉を挟んでも消えていくのだが、どうも面白くない。
これより下から上に向かって強めになで上げる方がいい。

ところが今日何気なく挟んでいてオヤッと思った。時間にして30秒くらいだろう。
本当にきれいに浮腫が消えている。
挟む場所というか広さ面積が関係しているらしい。
人間の身体はどこ触っても変わる。それはわかっている。

脚の前面を内側と外側から大きく挟むといいらしい。
筆者の場合、歪む場所は脛骨の前面である。その浮腫んだところを小さく挟むのではなく、大きく両横の方から中央部に寄せるように挟み上げるという感じがいいらしい。

そのまま動かさない、何カ所もやる必要もない。
再テストをやって場所を確定したい。

ふともも挟みで身体のバランスが整うのはわかっている。
脚の前面をはさむのも身体のバランスを整える。
速効浮腫とりが完成するかも知れない。
それと前重心で脚の前面が固くなっている場合にも有効と考えられる。




股関節の調整法ー7

2008年04月10日 17:30
Q9「久し振りにビリーさんをやったら、股関節がコキコキと…оо
体は温まってるハズなのに音が鳴るので少し心配になりました(⊃ω×`)

股関節が硬いのか、はたまた骨盤の歪みのせぃなのか…
是非アドバイス下さいッ☆」

2008年04月10日 23:05
A「Q9さん、股関節がコキコキという・いわないに係わらず股関節は調整しておいた方がいいでしょう。
股関節の左右差があると骨盤が狂ってきます。
筋肉が固くなってくると関節がゴキゴキいいだすようです。
上記のやり方をお試しください。」

2008年04月11日 02:04
Q9「年の割りに、骨盤が結構歪んでるらしく… 股関節の左右差はあまり感じないのですが、やたら左の股関節が音がするし、動かしにくいので… 見た目には分からずとも差が出ているのカモ知れないですね(⊃ω×`)
長い目で取り組んでみます☆☆」

2008年04月11日 08:11
A「Q9 さん
>股関節の左右差はあまり感じないのですが、やたら左の股関節が音がするし、動かしにくいので…

別の検査法があります。
立位体前屈で何センチかをみます。
上記の蹴飛ばしをやって前屈します。
ここでかなりの差が出るかも知れません。」

2008年04月11日 09:07
Q9「立位体前屈ですね♪
やってみます☆☆
数日で変化が分かるものなんですか?」

2008年04月11日 09:30
「結果はすぐ出ます。
人間の身体はすごく敏感に出来ているらしく、自分の身体にあうかどうか即座に判断するようです。
大分固い方でも差は出ます。
前屈するときに、ゆっくりまげて下さい。
これを知っとくと重宝ですよ。」

2008年04月11日 11:31
Q9「有難うございます!!
早速やってみます(o'∀`o)
効果が出るとLlLlなッ♪」

鼻づまりで呼吸困難

2008年04月10日 12:29
「はじめまして、ただいま参加させてもらいました。
今更ここを知って、ちょっと遅かったのが悔しいです。。。

それは、呼吸法に興味があり、たまに自己流で呼吸法をやってはいるのですが、この花粉症の季節。
重度なもので鼻から呼吸がまったくできず、おそらく脳に酸素が行きづらいのでしょう、頭がボーっして、集中力が欠けてしまうんです。

同じ症状の方や、それに対するアドバイスなどありましたらぜひ共有させてください!!
よろしくお願いいたします!!」

2008年04月10日 12:55
「利くかもしれません。

頭部を動かさないようにして、耳を引っ張ります。
息をゆっくり吸いながら引っ張り、息をゆっくり吐きながら戻します。
上下左右前後、いろんな方向に引っ張ります。
それぞれ5回くらい試してみて下さい。
1時間くらいは通っているかもしれません。

もう一つ、口から息をゆっくり吐きながら鼻筋を何回もなで下ろします。
なで下ろしは早くやります。

2008年04月10日 19:58
「ありがとうございます。
下半身の運動や、耳を引っ張るなどは新しい情報ですっ。
さっそく試して効果を確かめたいと思います」

2008年04月17日 07時03分
「突然ですみません、こんにちは。
『花粉症で呼吸困難な者』です
その節は的確なアドバイスありがとうございます
さっそく試したら効きました

で、ちょっとたーさんのページをのぞかせてもらったら すごいお方なんですね!
とても興味がわき、今後もちょこちょこ遊びに行かせてもらおうかと思います

もしよろしければマイミクよろしくお願いします」

筋肉にある痛みの記憶を消す

「膝はどうして治したのですか・」と聞かれた。

2005、1月早々膝を痛めた。痛めてから30日位経ったとき、治るには治るため時間が必要なんだ。じたばたしてもしょうがない。じたばたしようとしまいと時間は必要だと思った。

2ヶ月過ぎても正座をしていると痛くなってくる。あぐらでも痛くなってくる。
電車で30分立っていると階段を下りるとき痛い。
でも階段の途中で痛みが薄らいできた。前はしばらく痛みが続いた。

