セルフチエックのお勧めー2

「セルフチエックのお勧め」を書きました。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4699.html

バンザイ・前ならえで左右差が大きくなり、身体が硬くなったら要注意です。
人との比較ではなく自分自身の身体の変化を見てください。

身体のゆがみを調整するエクササイズはいくつもあります。
「死ぬまで歩くにはスクワットだけすればいい・・・・・・・たったの1日10回でいい」もその一つで大変優れたエクササイズです。
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4701.html

10日も続けると身体が違ってきたことが体感でわかるでしょう。
筋肉を鍛えること同時にバランスを整えることになります。
捻りを加えたスクワットも新鮮でした。

バランスがくずれるほどに自律神経に影響していくと考えています。
バランスを整えることは自律神経の調整になるでしょう。




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

セルフチエックのお勧め

筆者が身体のゆがみをみるときのセルフチエックの一つに前ならえがあります。
単純に前ならえをして左右の指のいちを較べて見るやりかたがあります。

そして通常3センチくらい右が長く、なんてゆがみのでやすいからだと思ってきました。
ところが最近になって新しい発見がありました。

それは身体が常時ゆがんでいるのではなく、jなにか行動を起こそうとするとき
右手首をわずかに反らせるクセががあるということです。

このクセがでないよう注意して前ならえをすると左右差は1センチ以内と人並みにになります、
手を反らせる行為は身体にとってあまり嬉しい動作ではないようです。

何十年もやってきて今頃になってやっとわかりました。
右利きですから手が長くはなるのですが3センチも長くなるのは可笑しいと考えるべきでした。

椅子に腰掛けたとき、右膝が若干前にでることがあります。
これも右足が利き足ということで、調整しておいた方がいいでしょう。
やり方はお尻ゆらし・踵落としなどがあります。

身体は日々変化しますから、セルフチエックでゆがみの程度を把握しておくことをお勧めします。
セルフチエックのやり方

1 股間節の左右差
 ① 仰向けで左右の足の倒れを見ます。内向きか、外向きか?
 ② 左右どちらの倒れが大きいですか?
 ③ あぐらの姿勢で足裏を合わせ引き寄せ、左右両膝の高さを較べます。
  どちらが高いでしょうか?
  
  左右差がわかりにくいときは、両膝を持ち上げて、
  ゆっくり下ろすと下りにくいのはどちらかを見てください。

2 肩関節の左右差
 ① 両手をゆっくり頭上に揚げて身体の正中線上で手の平を合わせます。
   どちらが何センチ長いでしょうか?
 ② 立って前ならえをして身体の中央で両手を合わせます。
   左右どちらが何センチ長いでしょうか?

3 立位体前屈は床上もしくは床下、何センチでしょうか?
  ストレッチではありませんので、ゆっくり曲げてみます。

4 頭を左右にゆっくり曲げると曲げやすいのはどちらでしょうか?




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時

ストレスに強くなる

「名人伝を読む」市民講座10回コースが3月で終了しました。
四名の方が継続して稽古したい由です。

それで水曜コースを作りました。
会場が変わって110も入る大きな部屋になります。

一回目、皆さん市民講座で出ていた声が出ませんでした。
いや、お一人だけ、お腹をいつも凹ませていますと仰った方はチャンとでていました。

大きな部屋になると力が入ってしまうのでしょう。
筆者も体験があります。
さて、三名の方はどのくらいで前のレベルに戻れるだろうか?

声が出ていた方はこれまでのお仕事で大きな声を毎日出していたようです。
いつハラのことを認識されたのだろうか?

ハラが出来た状態が維持できたら股関節は痛めにくいはずだ。
股関節を手術されたと聞いたが事故だったのだろうか?

まず大きな声が出せるようになることが第一目標である。
ついでその声を絞ってつかえるようになることだ。

ハラが出来てくれば、病気になりにくくなるだろうし、度胸もついてくるし、ストレスに強くなるはずである。
これまでも随分の回数書いてきた。

だが筆者自身ヌケがでやすい人間である。
どうして抜けない身体になったのだろうか?
今度会ったらその辺のことを聞いてみた。

また臍下の一点
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4656.html





いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の評価と採点の基礎知識https://rehaplan.jp/articles/335 (25分前)削除

なんで腸活いわないのだろう

やはり腸活だな。 --- 「脳は何歳になっても若返る」医師が教える「認知症」予防&治療 (AERA dot. - 04月16日 11:31)

http://mixi.at/a6I2cOY



改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の評価と採点の基礎知識
https://rehaplan.jp/articles/335






いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)の評価と採点の基礎知識https://rehaplan.jp/articles/335 (25分前)削除

絶対安静ー痛みのでない範囲で動かすべし

「運動は今の時期はどうですかね。
気圧やら落ち着かないなか危険かしら」

「どんな時期でも運動は必要と思います。
体調に合わせて、量を減らして軽くやればいいでしょう。」

「 ありがとうございます。
ぎっくりやらやだから無理しないでとかいわれても、なんかそういわれると運勢不足でよけい変です?
てきどにします。」

「運動ともいえない軽い動作は沢山あります。
例えばスワイショウ・両耳引っ張り・茶筒・指まわし・足首まわし等々。

身体のゆがみが取れるように動かしてください。
ゆがみが取れてもすぐまたゆがんできます。
だからこそ毎日やる必要があるともいえます。
それから身体のゆがみを見るチエックを是非みにつけてください。」

身体を動かすことは全身の血流に影響します。
医師は絶対安静にとかいいますが、そういうときでも軽く動かすことをお勧めします。

ちなみに絶対安静というのは
絶対安静
・デジタル大辞泉ー病気やけがの重い人を、外部からの刺激を避けて、寝たまま動かさず平静な状態を保たせること。
・大辞林ー重病のため歩行・会話を必要最小限に保ち、療養に専念する状態。

寝たきり状態であっても動かせる部分はあるし、痛くない範囲でやる分には回復は早くなるでしょう。

ご参考
朝起きあがれないほどのギックリ腰
http://nmk.blog4.fc2.com/blog-entry-4182.html




いろんな治療法やら運動法があります。         
 それらがあなたのお身体に合っているでしょうか? 

 合っていれば少し宛日々改善されていきます。
 合っていなければ日々身体は固くなりゆがんできます。         
 
 その効果を確認する方法をお持ちでしょうか?           
 症状に合ったエクササイズとそのチエック方法を呼吸塾ではお伝えしております。
  


語りと朗読の会  「宮沢賢治を語らう」  

宮沢賢治の作品を台本として発声・表現・語り・朗読について勉強しています。
月二回木曜日10時~12時