それが70日。長すぎる。骨折だって1ヶ月も経てばくっつくというのに、なんでこんなに掛かるのだ。3ケ月経ち6ヶ月経ち更にそれから2ヶ月過ぎてまだ痛みが消えない。

1月に膝をやって、実際に稽古に復帰したのは9月である。
それも痛みが消えたからではない。稽古をやりながら直そうと考えたからだ。骨の方は大丈夫らしい。

筋肉に痛みの記憶が残り続けるという知識はあった。実際に自分の痛みと向き合って、痛みに耐えながら自分で直そうと思ったのは今回が始めてである。

多分、肩を痛めたときも同じく状態だったと思われる。
このときは最初に整体を教わった先生のところに行ったが全く利かなかった。
それで治療関係の雑誌に記事を掲載していた先生のところにいった。それが手技に入り込む切っ掛けになった。

膝の痛みに対しても自分なりのワークを多分、膝パタなんかをいろいろやっていたと思うのだが、特に利いたという記憶がない。多少は楽になったとしても痛みはズッーッと続いていた。

強力な負荷で痛めた場合は強力なリハビリ?が必要なのかも知れない。筋肉は強力に伸ばされたとき逆方向つまり縮む方向に固くなり痛みが発生する。

それが強ければ強いほど回復に時間が掛かる。それを筋肉の記憶と筆者は呼んでいる。正式にはなんというのか知らない。

合気の稽古では正座が多い。少し長くやっていると痛みが強くなってくる。
途中休憩を入れながら痛みを辛抱しながら稽古を続けていたら2~3ヶ月掛かったと思うが完全に回復した。
現在は痛みが全然ない。今、思うと正座は太股・脚の前面・足の甲側を伸ばす、これがよかったように思う。痛いけどいい意味のストレッチになっていたらしい。

痛みがあると動かすと怖くなるのだが、骨に異常がなければどんどん動かした方がいいと考えている。だがこれも痛みに気持が萎縮するようだとストレスとなって身体は歪んでくるだろう。

一人で正座をしても痛みが気になるから長くは続かずすぐ止めていた。
合気の稽古で正座をした。稽古だから気も紛れるて正座が続けられたから膝は治ったと考えている。



股関節の調整法ー6

2008年04月08日 12:08
Q5「Aさんの説明および補足にさらにというならば、
1、体育すわりで、バタ足(子供が尻もちついた状態で地団駄踏ん出る感じ)
2、プールサイドに腰掛けてつま先で水をピチャピチャする感じで、かかとで床を叩くがイメージ湧くかな?

まぁ、やる人は試行錯誤してやるだろうし、やらない人は何いってもやらないのでは?
体だけではなく、頭や心もやわらかくありたいものです・・・。」

2008年04月08日 15:26
Q6「>おすすめは床に腰を下ろし、膝を立てます。
>両かかと交互に床を蹴飛ばします。

体育座りをして踵をお尻から30㎝くらい離し、踵を床から20㎝くらい上げたり床に落としたりを左右交互に行う。」

2008年04月08日 20:14
A「Q5さん
  Q6さん

ありがとうございます。
Q6さんは変化がありましたでしょうか?
「踵を叩き付ける」という表現だと強すぎる感じがします。
足の重みだけで落とすという表現がQ6さんには適しているような気がします。」

2008年04月08日 22:55
Q4「 わからないよ~って書いたら みんなが教えてくれる。
なんか すてきですね
いろいろ書いてくださったみなさん ありがとうございます。
おかげで わたしも すっきりですー」

2008年04月08日 23:22
Q3「 こんにちは!
私もやっと、わかったんですよ~~←遅い??^^;
初めは、豪快に蹴ろう蹴ろうとしていたので、うまくいかなかったようです。」

あれは、ストレッチと言うより「小技」って感じ?
前「伊藤家の○○」で、
「片手で鼻をつまみ、もう一方で腕と反対側の耳をつかみ、足で地団太を踏みます。
それから体前屈をすると、前より曲がるようになっています」
というのがありましたが、それと似てるかな?と・・・

これを持続してやって股関節が柔らかくなるなら、ラクチンだしとってもお得ですね^^
簡単なので、夜寝る前にやることにしました。
1ヵ月後、少しでも効果が出ているといいな・・・

今までの書き込みで、もし気を悪くされていたなら謝ります・・・
どうも失礼いたしましたm(_ _)m」

2008年04月10日 15:20
Q7そうですね。小技って感じですね。
筋肉云々は関係無しに、直ぐに簡単に出来る伊藤家ですね。」

股関節の調整法ー5

2008年04月08日 00:31
Q8「今日、医者に行ってきました。
レントゲンには問題がないそうで湿布と飲み薬(ロキソニン・塩化リゾチーム錠90mg「トーワ」・ムコスタ)を もらってきました。
「茶筒」も取り組んでみますね。

お二方からコメントいただけて嬉しかったです。
ありがとうございました。」

2008年04月08日 00:38
Q4「なるほど、やりもせずに下らない事ばかり書くなって事でしょうか?
小技は面白いですね。
ほんと おもしろいですね!」

2008年04月08日 08:07
Q6「あれから数日間私なりの解釈で試してみたのですが、残念ながら解釈が間違いなのか効果らしいいモノが出ませんでした。
試しもせずにと思われるとけないので結果を報告しておきます。
又もう少し工夫しながら試してみたいと思っています。

2008年04月08日 08:51
A「ボクの文章がわかりにくいと指摘されています。
舌足らずの文章とは思います。

試されて変化がわかった方に伺います。
このエクササイズを文章でどう表現されますか?
お気楽に書き込んで頂けたらうれしいです。」

股関節の調整法ー4

2008年04月06日 00:01
Q3「ふと思ったのですが・・・
この方法って、ストレッチというより、骨盤がゆがんでいるかどうかの確認&矯正法なんでしょうかね?って気がしてきました。
股関節を柔らかくするには、やっぱり、お風呂上りに夜な夜な開脚などするしかないのかもしれませんね。

私の場合、骨盤のゆがみのせいで、片方の足がうまく開きません。
整体に行くとよくなることもあるのですが、またいつの間にやら元通り、です(悲)
ジム通いをしていますが、股関節は柔らかいほうがいいようですね^^;」

2008年04月06日 07:34
A「>足首が全く動かない人??
足を怪我されて何年も固定されていたようです。

もし背骨を見られているようでしたら、このエクササイズをやって背骨を見て下さい。
変化に驚かれるでしょう。」

2008年04月06日 20:27
Q5「ご貴殿ののおっしゃる方法(と思われるやり方)、試してみました。
確かにやる前とやった後で股関節の開き方が変わりますね。
なかなか面白かったです。

今後これを続ければ、股関節の柔軟性(可動域)改善になるのでしょうか?
とりあえず忘れないように時々やってみます。
ありがとうございました。」

2008年04月07日 07:15
A「>今後これを続ければ、股関節の柔軟性(可動域)改善になるのでしょうか?
次回の折、立位体前屈でお試しください。
やる前やった後でどのように変わったかを観察してみてください。」

2008年04月07日 23:50
Q7「この説明文章は確かに解りにくかったですが 自分なりに解釈して実行したら以外と簡単でした。
>すぐ試される方と質問ばかりしてなかなかおやりにならない方の
>二通りに分かれます。

なるほど、やりもせずに下らない事ばかり書くなって事でしょうか?
小技は面白いですね。」


腰を入れるということは?

日本語には腰を入れるとか本腰を入れるということばがある。辞書を引くと「腰を入れる」は腰をすえる・しっかりした態度を取る。「本腰を入れる」は本気でやるときの腰の構え方・本気でになってやることとある。古い日本人はその身体的な意味合いを知り且つ出来た人間が多かったと思われる。また履き物や衣服・正座・トイレなど生活の中で自然に鍛えられる仕掛けがあった。

ミクシイの日記である。 2008年04月13日07:23
『 ぶつからない力の稽古 4/12
Tさんとの合気上げ

今日はがっちり押さえ込まれたような感じになった。
前回軽かく受けてもらっているような感じだった。

帰りの電車で先生に話すと、前回はちゃんと締まっていた。今回は抜けているように見えた由。

あぐらの姿勢で腰を入れると強くなることが確認できた。
正座になるとくずれやすいし、立つと全く纏まらなくなる。
正座でも腰を入れているつもりでも、長年のクセで腰に反りが出やすく抜けやすい。

Tさんは逆に正座そして立位では抜けにくい。
立っての腕を組んで構えていても押しまくられて、全く勝負にならない。

同じ事があぐらの姿勢だと断然こっちが強い。
特に両腕を立てた相手の両肘にこっちの両手を添えて軽く押すと、ウソみたいに軽く相手は倒れた。』


腰・腹・股関節に関連して合気の先生が三戦の型の話をされた。
やり込んで行くにしたがい締まってくるらしい。
空手を教えている方が呼吸塾に何回か見えたことがある。
そのとき一直線平行歩きを勧めた。「足の内側のラインを平行にして歩きます」といったら空手の方では足の外側小指のラインを平行にすることになっている由であった。

礼法の動きでやって見ろといわれて、きれいに決まったときがある。
その後も試みているがうまくいかないことが多い。
ひとつは集中力の問題がある。いわれてやったときは集中していた。
その後うまくいかないのはもうひとつ身体の問題がある。
バランスがくずれていればうまくいかない。

正座をしてみてどうも股関節というか腰回りが落ち着かない感じの時は失敗する。
あぐらの姿勢で腰を入れてから正座をすると決まったという感じがあった。
太股がきっちりくっついていて両腕の伸びもいい。
わざわざ肘の張りを作ることもない。既に出来ている。

これならば礼法の動きでやれば技も利く。そういう体感がある。
身体が先行して出来てくると身体が教えてくれる。そこでなるほどと納得である。

膝を付けて座れとという古人の智慧を改めて感じる。
合気道開祖が口癖のようにいっていた意味が改めて深く理解できた気持である。
以前の理解は膝をくっつけるとバランスが整うという理解だった。

今回筆者にとって膝を付けるということは、「腰を入れる」こと重要な条件という理解である。
この辺は人の身体はみな違うからそれぞれが工夫が必要と思われる。
無論、膝を開いていても腰を入れることは可能だし方法はあると考えている。

ところが時間の経過に伴って正座の場合、膝がゆるんでくる。
早いときは数分でくずれる。
この辺は意識のありかた、そしてくずれにくいポジションがあるのかもしれない。
あるいは鍛錬次第ということなのかもしれない。

股関節の調整法ー3

2008年04月05日 09:29
Q6「あなたが運動法?を教えた事で救われている人も少なからずいる様ですが、私も9・11・12での質問の様に、どの様にすれば良いのか戸惑いながらいつも観ています。

蹴飛ばす=踵を床に叩付けるのか、踵を床に打ち付けると同時に足先の方に流すのか、でした。
足の重さで落とす =踵を床に叩付ける様に落とす、の様ですね。

又、どちらかの爪先が開いている場合に、同様の事をして左右差が少なくなったらOKです、の様な事を言っていますが、差が変らない場合はどうしたら良いのか?
私も参考にさせて頂いておりますので、それらの点にもう少し触れて頂けると有り難いのですが。」

2008年04月05日 21:53
A「9・11・12での質問には13でお答え致しました。
>A 足の重さで落とす =踵を床に叩付ける様に落とす、の様ですね。
踵を床に叩き付けるとは何処にも書いておりません。
>どちらかの爪先が開いている場合に、同様の事をして左右差が少なくなったらOKです、

これは14のことを仰っているとしてのお答えです。
14に書いたように股関節と足の向きが一致しない場合を除きますと、大多数は変化すると考えております。
わずかですが全く変化しない方もいますよ。
足首が全く動かない方はムリでした。

2008年04月05日 23:33
Q6「>踵を床に叩き付けるとは何処にも書いておりません。

それは承知しています、「叩付ける」は私の表現ですが、その方が分かりやすいかと思ったからです。

>14に書いたように股関節と足の向きが一致しない場合を除きますと、大多数は変化すると考えております。わずかですが全く変化しない方もいますよ。

そうですか、変化の無い人はわずかな人だけなんですか。そんなに良い方法だとは思ってもいませんでした。

>足首が全く動かない方はムリでした。

足首が全く動かない人??
ギブスをはめている様に、固定されている様な足首が硬い人ですか?」


股関節の調整法ー2

2008年04月04日 20:37
Q3「質問の仕方が気に入らなかったでしょうか?
やってみて、よくわからなかったから、質問したのですが・・・

骨盤がゆがんでおり、時々整体に通っています。
自分で治せるなら・・・と思ったのですが。
体育座り状態をして普通に蹴ろうと思うと、もう一方のかかとがある付近、もしくはもう少し前方を蹴るような感じです。
これでいいのでしょうか??」

2008年04月04日 21:02
A「あぐらの姿勢で足裏を合わせて両膝の高さを比較するとわかります。」
ボクに聞くのではなく検査して下さい。
エクササイズの前後を必ず検査をして下さい。
結果は検査に現れます。
やり方が合っていれば多少なりとも股関節の左右差は減少します。

2008年04月04日 21:12
Q4「たーさんの書かれておられる
『おすすめは床に腰を下ろし、膝を立てます。
両かかと交互に床を蹴飛ばします。 』
というものですがOOさんの疑問と同じくエクササイズの仕方が わたしもわかりませんでした。

床に腰をおろして、膝をたてて、両かかと交互に、床を蹴飛ばす??
膝をたててまではわかりますが
交互に床を蹴飛ばすって どういうふうにでしょうか?」

2008年04月05日 01:09
Q5「私もやり方がわかりません。
おっしゃるように「質問ばかりでやらない人」がなにより駄目なのは分かりますが、やり方を間違っては正しい結果や、それに対する今後の対処も違ってくるような気がするのですが・・・。

文字だけでは説明しづらいの分かりますし、だからとて「動画をアップしろ!」とまで言う気もありませんが、せめて今かかとがある付近を蹴るのか、それとも、前方を蹴るのか?また、全力で蹴るのか?じわ~っとやるのか?くらいは教えていただきたく思います。

せっかく教えてくださっているのですから、尻切れトンボにせず、教えていただきたく思います。よろしくお願いいたします。」

2008年04月05日
13A「>交互に床を蹴飛ばすって どういうふうにでしょうか
右かかとで蹴飛ばしたら左かかとで蹴飛ばすを繰り返します。

>せめて今かかとがある付近を蹴るのか、それとも、前方を蹴るのか?また、全力で蹴るのか?じわ~っとやるのか?くらいは教えていただきたく思います

現在の場所がやりやすいです。
力の程度ですが、取りあえず足の重さで落とすかそれより強めにやってみてください。

14)もう一つのチエック法を書いておきます。
仰向けになります。
両足のと倒れ方を見ます。
大概、左右差があります。

その左右差が少なくなるならばOKとみます。
注意することは、あぐらの検査と合わない場合があることです。
足を捻挫・骨折・肉離れ等をやっていると膝とは逆になることもあります。
この場合は膝が優先となります。」

股関節の調整法ー1

2008年04月03日 10:42
Q1[股関節を柔軟にさせるストレッチを教えてください!

(腰が悪いため、腰に負担がかかりにくいストレッチをよろしくお願いします。)」

2008年04月03日 11:01
A「股関節の左右差が大きいと骨盤が歪みやすく腰椎も曲がってきます。
あぐらの姿勢で足裏を合わせて両膝の高さを比較するとわかります。

おすすめは床に腰を下ろし、膝を立てます。
両かかと交互に床を蹴飛ばします。
30回くらいやってみて、上のチエックをやって確認をします。」

2008年04月03日 11:57
Q2「私もトピ主さんと同じ状態で股関節が固く、さらに左右差がかなりあります
かかとを前につきだす運動をすると左右差が縮まるのですか?
なんとか股関節を柔らかくしたいです…

2008年04月03日 22:53
A「お試しください。
結果はすぐ出ます。
整体でも股関節差を調整するのはかなり難しい技を使います。
この方法は簡単で誰でもすぐお試しになれます。」

2008年04月03日 23:19
Q1「ありがとうございます!実践してみます!

2008年04月03日 23:23
Q3「質問です。
そのやり方ですが、、、
体育座りをした状態で、どの辺の床を蹴るんですか?
今かかとがある付近を蹴るの?
それとも、前方を蹴るの?

で、これを続けると骨盤のゆがみが取れるのかしら??

2008年04月03日 23:39
A「エクササイズをお勧めすると、すぐ試される方と質問ばかりしてなかなかおやりにならない方の二通りに分かれます。

やってみれば結果はすぐ出ます。
検査付きエクササイズですよ。」


開脚前屈で痛めました

2008年04月06日 22:21
Q「股関節に関する相談です。
今日の昼間のことです。

開脚前屈をしていて、上半身を前方に倒したまま、左足の方に移動させたところ左の股関節が「ぐるん」と回転したような感覚があり、 痛みが走りました。

歩行時には痛みもなく問題がないのですが、前屈や開脚をしようとすると股関節とお尻のあたりに痛みを感じます。

医者に行った方がいいものか 放っておいてもいいものなのかアドバイスいただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

2008年04月07日 00:23
A「開脚前屈のさいにムリな負荷を掛けられたようです。
筋肉はムリに伸ばそうとすると身体を守ろうとして縮もうとして痛みが発生すると考えます。
痛みの程度にもよりますが、傷みが消えるまで時間が必要なようです。

3月くらい前に滑って強烈な尻餅を体験致しました。
そしたら打ったお尻ではなく前面の股関節に痛みが生じ、まるで山本勘助みたいにして歩く羽目になりました。
[床に腰を下ろして両膝を立てて、交互に両かかとで床を蹴飛ばす]エクササイズも有効と思いますがこのときは、「茶筒」というワークをやりました。

やり方は両足を平行にして立ち、両かかとを床につけたままで膝を小刻みリズミカルに上下します。
茶筒にお茶を詰めるときトントンとやる動作に似ているので茶筒といっています。

やると楽になるのですが傷みがじきに戻り、すっかり消えるまで20日以上掛かったような記憶があります。」

支えは常時キープする

「いい声をお持ちじゃないですか」久し振りに褒められた。
語りの教室で本日から参加された男性からである。

教室ではまず身体をほぐす体操をやってそれから発声練習がからはいる。
発声練習では不動真言を使っている。
まず息だけで聞こえるように称える。
しばらくやってそれに声を載せていく。
「声を載せたときのどに来るようではいけない。

そこで質問が出た。
空気をお腹に吸い込む。
無論実際に空気がお腹に入るわけではないが、腰を後に突っ張るような感じになる。
その空気をチビチビ大事に使っていく。
抜いてはいけない。
お腹は前に出たままで凹むことはない」

これを聞いていて先日の合気の稽古を思い出した。
先生のの腰が後に傾くように見えたが説明は丹田を前に出して相手に近づけるといわれた。
全く同じではないか。

ところが実際に声を出してやるとのどが緊張する。咳が出る。
合気上げの稽古で肩が力みまくった時期があった。

復帰初日「支えを抜くな」といわれてしまった。
それで駅までの行き帰り不動真言をやるようにしている。
少しは筆者の声も回復してきているのかもしれない。

ボクは3年のブランクがある。その3年の間に皆さんが大きく進歩された。
昨年の9月プロの前座に4名の方が出演されたそうである。
昨年は「土神ときつね」という宮沢賢治の作品をやったという。
それで4名の方が大きく変わりその刺激で全般がレベルアップしたらしい。

3年前のレベルとは全く違うのである。数段上がったような感じだ。
皆さんに追いつくのには時間が掛かることだろう。

教室の稽古は、前座としても公演となると厳しくなっている。
ところが先生の劇団の稽古を見に行った方の話だと教室の稽古など比較にならない厳しさだという。
先生は劇団を率いて世界各国で公演されている。
演出家は厳しい稽古するという話は聞いている。

数人一緒に声を出す場面がある。
ちょっとでも気を抜くと出遅れる。
のどへ来たと思った途端出遅れる。
お隣さんの声に意識がいくと出遅れる。
こんな稽古は前はなかった。


眉間のシワが取れるかもしれません

2008年04月06日 21:50
Q『 こんにちは。はじめてコメントします。
実は眉間のシワが消えずに困っています。

歌を歌う時(声楽家です)眉間に力を入れて歌う癖があり、何年間もやってしまったのでその「しわ寄せ」です。

毎日親指と人差し指で引っ張ったりしていますがあまりよくなりません。
何だか薄幸そうで嫌です。(涙)

消える方法はご存知ないでしょうか?
年齢的には43歳なのでシワは仕方ない所なのですが。。。』

2008年04月07日 00:41
A『眉間は縦のシワですよね。

まず立位体前屈で何処まで曲がるか見ておきます。
シワの左右に人差し指と中指を軽く当てます。

息をゆっくり吸いながら拡げて、息をゆっくり吐きながら戻します。
30回くらいやって前屈します。

前より深く曲がるようならば利いていると思われます。
シワが消えないまでもこれ以上深くなることは防げるでしょう。』

2008年04月07日 09:46
Q『お返事ありがとうございます。
立体位前屈って身体を前に曲げるのですよね。

身体の堅さ柔らかさも関係あるのですね。
でも今日からさっそくやってみますね。
私の顔からあの「薄幸そうな」シワが消えてくれたら 』




思考が技の邪魔をする

以下はミクシイの日記である。

『礼に始まり、礼の終わるの意味? 2008年04月07日07:37
ぶつからない力の稽古 4/5

この日は全然、締まっていなかった。
先生との合気上げで全くいいところなし。
すぐ、肩が疲れてきた。

Tさんからヒントをいただいた。
「両肘を張ったらいいのでは?」
そこで合気上げが利き始めた。
それにしても先生とTさんの慧眼には恐れ入る。
前回、先生に「腕と腰を繋げて身体をつくっている」と同じようなことをいわれている。

帰りの電車で思ったのだが中国拳法に起式というのがある。
昔のことで忘れている。
忘れているがその起式は身体のバランスを整える意味があるのではないかということである。

日本の武道は「礼に始まり、礼に終わる」といわれている。
その礼が身体のバランスを整え武術的な身体に整えるという意味を持っているらしい。
単なる儀礼的なものではないと見ている。
勿論、意味がわかってそういう身体をつくらねば単なる儀礼でしかない。 』

先週はTさんの影響で筆者の腰が入ったというか股関節が抜けなくなった。
確かにお互いが技が利く身体になっていた。
今週は逆に筆者の抜けがTさんに伝染している。そうとしかみえない」先生はいわれた。
「抜けも技の一つとしてあるかもしれない」という。
お互いの身体の状態ががシーソーのように行き来するということを書いたことがある。

確かにそうなのだが、なんとも悩ましい。
掴みかけていて掴めていない、このもどかしさ。

それにしても今日の抜けはどうしたことか?
武術的身体へー2を書いて、少しはマシになるかと思ったのだが逆に利いた。
「鳩尾を引っ込める」を意識していた。
「Oさん、考えすぎですよ」といわれてしまった。

思考が邪魔をする。人にもいったしそれは間違いない。
考えながら動くと間違いなく抜ける。

それと鳩尾を意識あるいは物理的に引っ込めようとすると抜けるらしい。
引っ込めるにしても身体の外側を締めて結果として鳩尾も引っ込むでないとダメらしい。

原因不明の腰痛は?

2008年04月06日 08:32

Q「はじめまして。
私は十代の時から、たまに原因不明の左の腰痛がありました。
病院に行っても内蔵も悪くなくそのまま放置でした。
それから十数年しても、たまに痛むので、整形外科のレントゲンも異常なしでした。
そして、二年前に、左膝の痛みが出たので整形外科に行くと腰の辺りの背骨と背骨の間隔の骨が、年齢の割に少ないから 反ると痛みがあるのはそのせいだと診断を受けましたが、治療法は特になしでした。

なので、知人が紹介して頂いた接骨院(スポーツ選手にも治療されてて評判の先生)行くと、どうやら挫骨神経痛らしく、それに加えて腰が悪いから膝にきてるとの事で治療をして、大分楽になりました。
しかし、最近、又左の腰、新たに左足首が痛くなってきました。

家でも自分で出来る事はしたいので、先生の教えてくれたストレッチをしてかなり楽になってます。
最近は、柔軟体操、話題の骨盤矯正も始めてみましたが、腰痛持ちでもこれは問題はないでしょうか?

私は普段踊りを習っていて、その動きは誰でも関節を痛めるらしいのですが
私は元々腰痛なので、かなり不安で一杯です。
接骨院では、成果があったし、とても信頼できる先生なので暫く通うつもりですが、もし他に何かやった方が良い事などがあれば、教えて頂けますでしょうか?

何かアドバイス等ありましたら、是非よろしくおねがいします。」

2008年04月06日 08:52
A「 ボクも腰痛・膝痛を何回もやっております。
膝痛のとき、治療を受けたら痛みは消えました。
ところ10分歩いて駅に向かったらまた痛くなりました。
そのときは下手くそと思ったのですが、原因は自分の歩き方だったと今では考えております。

歩くときは体重の3倍の負荷が脚に掛かるのだそうです。
そうすると足の向き・角度・傾斜等が左右同じでないと身体のゆがみを作ることになります。
ゆがみが大きくなりますと、痛みやコリがひどくなると考えています。

『歪みの出にくい歩き方、足を前方に向けて足の内側のラインを平行にして歩く』を自分でも実行し人様にも勧めております。

これを実行するだけで背骨も真っ直ぐになるんですよ。
10メートルも歩いて背骨も見れば変化がわかります。
歩き方を前のやり方に戻せばまたゆがみは復活します。」



武術的身体へー2

ミクシイの日記「骨盤を立てる」 2008年04月03日09:38 ぶつからない力の稽古 4/3

「骨盤を真っ直ぐに立てるがテーマ。
骨盤を立てて丹田を相手に近づけていけばいいといわれた。
先生の動きを見ていると、動き出すのにあわせて骨盤は後に倒れていくように見える。

今日はwさん・ヅカさんと、武術系。
今日のテーマはよく入った感じがある。
武術系は身体から入った方が理解されるのかもしれない。

昨年の9月に書いたブログ「柱を梁として使う」を読み返す。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-1057.html

いいこと書いていると思うのだが、まだ身に付いていない。
正座の姿勢で両肩を押さえられると立てなくなる。
何回かやって、2度ほど少しマシなのがあったレベル。
それもやっと。

外のお二人は軽々やれる。
鳩尾あたりをかなり強く抑えられてそもも太股の筋肉を使えといわれたが、太股に力が全く入らない。
腰の反りについてブログにいっぱい書いてきた。
普段は反らせないような姿勢でいることは出来るようになってはいる。

ここまで来るのに時間が掛かった。
ほとんど筋肉構成を入れ変えるようなもんだと今更ながら思う。
ところがイザというときほど反りが出る。
技にならなくなる。
これは根深いものがある。 」


鳩尾あたりをかなり強く抑えられてそもも太股の筋肉を使えといわれたが、太股に力が全く入らない。
先生はそこのところを押さえれば技が利くようになると、考えられたようだが逆だった。
大腿部に全く力が入らなかった。

1年くらい前、Dさんが上胸部を締めるサポーター?みたいなもの持ってきて実験したことがあった。その時はうまくいった。
背中にオンブされて技を掛けたこともあった。そのときもうまくいった。

今回は逆に働いた。なぜだろうと考えた。
筆者の鳩尾を押さえられたということはそこが出っ張りすぎだったからだ。
そこを押し込まれて力が抜けた。それはこっちの身体が拒否したからだろう。
鳩尾はやわらかくなければならないといわれている。
やわらかければやわらかいほどいいといっていいのか?ある程度の固さも必要ではないのか?
出っ張っているということその時の身体の状態が出っ張りたいからだ。
それを押し込めば拒絶現象が起きるだろう。
このときは呼吸を止めて堪えればよかったのだ。さすれば太股にも力が入ったに違いない。

自分でその状態を作ればいいのだ。
鳩尾を引っ込めて固めて動くことになる。
以前「武術的身体へ」という文を書いている。
その時は腰の反りだけを見ていた。
同時に鳩尾も作らねばならない。
それで始めて動かす前の身体になれる。


首コリで精神安定剤を飲んでいます

2008年04月03日 00:21
Q「私は首こりが全く治らず不快感を感じ、MRIやレントゲンを撮りましたが何も異常なく。不安感、恐怖感が過剰に襲われてます。
首のこりは、整体や針や灸でよくなりましたが、今では精神安定剤を服用しています。。。

ちくちょー。私の体。。。
同じ様な人はいますでしょうか?

因みに、首は自律神経の中枢になっているようで医者いわくよくある事みたいなんです。

Q「今全く同じような感じです!!

首こり肩こりがひどく今は腕まできていて、
漢方で治療していますがあと一ヶ月治らなかったらMRI撮ってもらおうと思っています…

精神安定剤はのんでいませんが、
おとつい彼氏にそんなに治らないなら脳神経外科に行きなさいと怒られて、
精神科にまわされるかもしれないと言われ
そんなに私は精神不安定だったのかと愕然としています。

身体が痛いというのはホントにホントに怖くてつらいです。」

2008年04月03日 10:04
A「首コリは季節変化に身体が追いつかない時に出やすいです。

それとイヤなことを我慢し続けると首が固くなってきます。
『歯を食いしばる』という日本語はそういう意味があります。
従って精神安定剤を飲むのはお門違いと思ってしまいます。

首を固定して、耳を上下左右前後に強めに引っ張るると少しはマシになるかもしれません。各方向10~30回くらい。
利きをよくするには呼吸を付けくわえます。
引っ張るときは息をゆっくり吸いながら、戻すときは息をゆっくり吐きながらになります。」

2008年04月03日 10:38
A「嫌な事ばかりあると『首がこる』ストレスもそうですよね。
早速、言われる方法を試してみます」


顔の筋肉のトレーニング

2008年04月01日 10:51
Q「表情筋豊かな人って物凄く惹かれるし、
とても魅力的だなって思っています

自分の中で表情がいつも同じぢゃないかって思って悩んでるんですが、
どーやったら表情筋って鍛えられるものなんですか

もし知ってる方がいましたら教えてくださるととても嬉しいです
よろしくお願いします」

2008年04月01日 11:42
A「表情筋は鍛えるものではなく、ゆるめるものとボクは考えております。
ボクの場合、会社に勤めていたときは顔面が大変固かったですね。

表情筋は内臓の筋肉と一緒とか。
ストレスで固くなるようです。

ゆるめ方ですが出ぱっている部分をつまんでゆっくり呼吸をしているといいようです。
そういう意味では鼻先・顎を引っ張ってもいいということになります。
まぶたが下がるという方に眉毛を上下に挟むことを伝えたことがあります。
それだけで前屈が深く曲がるようになってビックリしていらっしゃいました。

後、上下にゆらすというのがあります。
両手の平を頬に当てて、持ち上げてゆるめるを繰り返します。
これは側頭部・顔の前面等にも使えます。」

2008年04月01日 13:04
Q「たくさん詳しく教えてくださってありがとうございます
すぐにやってみたんですが、なかなか上手くいかないものですね
毎日コツコツ続けてみよーと思います
ありがとうございます」

2008年04月03日 08:23
A「 >色々と悩む事が多々あって・・・
そーゆう事が顔に出ちゃってるんですかね

その通りです。
顔面ほぐしも時間が掛かるようです。
ご自分で気持ちのいいやり方を見つけて続けられた方がいいですよ。」



爪を切ると体がだるくなる

2008年03月29日 10:57
Q「爪に関して疑問に思っていることがあります。
爪切りをすると、必ず体がだるくなるのです。
この現象に関して、何か思い当たる方はいらっしゃいますか?
同じような感覚をもたれる方がいらっしゃるのか、
また、何か生理学的な理由があるのなら知りたいと思っております。」

2008年03月29日 11:11
A「違ったらゴメンナサイですが、
極端な前重心でせっかちな性格ということはありませんか?
こういう方の場合は爪先に気というか圧が溜まってしまうようです。

足の親指の先端を爪で押すと痛みはありませんか?
爪を切るということでそういう気が抜けていくのかも知れません。

2008年03月31日 08:11
「コメントありがとうございます。

確かに微妙に猫背気味です。
性格的には人からは落ち着いて見えるといわれますが、個人的にはせっかち?あわてんぼう?という気はします。

足の親指の先端を爪で押すとほっぺたや手のひらを爪で押したときと同じくらいの痛さがあります。
気が抜ける、というのは感覚的に分かるような気がします。
爪先に圧?が溜まるというのはよくないことなのでしょうか・・・?

日常的に出来る改善法(マッサージ・ストレッチなど)をもしご存知でしたら教えていただけると幸いです。」

2008年03月31日 08:53
A「>気が抜ける、というのは感覚的に分かるような気がします。
爪先に圧?が溜まるというのはよくないことなのでしょうか・・・?

『気の滞り』という観点からはよくないといえますが、だれでえもそういう傾向があるということでしょう。
OOさんが爪を切るとだるくなるというのは、それだけ感覚がシャープということでしょう。」

日常的に出来る改善法としては爪押しをやられたらいかがですか?
こんど爪を切る前にやられて、それから爪を切ってみて下さい。
利くかもしれません。

このやり方の提唱者は当初、薬指はやるなといっていたのですが、最近やってもいいといっているようです。
ボクは薬指の場合は指紋部を挟むのがいいと考えております。

あとは大分前に流行った指廻し、それから手首足首をやわらかくする運動がいいでしょう。」

2008年03月31日 13:06
Q「早速のコメントありがとうございます!
爪が伸びたら爪押しをしてから切ってみるようにします。」
主催されているコミュニテイ「身体の歪みは自分で直そう!!」 興味深く読ませていただきました。

そして僕は立位体前屈30センチ位までしか出来なくなっていることに気づきました。
ストレッチするなどしてほぐすよう勤めますね!」


手の形でバランスを整える

ぶつからない力の稽古 3/29

Tさんとの合気上げ
Tさんの強い握りに対してあまり反応しなくなってきた。
これまでは握られると固くなり力みが発生していた。

それが逆に向かい合うと股関節の抜けがなくなって身体が纏まってくると先生にいわれた。
良くも悪くもボクは腕と腰を連結させて使うという。腕・肘が少し意識できるようになっている。
この時点で技が利いたときの記憶では手首も固定されていた。

腕と腰の連結にいての自覚はない。Tさんとの合気上げで少し利きがよくなっているのはわかる。
Oさんから上と下が別々ですよというヒントをもらっている。これは無論悪い意味でである。それがTさんと向かい合ってつながったというのはどうしてなのか?

Tさんの身体が写った・写したあるいはコピーしたということになるのか?
Tさんは長年の柔道で鍛えてきて腰はしっかり出来ている。
Tさんはやりにくい人だった。だが今日はむしろやりやすい方に変わっている。
ガッチリ握られてはいるがそれ以外はなにもしない。いまは、その方がやりやすい。

残った方はみな持っているというか出来ていると先生はいう。
それが抜けたり入ったりするのは?合気上げが利いたり利かなかったりするのは?
確かに出来て技が利いているときはつながりがある・余計な力みはない・

腰・腹というも、それは腰や腹を、なにかすることではなくなにもしない。
動かさない・操作しないことらしい。
織田信長の舞う「敦盛」の姿が頭に浮かぶ。

ここまで書いてきてTさんの握りが原因かもしれないと考えた。
腕の橈骨・尺骨を閉めるとバランスが整うということがある。
橈骨を軽く叩いて実験したことがある。

Tさんの握りは一時、橈骨を攻めるようなときがあった。
今日は丸くしっかり握っている。いうなれば腕をテーピングされた感じである。
だがこれを手の形で表現出来ないかと閃いた。
出来るにしても筋肉が力みが入らない形でキープできるか?